Sponsored link

霊風

新しい時代の霊風を あなたは観じているだろうか 物質中に 肉体内に 空気中に 次元を交叉して満つる霊気 新たなる時代の息吹を その霊風は わたしたちの呼吸をとおして 地球全体に広...

いのちの花

時旬(とき)来れば咲く花のように いのちの花咲き開くとき そは必ず来るなれば あせることなく あわてることなく あがくことなく 背伸びすることなく 真心込め 粛々(しゅくしゅく)淡々と 生くるべし 植物と人に...

霊なる世界の夜明け

人間は不思議だ その本来性は 宇宙そのものであり すべてのすべてを内包しながら それに気づかず 世界や宇宙を外に見て 自分と五感に感じるものを切り離し 分離したものとして認識している ...

神秘なるもの

自立への道のり 誰かに支えられ 歩いていながら 自分の足で立ち歩けていると 勘違いをしている人は 本当に自立歩行が できるようになるまでは 足がもつれ道につまづき 幾度となく挫折を体験するもの ...

こころは宇宙 からだは星々

わがいのり 天地をつなぎ 直通す いのちかがやき この身をてらす ことわりを 知りて この身をかがやかす こころは宇宙 からだは星と ひとがもつ いのちは宇宙...

すべては波動

すべての次元空間の始まりのとき 即ち 宇宙が初めて創られたとき 大宇宙生命は御自らの波動を 物質性と精神性の光に分けて放射された この二つの波動はそれぞれに陰陽をもち 互いに交差し入り混ざり ...

いのちの光への回帰

人間は元来 《いのちの光》そのものの存在だった 一切の不信や苦悩とは 無縁の生命体だった それが不信と苦悩の繭(まゆ)を吐糸(とし)して 本質たるワンネス意識を忘れ果てたのは 心眼を乱視化...

赤ちゃんたち

生まれ来る赤子たちの 何という霊性の高さよ ふつうに言葉もしゃべれず 歩くことさえできず 首も座らぬ状態で誕生しながら 親の愛を一身に受け みるみる間に成長して 個性を伸ばしてゆく赤子たち ...

ワンダラー

地球人類が魂の自立を果たし この星が宇宙社会への仲間入りを 無事果たし終えたなら さあ 次はどこの星へ行こうか 男に生まれ 女に生まれ 王侯貴族に生まれ 奴隷に生まれ 五色の民それぞれに生まれ ...

新年の祈り

学校で 勤め先で ご近所づきあいで 親戚間の関係で 家族の間柄で 恋人や夫婦の仲で 誰が気に入った気に入らない 誰が上で誰が下だ 誰が正しい誰が正しくない そうした感情想念に振り回され ...
Sponsored link