2015-12

神性復興

現文明の最終局面での地球救援活動

地球温暖化が地球人類の引き起こした人災であることは論を待ちませんが、地震や津波、大雨や大雪、台風の類といった天変地異や様々な異常気象も人災であることは、現在の地球科学では、未だ解明されていません。 宇宙の兄姉や祖先のうちで悟った地球界...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ10

​ ほとんどの場合に、人間がこの世に生まれてきて生活してゆくなかで、霊界での記憶や前世の記憶を忘れてしまうのは、今生を生きるうえで、それらの記憶が何の役にも立たないからである。 ​ その人にとって過去世の記憶が真実に必要な場合には、ハ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ9

​ いのちの流れは、一瞬たりとて、とどまることがない。 ​ 「無理」「もう駄目」「これ以上できない」という《諦め》に類する想いは、自己のいのちの本体を忘れ果てた時代に積み重ねてきた想い方の癖であり、思考のパターンである。それは、肉体と...
スポンサーリンク
ショートメッセージ

いのちのメッセージ8

​ 芸術のある社会は、それらがない社会よりも豊かである。それは、真の芸術がいのちの光の真善美を、そこに顕現しているからである。 ​ 忙しい日常のさなかにあっても、否、忙しいときほど短時間でもよいから、芸術に触れる時間をつくるようになさ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ7

​ 祈りは、いのちそのものの意思の宣言、生命光の発動である。弱々しい“お願い”などでは決してない。 ​ 真実の祈りの状態にあっては、みずからとおのずからが巧まずして一体化している。 ​ 祈りの響きが、いつもつかず離れず、自分のな...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ6

​ 日本語は正しく使いさえすれば、神界の響きをダイレクトに地上に成り響かせることができる稀有な言語である。 ​ 日本語は、日本人の無自覚的宗教である。 ​ 日本語において主語が曖昧なのは、主語と述語、表現しようと思う対象のすべて...
神性復興

自戒オサオサ怠らず

アセンションのプロセスにあっては、特に発生した段階で速やかに掃除をしなければいけない想念の動きがあります。それは、自分と他人を引き比べて、自己を優位な立場に置こうとしたり、霊的に見えたり聞こえたりしたことを、審神もせず(できず)に妄信妄言し...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!