Sponsored link

未来に明るい運命の花を咲かせるために

神性意識のなかには一切の不安がない

にもかかわらず拭い切れずいる

その不安の正体を見極めよ

 

不安は恐怖より生ず

その元を辿り観れば

魂のルーツを忘れし時に遡れり

 

人類はその時を境に

みずからを信じられなくなったのである

そを無明の始まりという

 

無明は恐れの起点なり

また恐れを起点にして

不安をはじめとした様々な

不信・不足・不満・不測等の意識と

見通しのきかない事態をつくり出していった

 

その最大の混迷時が先程までの日々なり

その原因を知った貴方は

今この瞬間を境にして

恐れの源泉である無明に光を当て

みずからを大元から浄め切った

 

ゆえに

一切の無明なき今の貴方は

神性そのものの存在なり

 

事ここに至り

今までの努力精進が

無に帰すことの多かった理由を

明確に理解されたであろう

 

途中をどんなに浄めたとて

大元を浄め切らないかぎりにおいては

人は同じ境界を繰り返すのである

 

A時点を大元の原因

B時点を中間の時点

C時点を今としよう

 

B時点をどんなに浄めても

A時点が浄まり切っていなければ

C時点である今は良くならない

 

にもかかわらず

A時点に遡ることなく

B時点ばかりに焦点を当てて

躍起になって良くしようとしていたのが

これまでのあり方だったのである

根本の原因を浄め

悪因を元から絶てばこそ

新たに今積み重ねいる

光明の想念言行がしっかりと根付いて

未来に明るい運命の花を咲かせるのである

 

その不安恐怖の元を遡り見よ

本体であるいのちの光を見失いし

最初の時点を知り浄めよ

さすればそこから派生した

すべての過去世が浄まるのである

 

過去世が浄まれば

あとは今生の行いにかかっている

意識進化を志向して想念言行している人は

もう何ひとつの困難も

無いに等しい境涯にあることを

貴方は自分事として自覚しているだろうか?

 

すでに霊化した波動圏の中で

生命の真実を瞬々刻々と思い出しながら

すべての大自然と生物を救い

人類の意識の目覚めを促されよ

 

そのようにして生きている

貴方を取り巻くすべての未来は

光明燦然と光り輝いている

 

これからの貴方は

肉体界に神性の種を根付かせながら

有り余る幸せを周囲に分け与えて

地球の完成を見届けるその日に至るまで

地球での使命を

完璧にまっとうしてゆくのである