アセンションと祈り

スポンサーリンク

意宣りは祈り

祈りはいのち

いのちは神性の顕れ

想いの真相が真実に

生命本源波動と直通していれば

その人は人生に宇宙創造の響きを顕し

生きているといえる

祈る人は

神性顕現の姿を啓示している

祈る人の姿には

いのちの華が咲き開いている

祈る人の心には宇宙創造叡智が

インスピレーションとして湧き顕れ

意識に映ずる世界を善導している

そのようにして祈る人は

地球の未来を輝かす一助を果たしている

祈りは宗教の専売特許ではない

そのような時代遅れの認識を

いつまでも引きずってはならない

祈り心はすべての人にとっての呼吸

呼吸無きところ生命いのちの光無きように

祈り無き人の心には

生命いのちの光自在に発揮されぬは自明の理

281014

いのちを輝かせて生きよう

改めて心の襟を正し

想いの手綱を引き直し

いのち輝かに今を生きよう

そのためには

祈り心で日々の一瞬一瞬を生き切ること

祈りが本物になってくると

人は改めて祈らずとも

常に祈りが鳴り響く心になってくる

思わずとも常に祈っている

自動的に止むこと無く響きつづける祈りは

己が神性やハイアーセルフの心

常時その心でいられるようになるときまでは

ひたすら意識を鼓舞して祈りつづけよう

意宣りは祈り

祈りはいのち

いのちは神性の顕れ

それがそのまま

アセンションした姿なのだから