祝自己完成 〜 変化変滅を超えて生きる人々へ(後編)

スポンサーリンク

(前回の続き)

本来宗教とはそのように

各人の魂の自立を促し

他の何ものにもすがらずとも

自己を救いあげる道を教える手段だった

しかし現代ではほとんどの宗教は

中心なる人々の利得がために

心もとなき人々から搾取を為す

下等な手段に成り下がってしまった

過去の聖者の真理なる教えの数々も

時々の宗教権力者の都合により

巧妙にすり替えられ

書き換えられてきた

だがしかし

あなたがたよ

救いの道を外に求めず

みずからのいのち(存在)を

見つめに見つめ抜き

その光を自己の内に

見いだした御身らは

想念の内奥に元々在った

究極の真理に到達し

思い出し顕現するに至った

あなたがたは

自己都合の想念は

流れ去る雲を見つめるがごとくに

消え去らしめ

ただ専心して

世界の平和を日々祈り出し

何ごとがあっても

自他の神性のみを

揺るぎなく見つめつづけ

内なる地球を平成にし

そを現象界に画き出している

あなたがたは

あなたがたの運命創造の権能が

他にあるのではなく

みずからの内部にあるものであり

すべては自己責任なる真理を体得した

そのようなあなたがたの

眼前に拓ける地平は

次元交差せる霊的調和天地

そのあなたがたの心身は

霊肉大調和を成し遂げた

脱皮(進化)せし心身

あなたがたが

これまで踏み行い来た

誰にも知られることなき

地道な実践行の積み重ねは

自己の内外を見事に霊化させ

生命根源の素粒子エナジーを

波動が一番粗雑な現象界に

画き出すに至り始めた

事ほど左様に

あなたがたの生き方は

肉体固着の固定観念を薄め

私心を滅し昇華し尽くし

過去少数の聖者のみが

到達し得た神域の意識にまで

己を導くに至ったのである

このことは

まことに祝福の極みなり

なぜなれば

今後すべての地球人類が

あなたがたの切り拓いた

その小径を通り

いのちの光をみずからに表し

大道へと拡大して

地球界全域の霊化が

完遂するに至ることが

確定したからである

どうかそのまま

今を生き切ってほしい

過去への後悔も

未来への不安も

なんら建設的未来を構築し得ない

今この瞬間のなかにこそ

過去・現在・未来

すべてが凝縮されている

今を生かし切ることこそが

あらゆる過去を浄め

未来を善導する礎なり

またそこには

すべての次元が同時進行しいる故

時間も空間も波動圏も

ありとあらゆる

幅と角度と奥行きの相違・位相が

渾然一体となって

すべてを大調和に

至らしめることが出来る

それこそが生命意識であり

神域心の神髄であり

キリスト心の真義なり

その意識を

片時も離れること無きよう

常時の呼吸を

宇宙の呼吸にチューニングし

深く穏やかに持続されたし

その波動のなかにこそ

すべてを活かす力が

発現し顕在化するのである

またその意識こそが

不要を浄化し昇華して

眠れる神聖を起こし現し

すべての配置を最適化してゆく

そうして

あらゆる地球界の波動が

一定水準の霊化を

果たせし時旬来たりなば

われわれは忽然とその世に

この霊身を物質化して公に現し

あなたがたと共に手を携え

最後の仕上げがために働くであろう

(終わり)