所有に関する真実

スポンサーリンク

地球に住める未だ目覚めぬ我らが同胞はらから

きみもそろそろ思い出すべき時旬だよ

自分の土地なんか

何処にも無いんだって

国家の領土なども

肉体人間たちが

勝手に引いた境界線なんだって

考えてもみてごらん

きみたちの住む家は地球さんの体でしょ

人々が所有権を主張し合ってる

土地や領土なんて

そのお体の一角を

きみたちが肉の身にある間だけ

一時的に間借りしている

仮初めの場所でしかないんだよ

それこそが

個々人が「我が物なり」って

錯覚している土地であり

「我らが領土なり」って

占有権を振りかざしてる

地球各地の真実なんだ

ましてや空や海などを指して

「我が空なり」「我が海なり」って

領空権や領海権を主張する面映ゆさだよ

そこに気付かずいるなんて

まったくもって論外だね

きみたちの命の兄姉であるぼくたちも

きみたちの内部神性なる守護神霊も

肉身波動の母親である地球さんも

精神波動の父親である宇宙心も

その事実をきみたちが思い出して

一方的な占有権の主張を放棄し

地球家族の一員として

また宇宙家族の一員として

きみたちが仲良くすべてを分かち合い

助け合い高め合いながら

いがみ合うことなく

共生する心境に至ることを

ただ一縷の希望として望んでいる

『意識進化を志向して生きること

内在する神性をよみがえらせて

それを発揮して生きること』

それこそが

きみたち地球人類全員に共通する

生まれてきた目的であり

目指すべき目標

志向すべき方向性なんだ

強烈な火山の爆発で

地球の血液たるマグマに飲み込まれ

火山堆積物になり果ててゆく大地を

テレビをとおしてでもいいから

目を見開いてよーく見てごらん

人々が権利や利権を主張する

乗り物も家も土地も

何もかもが瞬く間に無に帰して

いかなる動産や不動産の証明書も

その存在の確実性を

保証し得ないでいるでしょ

自然の猛威を前にしたなら

きみたちが大事に思う金品なんか

どんだけかき集め抱えてたって

変わらない日常を

まったく担保し得ないじゃないか

えっ?

他の土地に引っ越して

また一から築けばいいって?

未だに自己の所有を誇ったり

占有を目的に生きて

それを達成し

主張しようする人は誰?

そういう事物などはすべて人間たちが

勝手に主張したものであり

地球さんの許可もなく

人間同士が気随に

認めたものでしかないんだよ

そこに気付かずこれからも

奪い合うことは

愚か以外の何ものでもないんだ

いざ津波や異常気象に襲われたり

大地震や火山爆発が起こったりなんかしたら

いとも簡単に失ってしまうようなものや

恒常なる安寧を保全し得ない事物に

本当にみずからの所有権や

占有権があると思う?

これまでの話を聞いて

きみがもしも未だにそう思っているならば

その未来は惨憺たるものになるだろう

逆に

これまでの意識外保有欲を薄めるように努め

物質面をつつましく整理して

精神面における豊かさを追い求め

それをますます

旺盛にしてゆくよう努めるなら

きみの今後の未来は思いのままに

自由自在に画き出すことができるだろう

なぜなら

これからは地球全体が

神霊文明の世界へと移行して

地球や宇宙と一体化した

運命創造が展開してゆくからね

地球に住める未だ目覚めぬ我らが同胞はらから

きみももうそろそろ思い出すべき時旬だよ

すべての事物は星や宇宙のものであり

個人や組織や国家のものなんて

何ひとつ無いんだって……

真実の自分は肉体身の物質体などではなく

神霊波動の意識体だったんだって……

また自分が本来所有しているものは

無限なる創造力

無限なる叡智

無限なるいのち等々の

神性に根ざした力のみなんだって……

且つまたそれらは

特定の個人や組織が占有する力ではなく

すべての人が共有している

尽きることなき力なんだってね