ショートメッセージ

ショートメッセージ

いのちのメッセージ93 ~ 新しい時代の生き方へ移行するために

新しい時代の生き方へ移行するために  人の人たる真の所以(ゆえん)は、もてる神性を認め、顕そうとしている、もしくは顕している場合にのみ発揮される。「人間の本質は不完全なり」とする性悪説に拠って立つ場合は、そのかぎりではない。  想念がカルマとして、潜在意識に蓄積される意識レベルにある場合、人間はことごとくが因果律に支配されている。それ即ち、原因結果の...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ92 ~ 開かれた神霊界へのゲート 他

開かれた神霊界へのゲート  神域の次元波動を肉体界に定着すべく、日々を真の光明思想に生きる人たちによって、神霊界へのゲートはついに開かれた。ただし、このゲートを通過出来るのは現在のところ、意識レベルが神域に達した人のみ。  やがて多くの人類が自らの神性に目覚める時旬が訪れ来る。そのとき、先達によってすでに開かれたる神霊界へのゲートをとおり、生命光領域...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ91 ~ 時の真実

同じ時を生きている人はいない  人生を楽しい・面白いと感じ、喜びと好奇心をもって取り組むも、つまらない・退屈・窮屈・苦痛と感じ、うんざりしながら取り組むも、すべては個々人の選択次第。両者は同じ天地に生きながら、違う速度の時を生きている。  心身の外の空間軸に拠って立つ生き方をした場合、人は種々な判断を根本的にはき違え、人生の迷路へ迷い込む。内なる心の...
Sponsored link
ショートメッセージ

いのちのメッセージ90 ~ 認識が世界を創造している 他

認識が世界を創造している  想いがすべてを創造していると本当にわかれば、自分以外の誰かや何かに責任転嫁しなくなる。実際にそのように生きている人は、自らの認識を変えたことで、世界を自在に創り変えることが出来るため、それ以降の人生では、常に建設的思考をもって、より明るい未来の創造活動に従事している。  想念をこねくり回してあがくことなく、すべてをいのち(...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ89 ~ こわばりの解消・深呼吸・印について

こわばりをほどく  人間生命の本質からかけ離れたカルマ的想いのあることは、肉体のこわばりと密接不可分の関係性にあるため、こわばりをなくすように努めて生きるとよい。そうすることで、交感神経よりも副交感神経が優位に作用し、安寧の心身が持続するものである。  こわばる力ととらわれの想いを心身から抜けば、大方の病気や怪我は思ったよりも早く回復するに至り、カル...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ88 ~ 日本人が立ち上がる時旬に

意識進化の大道は日本より広がる  世界に明るい未来をもたらすのは、政治でも宗教でもなく、また反対を伴う平和運動でもない。すべてが調和した世界、真に平和な天地は、一般大衆一人一人の心が目覚めることによってのみ成り立ち、実現するのである。みんなが命を繋ぐことで、永く受け継がれてきた日本の心の深遠さに、日本人自身が気づくことが出来たなら、元来の靈(れい)性の高さ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ87 ~ 究極の自分、然るべき自他認定、言・言霊・言葉

究極の自分探し  “自分探し”の究極的なゴールは、《いのち》そのものとしての己を思い出し、帰り着くに尽きる。  自らの神性を認められる人は、他人のなかにも神性を見出すことが出来る。  「自分のなかから《いのちの光》が出ている」と自分自身が自らに対して思わなければ、生命光は100%その大光明を発し得ない。  「私の本質は《いのちの光》である...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ86 ~ 科学的断念と心新たなる精進

思い込みからの抜け出し方  思い込みの根が深く、底知れないように思えたとしても、「これは思い込みだ」と気が付き、ジャッジせず(裁きの想いを起こさず)に、ただ認定してあげるだけで、潜在する思い込みの根が掘り起こされ、そのたびごとに取り除かれているのである。これは信じようと信じまいと、厳然たる事実である。この話を、「本当だ」と信じ、実行に移すことが出来る人は、...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ85 ~ 自らを知る旅路 他

自(みずか)らを知る旅路  人生は自らを知る旅路。  自分という意識が、自ら分かれた大生命の大元へと還元されると、それまでの分離した個我観念が宇宙大に拡がり、誰もが自(おの)ずから在る大我を自覚するに到る。  アセンションの真髄は、小我が大我にメタモルフォーゼ(変態(脱皮))するところにある。大我に脱皮することが出来さえすれば、人は誰でも、生命...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ84 ~ 酸化・還元・新陳代謝

新陳代謝と新生の真相  すべての物質と精神における“現世での新陳代謝”とは、霊的な世界からの新生を経たのちに、酸化して分解をし、最小単位の素粒子に還り、霊的な世界から組成を変えて、また新たな物質波動や精神波動となり、新生してくるサイクルを言う。  すべての物質波動と精神波動が生まれいずる元となる各種波動圏がある。この世はそうした世界に存在する波動が映...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ83 ~ 器、真愛、男性性・女性性

器について  人における人間の器は、生命光が真っすぐに顕れているか否かによって、その大小が明確に分かれる。その違いは、カルマの塊のような人間、眠りながら(心の眼を閉じて)生きている人間にも簡単にわかるほど、わかりやすい違いである。  どちらかと言えば、器の小さい人ほど攻撃的で、器の大きい人ほど違いを受け入れる度量がある。器の大小は、男女ともに見られる...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ82 ~ 想念習慣を超えるために知っているとよいこと

想念習慣や思い込みを超えよう  脳裏にこびりついた思い込みほど手の焼けるものはない。しかし、それを乗り越え、その内奥にある生命意識を思い出し、還流してゆくところに、意識進化の妙味がある。  打ちのめされるほどに思い知らなければ、その認識の過ちを改めない人類は、激しい渦潮のような自らの感情想念習慣が現実化した運命の渦中で、瀕死の痛手を負った末にはじき飛...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ81 ~ 枷をはずせば

今こそがすべての枷をはずすとき  足かせ・手かせ・目かせ・口かせ・耳かせ・頭かせ‥‥‥。生命や宇宙の真相をみずからに見聞・体感・触知・直覚させずにいたすべての《枷(かせ)》をかなぐり捨てて、今こそ生命の自由自在性を思い出し、宇宙に遍満する真理の大海に、意識を融解させ、拡大・解放しよう。  想念の足かせは人類に、真理の大海原へ飛び込むことを思いとどまらせ、...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ80 ~ 思い込みからの脱却 他

思い込みから脱却するために  多くの肉体人間は、あることを無いと思い込み、無いことをあると思い込んでいる。  事実の探究をすることなく、「そんな訳がない」、「そんなはずがない」という、漠然とした否定の立ち位置にとどまっている人は、いつまで経っても自分を、《思い込みの牢獄》に押しとどめている。  どんな言葉をもってしても、宇宙をあらしめる生命の真...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ79 ~ 終わりは始まり

終わりは始まり  終わりを終わりと認識する想念に訪れるこの星での終末は、現在の地球と同等か、それ以下の文明レベルの星でのやり直しの人生である。故に、すべてが消滅し去り、終わりゆく終末はない。  「もう駄目だ」、「おしまいだ」、「万事休す」、そうした類の言葉を想念習慣のなかから一掃して死語にすれば、新しい始まりのときを迎えることは誰にでも出来る。 ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ78 ~ 平安、自信、神道

真の平安を得るために  心が真の平安を得なければ、今ある健康も豊かさも身辺の調和も、いつ脆く崩れ落ちるとも知れない砂上の楼閣的健康・豊かさ・調和である。  人類全体の心の平安が成就されれば、地球世界から不調和的状況がすべて一掃される。  どんなにお金があっても、健康体でも、周囲によい人ばかり揃っていても、よい学校・会社に在籍しても、親の愛を一身...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ77 ~ 天象と竜神

風と竜神  それがそよ風であれ、強風であれ、すべての風は全生物にとって、なくてはならない浄めの働き。怒り・恨み・妬み・憎しみ・不安恐怖・劣等感・自己限定・思い通りにならない想念のもだえ・その他諸々の悩み‥‥‥。神域に届かず、この世を含む三界(肉体界・幽界・霊界)を汚染するすべての想念は、風が剥がして、天に還元してくださっている。  風の動きをよくよく...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ76 ~ 無限なる可能性を実現するために

やりたいことを実現する人生を  「わが人生、ひとかけらの悔いもなし」と、いついかなる時にでも言える生き方をしよう。  何かをやりたいと思ったときには、後になって後悔しないかを自問しよう。後悔しないだろうと想像できるならやる必要はないし、後になって、「たら・れば」をきっと言うだろうと想像できるなら、やりたいと思うことは、何ごとにも気兼ねすることなく、ま...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ75 ~ 言葉、言霊の次元の奥行き

《げん》の言霊における次元の奥行き  言・源・玄・元 ~ これらの言葉は、<いのちの光>の世界にあるすべての現象の根源波動、創造エネルギーのさまを顕した言葉である。  原 ~ 原は、源のエネルギーである《言・源・玄・元》の波動を用いて、想念が何らかの現実創造を行ったさまをいう。この世には、原因無き結果は生じない。その因にあたる波動。 ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ74 ~ ​有る=無い、内=在る 他

有る=無い、内=在る  起き観れば 有るは無きなり 内に在り 色即是空 この世の様は  有幻の この世の奥に 在る世界 在りて在るもの 空即是色  想念がつくり出した消え去りゆく色と、いのちの光の世界で永劫に輝く、褪せることなき色の違いがわかるためには、有ると在るの違いを、直覚的に識別出来る審神力が必須である。  有ると在...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ73 ~ 呼吸のこと、喜楽の次元上昇 他

呼吸のこと  浅い呼吸は万病の元。浅い呼吸を無意識的に継続することは、ゆるやかな自殺行為に等しい。(運動や作業中等を除く)  いつもの呼吸を深くすることが何よりも大事。究極的には、無意識に行っている呼吸が深呼吸になっていればベスト。時々思い立って深呼吸をしたところで、単なる健康法でしかなく、焼け石に水である。  精神が不安定なときや緊張している...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ72 ~ アセンションはすでに始まっている 他

アセンションはすでに始まっている  アセンション(次元上昇)とは、“ある日突然に皆が一斉にそうなる”という類の話ではない。地球の次元上昇は、20世紀後半からもうすでに始まっており、人それぞれの意識進化の程度の違いによって、それを実感するのに時間差が生じているというのが実際のあり方である。  アセンション次元上昇とは、それを信じ受け入れる人にのみ生じる...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ71~ 無限なるすべての発露③

無限なるすべての発露  誰ものなかに内在する無限の自信を思い出し、自覚して生きるためには、自己存在の根源エネルギーである<いのちの光>に、常時深呼吸をもってシッカリとつながることである。単なる想念体としての《想いのみ》を自己として認識していたのでは、何もの何ごとにも動じない程に強い自信を認識することは出来ない。一片の不信もなく、真に自分を信じて...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ70 ~ 真心

真心を込めて生きる  真心を込めて生きる。それだけでよい。  真心を込めて為された仕事は、それが社会的地位の低い仕事であっても、世の中を輝かせる一助となって、地球の完成に寄与している。  どんなに権力や地位があっても、その想いに真心薄く、自己顕示欲や権勢欲にまみれている場合には、大きな働きを為すせっかくの立場を台無しにして、社会に不調和な波紋を...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ69 ~ ほんとうの自分を極める時旬 他

ほんとうの自分を極める時旬  ほんとうの自分は何者なのか、心を澄ませて想い観よう。  ほんとうの自分がわからないうちは、いつまで経っても、自分が乗っている喜怒哀楽・栄華盛衰のジェットコースターを止めることが出来ず、降りることも出来ない。  人類とは何なのか、自分は一体何者なのか等、人間存在にかかわる根幹命題を、今こそ究明すべきとき。今探究せずし...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ68 ~ 人間万博博覧会

人間万博博覧会の会場にて ~ 人類から神類へ  人間の幸不幸は、ひとりひとりの本人が決めている。何を当然だと思っているか。すべては当然認識による。  アセンションへ至る道は、究極的には人の数だけある。  人は皆、同じ天地に生きているようでいて、まるで異なる天地に、それぞれが住み生きている。  現象界即ちこの世とは、あらゆる階層の住人が一同...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ67 ~ 悪人と見える者の実体 他

悪人と見える者の実体  悪人も悪魔も悪党もいない。そのように見えるのは、魂が幼い未開想念の最後のあがきである。  強者を装い、他を屈服せしめんとする者ほど、弱いものはない。それは、己の弱さに目を背け、隠すための虚勢でしかなく、張り子の虎以外の何ものでもないからである。  逆恨みや憎しみ、妬み、怒り等の想念念波は、巡り巡って、みずからの人生を八つ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ66 ~ 無限なるすべての発露②

無限なるすべての発露  誰ものなかに内在する無限の知性を活性化させることで、惰性に流されることのないクリエイティブな日々を創り出すことが可能になる。  誰ものなかに内在する無限の好奇心を発露させれば、脳細胞が活発化して、人生に退屈する暇がなくなる。  誰ものなかに内在する無限の若さは、神性に根差した意識の用い方をする肉体と精神に顕れる。 ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ65 ~ 無限なるすべての発露①

誰ものなかに無限なるすべてが内在しています。 今回から時々掲載する『無限なるすべての発露』シリーズでは、種々ある無限なるすべてを、ひとつひとつスポットをあてて取り出し、引き出してゆきます。 みずからの思うこと、「こうしたい、こうありたい、こうなってほしい」等と思うことが、宇宙の真理(大調和)にかなっていることならば、それは必ず人生上に創出・創造す...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ64 当然認識の次元上昇、霊格と人生

当然認識の次元上昇  アセンション意識は、次元上昇した当然認識に比例して宿る。  当然認識が次元上昇し始めると、昔は大いなる困難に思えていたことが、今は小さな障害にしか思えなくなっている事実を自覚し始める。  次元上昇した当然認識を生きる人は、神域にある完成絵図面をこの世に降ろす術を身に付けているが故に、みずからの人生に神域の現実を創造して、崩...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 63 ~ まずは自分から 他

まずは自分から  自分が出来ないことを、他人(ひと)に要求してはいけない。  他人にしてもらっていること、やってもらえていることを、当たり前だとしか思っていない人は、その有り難みをわかっていない感謝の足りなさゆえに、いつかは壁に突き当たる。そのときに、他人を逆恨みすることなく、自立した思考を立ち上げられる人は、感謝の道のスタート地点に立つことが出来る...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ62 ~ 大切なことごと

 大切なことは、意識を常に神域に置きつづけることである。それ以外の大事はない。  大切なことは、いつも何を想い、生きているかである。常住想念こそが、みずからの魂が常住する天地を決定づけているからである。  大切なことは、自分がみずからにどのような自己評価を下しているかである。他人が自分をどのように思おうが、そのことで自分が変わることは決してない。...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ61~ 認識力を次元上昇させるための基礎的認識 他

認識力を次元上昇させるための基礎的認識  浅い想いの世界にも《ピンチはチャンス》という言葉があるように、認識の仕方で物事は意味を変える。  物事に意味を与えるのは、人間の認識だ。  人間は、自他が認識力を用いて貼ったレッテルをもとにして、物事を判断している。いわく、善悪・高低・清濁・正邪・好き嫌い等々。  認識力は、物質と精神を産み成す元...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ60 ~ 外の世界に感じる想いを自分に向けると 他

外の世界に感じる想いを自分に向けると  自分が相手に対して思う批判的な想い・嫌悪感等は、相手が自分にしていることが問題なのではなく、自分がその人を含む誰かにしてしまっていたことを、鏡に映したように見せてくださっていることに、自分が気づけるかどうかが大事なポイントである。  見聞するすべてに感じる想念の向け方、想いの向きの角度・方向に注意を払うこと。想...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ59 ~ 本体を自覚すれば 他

本体を自覚すれば  今はまだそうじゃないと思えても、「人間は本来光なんだ。顕れる(顕す)ことも、消える(消し去る)ことも、自由自在に行える光そのものなんだ。それが自分の本体なんだ」と、いつも思っていることは、自分を肉体に縛りつけていた固定観念をほどく訓練となって、いつしかほんとうに光そのものの己を自覚できるようになる。  あなたがほんとうにわかるとき...
Sponsored link