スポンサーリンク

神秘なるもの

自立への道のり

誰かに支えられ

歩いていながら

自立歩行せしものと

勘違いしている人は

本当に自立歩行が

できるようになる

そのときまで

足がもつれ 道につまづき

幾度となく 挫折を体験するもの

何度でも 何度でも

その勘違いに

気がつくときが来るまで

 

物質に頼り

保たれた健康は

それがなければ不安に駆られる

いのちの力を信じきって

何がなくとも安心して

生きれるときが来るまでは

安心感と不安の間を行き来して

気が休まる暇もない

 

喜んだり

悲観したり

そのシーソーを

降りるときが来るまでは

 

この身 この体

これこそが自分だ

自分は自分の力で生きている

そのように

思い違いをしている人は

本当のわれ

光の自己に帰るときまでは

輪廻転生を繰り返し

何度も同じ課題に直面せざるを得ない

 

ぶつかり合い

こすれ合い

傷だらけになって

その傷さえも夢幻と気づくまでは

church-442912_640

神性への回帰

人間の人生と数多の生まれ変わりは

究極の完全性を内に持ちながら

究極の不完全性へと閉じこもり

また生命の根源へと帰る高遠なる旅路

 

その旅の途上で様々な体験をし

認識の幅を広げつつ

器を大きくしながら

わたしたちは新たな宇宙(みち)

今日も内外に開拓しつづけている

 

この壮大な

ドキュメンタリームービーの結末は

観てのお楽しみ

 

諦めずに目的地(神性の天地)へ向かって

最後まで歩きつづけた人は

魂が揺さぶられるような

その感動のクライマックスに

随喜の涙を流さずにはいられないだろう

 

神秘なるもの

そは人類