2017-10

常不軽菩薩

互いの神性を認め合える世界にするために 常不軽菩薩(じょうふきょうぼさつ) この世に在りし頃 世の人々に増上慢心あふれ 人心はすさみ荒廃し切っていた そんな時代のなかにあって常不軽菩薩は 出会う人すべ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ138 真実の自分と出逢う時旬

時が来た ​ 燦然と輝く宇宙を創造せし大生命エネルギーは、太古の昔から地球を包みいると同時に人類の内奥に輝いていた。 ​ 燦然と輝く宇宙を創造せし大生命エネルギーは、一部の人が発見し一体化を果たし得たが、多くの人はそれと一体化するこ...
Voice of brothers

Voice of brothers 137 本当の現実を観る眼を養うために

★知ってほしいことは ぼくたちがきみたちに知ってほしいことは、みずからが住む星の地表に張り付きながら、肉眼に映る世界がすべてだと思っている地球人間たちの考える現実と、それぞれの星に霊的次元の各種天地があって、その末端(= 宇宙根源のエネル...
スポンサーリンク
エッセー

主権在命(後編)

(前回の続き) 主権在命 また、そのような自立した精神性を養うためには、自己の心内に、宇宙の真理に則した生命観を確立していなければならない。なぜなら正しい生命観のない人には、国家を善導する叡智が生命の深奥から湧出して来ないからである。 ...
エッセー

主権在命(前編)

主権在民 主権在民という言葉がある。この言葉の意味は、国家の主権は日本国民にあるということで、言い換えれば、国民ひとりひとりは国家の主権者、運営者だということである。なので本来は、私たち国民個人個人が国家を運営する側の意識を持ち、国家のよ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ137 神聖を顕し生きている人とは

神聖を顕し生きている人の種々相 ​ 誰も彼もの生命の本性が神性であることを認めている人。 ​ 人間想念に端を発する不調和な想念言行や、それらを元に現出している運命環境のすべてが、現れれば消え去る性質のものであることを知っている人。 ...
エッセー

現在と未来 ~ 衆議院議員選挙によせて(後編)

(前回の続き) 在るがままの未来へ向かって もっと霊的に深い面から観れば、日本国が滅びるようなことがあっては、地球全体の滅亡が確定してしまうので、そうなっては多くの星々に迷惑を掛けることをとくとご存じの先に悟った神霊界の人々や、宇宙の兄...
スポンサーリンク