Sponsored link

いのちのメッセージ64 当然認識の次元上昇、霊格と人生

当然認識の次元上昇

 アセンション意識は、次元上昇した当然認識に比例して宿る。

 当然認識が次元上昇し始めると、昔は大いなる困難に思えていたことが、今は小さな障害にしか思えなくなっている事実を自覚し始める。

 次元上昇した当然認識を生きる人は、神域にある完成絵図面をこの世に降ろす術を身に付けているが故に、みずからの人生に神域の現実を創造して、崩れることのない幸せを構築している。

 意識進化した認識を自己のものとしている人は、「すべては必ずよく成る」・「絶対に大丈夫」・「何事の調和も成就するに決まっている」と当たり前のように思えるため、その当然認識に沿った現実を展開させている。

 「人生とは、ままならないものだ」と当然認識を誤用している間は、蟻地獄のように登っては滑り落ちる経験を繰り返すもの。そのような場合には、幾度となく痛い目にあうなかで、ようやく真理に目が向き、ままなる人生を構築するに至る。

futta2251m

霊格と人生

 霊格が未だ幽界をさまよっている間は、その未成熟な魂領域の必須科目として、何事も裏目に出る体験を繰り返す。

 霊格が霊界の下層に入ってくると、苦しみの人生のなかに、一筋の光明が差し込んで、淡い希望を抱いて、精一杯生きることが出来るようになる。

 霊格が霊界の中間層に入ってくると、ネガティブな想念にとらわれなくなる修行を始められるようになる。

 霊格が霊界の上層に至ってくると、よきこと(「こうあるべき」・「こうでなければならぬ」等)と認識していたポジティブ想念にもとらわれなくなる修行に取り組めるようになる。この段階をクリアできなければ、神域に至ることはできない。

 霊格が神界の領域・神域に至ると、善悪・清濁等、何事にもとらわれなくなり、意識を自在に駆使して、人生に神域を構築することが出来るようになる。