アセンション(次元上昇)

真実のアセンション・次元上昇とは? 意識進化で神性を生きる方法とは?

いのちのメッセージ109 ~ 勝つとは?

calendar

勝つとは

◎勝つとは、過去の想念習慣に打ち勝つこと。

それ以外の何ものでもない。

◎自分に勝つとは、大宇宙・大自然の霊化に合わせて、意識のアップデート更新を滞りなく行い、霊肉ともなるアセンションを果たすこと。

◎アセンションした世界には、切磋琢磨すべきライバルもいなければ、意識進化を妨げる敵もいない。

そこにあるのは、おのが意識の深浅のみ。

◎「今自分にはライバルがいる、敵がいる」というのは、その人の想いがまだ幽界の意識レベルにとどまっていることの証左である。

281030

競争原理の終焉

◎地球全体のアセンションの完成は、世界を牽引してきた競争原理が終焉したとき、おのずと人類全体の共通認識となるが、個人レベルで観ればもうすでに、意識のなかから闘いや葛藤のなくなった人から順に、アセンションを果たしつつある人のいることも紛れもない事実である。

◎敵を見出し、ライバルを認める想いを放置したままでは、絶対に意識進化できない。

ゆえに、五感に感知するすべての存在を、おのが内なる宇宙にある映像フィルム(自分自身の過去の想念行為)の投影と観て、すべては自分自身を知らしめてくれるために、意識に映じていると観ることがよい。

◎今現在、すでに他との競争や自己葛藤に意味を見出さなくなり、自分自身のレベルアップのみをただただ図り、想い観て、日々の精進をなしつづけている人は、その生き方の延長に、永遠の生命につらなる神性領域が待っている。

己に打ち勝つ道のり

◎すべてをおのが想いの創造物と観る最初の一歩では、想いの痛みを感じて、歩を前へ進めることが躊躇されるかも知れない。

しかし、勇気を出して足を進めてゆけば、おのがカルマに打ち勝ち、完全なる自己責任の人生を創造する意識領域へ入ってゆくことができる。

「すべての原因は自分にある、自分を変えることでしか世界を変えることができない」と知ることは、究極の自己責任、宇宙創造意識へ回帰するプロセスにおいて、誰もが通る道である。

◎完全なる自己責任の人生創造ができる意識領域は、自己の不都合の責を他に押し付ける想いがぬぐい去られた世界にあるため、《いのちの源》から無限なる智慧が無尽蔵に湧きあがり、昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分と、みずからの創造活動をバージョンアップさせることが当たり前にできるようになる。

◎自他をついつい比較してしまう想いの癖を卒業すれば、自分自身を磨き高めあげることのみが、唯一の成すべきことと想いが決定されるため、みずからを深めつづけることで全体に解放されて、すべての存在の根源とつながった人生が当たり前になる。