スポンサーリンク

いのちのメッセージ30

 ワンネスの真実を知ると、人類の諍いが如何におかしなことがわかるようになる。それは、頭と臍がどちらが偉いかを競い合っているようなものであり、右手と左手が喧嘩しているようなものである。

 すべての大自然(水・空気・大地・太陽等の星々etc…)や動物・植物・その他種々の生命体たちに対して、これまでの非礼を心から謝罪し、その恩恵に感謝をささげつづける人たちは、危急存亡のときに大自然から守られる奇蹟を体験をする。

 《地球人類の真理への目覚め》を寝ても覚めても祈りつづけてきた人は、宇宙人類と地球の神霊方によって、特別な光でシールドされ、保護されている。それは、彼らがいなければ地球のアセンションが成し遂げられず、宇宙の星々にも迷惑をかけてしまうところだったからである。そうした陰の立役者がいなければ、地球はすでに過去の予言どおりに滅び去っていた。

 2015年は、地球人類の神性復興にとって大きなターニングポイントの年だった。文明崩壊(滅亡)のシナリオが回避され、霊文明の星として新生する道筋がついたからである。

 すべての運命現象というものは、見えない世界で原型が形成されたものが現実化しているものである。どんなに表面世界をいじって都合よく変えたとしても、幽界を浄めなければ現れるべきものは姿形を変え、いつかまた表面化して、辛酸を味わうことになるのである。

07df152a952275a6be3e1f849f7a776f_s

 地球の次元上昇にとって、日本という国がどれほど重要な使命をもった国か。日本に生まれてくるということが、どれほど幸運なことか。今はまだ多くの人が実感していないが、時が来れば誰もがその事実を痛感し、己が分け持てる天命の重要性を心底から自覚するときが来るのである。

 意識の次元上昇を果たした地球人類は、他の星の人類のように、寿命・定命が数百年に伸び、若々しさを保ったまま長く生きることが可能になる。ただし、あくまで個人の選択なので、これまでどおりに、80~90歳で肉体を離れる人もあるのだが。

 無邪気さは、何にもまさる薬である。

 邪気とは、いのちの光とかけ離れた肉体想念をいう。

 光は闇を消す。今現在アセンションした人々の「大丈夫」「すべてよくなる」、そうしたポジティブな意宣りは光となって、人類の不安恐怖・憎悪・悲哀・自我欲望等の邪気を人知れず浄め、消し去る働きをしているのである。

error: Content is protected !!