神性

神示

神性を示す時旬に 〜 Show their your way

いよいよ時が来た 人類に神性開発の道を示す時が来たのだ 貴方がたが今日まで行ってきた神事を どうか人々に示してほしい それは日本国内では特に 神社において行われるのが望ましい 各地を護る神社の神々が 民の自我欲望で隠れてしまっているからだ 貴方がたが神性を発揮した印を組むとき すべての闇に...
Voice of brothers

Voice of brothers 439 魂の本懐を思い出して地球での集大成を飾ろう (後編)

 前の同名記事 ★祈りはいのちを開く最善の方法 だから困っている人に対して、本当の意味で他人がしてあげられることは、祈ってあげることしかないんだよ。 「祈りなんかで人が変わるわけがない」だなんて、昔の唯物論者や無神論者みたいなことは言わないでね。 2018年現在の世界ではもうすでに、地球科学でも祈りの有効性や実効性は証明されて...
Voice of brothers

Voice of brothers 437 魂の本懐を思い出して地球での集大成を飾ろう (前編)

★きみたちの本体本心は宇宙ハイラーキーに所属している 人が人であることの真の所以は、『宇宙創造エネルギーの分光として、宇宙心のプランされた大調和天地を地球界に画き出すところにある』ということはわかるかな? この単純な存在意義を思い出して、今の地球を建て直すために働いている人たちの魂は、皆一人残らずハイラーキーという神霊団に所属しているんだよ。 ...
Sponsored link
Voice of brothers

Voice of brothers 435 在るがままの神性を発揮するために

★自意識を律することの大切さ なんか、なんでも判ったような気になっちゃって、油断・慢心している人は、天狗さんのように伸びたその"鼻っ柱の重み"によって、自尊心の鼻がへし折れて痛い目に合うときが来るからご用心だよ。 肉体に張り付いた習慣性の想念というのは、ちょっといいことが続いたくらいのことでいい気になったり、勘違いしたりするものね。 だからきみ...
Voice of brothers

Voice of brothers 434 自らと自ずからの統合(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★自ずからを自らとして生きよう そういう天の刻(とき)が近づいてきた今になってもまだ、エゴのおもむくままに他を批判して自らをかばおうしたり、守ろうとしたり、他人を蹴落としてでも相対的にいい立場を占めようとしたりだなんて、あまりにもナンセンスだよね。 そんな自己中心的な想念言行はもう卒業しなくちゃいけない...
Voice of brothers

Voice of brothers 433 自らと自ずからの統合(前編)

★自らと自ずからについて この間、『自らを捨て自ずからとして生きる』という、究極の生き方の話をしたね。 その話でピンと来なかった人がいたみたいだから、今日はその話を角度を変えてもう一度話そう。 とても大事なことだからね。 『自らを捨て自ずからとして生きる』というのを違う言葉で表現すると、『自らと自ずからを統合して生きる』という言い方が出来...
Voice of brothers

Voice of brothers 432 言葉で伝え切れない感謝を込めた言霊

★きみたちは天を地に映し出すプロバイダー 有り難う、有り難う、有り難う。 すべての危機が去ったわけではないけれど、当面、第三次世界大戦の勃発は防ぐことが出来た。 また、日本の地では、水が飲めなくなったり、空気が吸えなくなったりする事態も防げた。 それに、大地が海の底へ沈み込んで海底が地上になるような、天地がひっくり返る程の大地震の発生も防...
Voice of brothers

Voice of brothers 431 星々を完成に導いてきた宇宙神霊(ワンダラー)たちへ(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★きみたちは最古参の人類だ なんでそう断言できるかというと、きみたちの宇宙年齢が地球上で、最古参の部類に属しているからだよ。 地球へ来る前の他の星での輪廻転生回数はもとより、きみたちは地球での輪廻転生回数においても群を抜いていて、最低でも何万回もの転生を経験してるんだよ。 それはどういうことかって...
Voice of brothers

Voice of brothers 428 いのちを生かした生き方をしよう

★命の真実 キリスト教聖書『ルカ伝』のなかに、宇宙の真理に通じる言葉が残されてるね。 「自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう」 これは、ぼくたちの言葉で言えば、「自分が自分だと思っている自分を捨て切ったときに、人は真実の生命意識を得るに至る」ということなんだけど、聖書のなかで語られている"命...
Voice of brothers

Voice of brothers 427 地球を死の星にしないために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★きみたちにしか出来ない尊い働き 毎日毎時毎分毎秒、地球の安寧と世界人類の神性の甦りを祈っている人は、地球上をくまなく見渡してみても、きみたち以外にいない。 そんなきみたちの存在は、宇宙の他の星の人類や、地球界の諸神善霊方から特別に護られていて、地球に何が起こっても、どのような危害が及ぶこともないし、生...
Voice of brothers

Voice of brothers 426 地球を死の星にしないために(前編)

★地球を平和な星にするには 人々がみんな、いのちの本質に立ち返って生きることが出来たなら、地球界は瞬時にして平和な星になるんだよ。 それが出来なくって、一進一退の攻防を繰り広げているというのが実際のとこなんだけど、みんながいのちの本質に立ち返って生きるためには、誰かが立ち上がって、みずからのあり方をおのずからある生命に立ち返らせなければならない。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 425 自らを捨てて自ずからとして生きよう

★命の真実 キリスト教聖書『ルカ伝』のなかに、宇宙の真理に通じる言葉が残されてるね。 「自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう」 これは、ぼくたち流に言えば、「自分が自分だと思っている自分を捨て切ったときに、人は真実の生命意識を得るに至る」ということなんだけど、聖書のなかで語られている"命"と...
Voice of brothers

Voice of brothers 424 食欲と想念の隠れた関係性(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★本質の光で不完全を溶かしめよう 他人のことをあれこれと批評したくなる気持ちを自分のなかに見つけたら、「人のふり見て我がふり直せ」の格言を思い出すんだよ。 他人のことをあれこれ思ったり言ったりするんじゃなくて、そういう想いを自分自身に振り向けて、ただ黙々とみずからを調整するのがいいんだ。 いつかき...
Voice of brothers

Voice of brothers 419 真理の捉え方(前編)

★取り越し苦労と産みの苦しみ 今日はきみたちの意識状態の定点観測をしていて、今までクローズアップされてこなかった状態に目が留まったから、そのことについて話そう。 ぼくたちはいつも、『私心なく全体に意識を拡げて過すこと(自分のことを考えている暇があるのなら、その時間を人類の神性の目覚めや地球の安寧について祈りながら過ごすこと)』が意識進化した心のあり方...
Voice of brothers

Voice of brothers 418 地球人類と宇宙人類の違い 〜 真のアセンションを果たすために

★根本的な違い 今日は地球人類と宇宙人類の根本的な違いについての話をしようね。 体のつくりの違いとか、波動の違いとか、いろいろ思い浮かぶと思うけど、一番の違いは意識状態の相違で、心のあり方がまったく違うんだ。 きみたちからすれば、目に見えない世界に住んでることの方に意識が把われて、根本的に別形態の生物のように思う人があるかも知れないけど、それは...
Voice of brothers

Voice of brothers 416 永遠の真ん中にある今を生きよう(前編)

過去も未来もすべてを輝かせる今を生きよう 地球に住んでる肉体性の人たちは通常(ふつう)、世の中の表面に現れた現象ばかりに意識が持ってかれてて、"自分たちが掴んで引っかかってる物事・事柄がそのように現れた元の原因"にまでは気が回らないでいる人が大半でしょ。 だから何ごとに対しても右往左往に右顧左眄したりなんかして、「あーでもない、こーでもない」って思い...
Voice of brothers

Voice of brothers 415 相対性から総体性へ

★相対性の意識でいると 生命の真実を忘れ果てた人たちに、本当の真理を伝えるのは難しいね。 熱意を持てば相手が冷めたり、こちらが引けば相手は乗り出したりというふうに、ピタッと心が揃うことは滅多にないからね。 それに関してきみたちに知ってもらいたいことは、たとえお話しする相手が目の前にいる一人だったとしても、特定の個人に入れ込む(のめり込む)ことな...
Voice of brothers

Voice of brothers 414 誇りをもって前へ進もう(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★きみたちの凄さ だけど、その自分たちのすごさがわかんないでいるでしょ。 肉眼に見えない働きだからね。 だけどそれでも、わかんないながらも、「自分たちの存在が、間違いなく世の中を内側から照らしているんだな」って信じつづけることが大切だよ。 実際問題として、本当にその通りなんだ...
Voice of brothers

Voice of brothers 413 誇りをもって前へ進もう(前編)

★神能力を甦らせた人は 今の世界を霊性の世界から観ると、世界中の人々の『いのちの本質』が急速に呼び覚まされて来てて、ものすごい勢いで地球人の神性復活が進行してるんだよ。 といっても、これはあくまで霊的次元から観た話だから、こういう話をきみたちが周りの人たちにしたところで、「ハッ?お前、何言っちゃってんの?人間たち、なんにもよくなってないどころか、ます...
Voice of brothers

Voice of brothers 412 よりよい集合意識を創り上げるために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★きみたちはよりよい集合意識をつくる原動力 それは、「そんなの面倒くさい」とか「今すぐ思い通りにならなきゃ嫌だ」とか、そんなワガママ言うべき問題じゃないことはわかるでしょ。 またこのことは、地方自治体や国がそうであるように、地球世界全体の運命も、まったくおんなじ理で運行されてるんだよ。 だから公的...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 166 超常識と大調和世界

 人生を如何なるものと認識しているか。 それによって人は、幸福を感じもすれば不幸を感じもする。 「人生にはよいときもあれば悪いときもある」 貴方が人生に対してそのように定義しているならば、そう思ったとおりの人生を、これからも生きてゆくだろう。  「人生は善きことのみ、素晴らしきことのみ、感謝せしことのみ。すべては完璧に調い、大調和して...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 165 永遠の花を咲かそう

 意識進化へ向けた精進努力には、苦痛ではなく歓喜を伴う。 ゆえに、それを継続することで悩苦を伴うとすれば、その人の発する意識の角度と次元のスタート地点がズレていることを意味している。  無限なる歓喜には、尽きることのない感謝の気持ちがもれなく付いてくる。 それは、駄菓子を買ったら付いてくるオマケのようなものではなく、掌と手の甲のような切って...
Voice of brothers

Voice of brothers 409 すでにある大調和の未来を現すために

★未来を思い出そう 今日は、発想の転換をすることで意識視野を転換できるという話をしよう。 きみたちが普通に考えたら、過去は思い出すもので、未来は予測するものだと思ってるでしょ。 だけど、意識の扱い方を変えてみれば、未来を思い出すことができるんだよ。 さあ、きみの未来を思い出してごらん。 ん? 「まだ来てもない未来を思い出せるわ...
Voice of brothers

Voice of brothers 408 祈り方について(後編)

(前回の続き) ★天地の橋渡し役のきみたちへ 全体が大調和に至るプロセスというのは、必ずしもすべての人にとって都合のいい状況ではないかも知れない。 ないかも知れないというよりは、むしろ人間智では計り知れないことがほとんどだといえる。 全体を導く大生命智、すなわち、すべての人類が内包する生命根源の叡智というのは、個人の自己都合を優先する肉体人間...
Voice of brothers

Voice of brothers 406 この世と連動したあの世の平和も同時に実現するために(4/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★何よりも大切なこと 〜 明るく前向きな心で生きよう 「いやいや、こっちは自分が救われようと思ってただ必死に生きてるだけなんだから、そんなはずはない」って思う人がいるかも知れないけど、どんなに「自分は未だ迷ってる」と思い込んでたってその一方では、『人々の神性を認めて希望を見失わない生き方を志向...
Voice of brothers

Voice of brothers 404 この世と連動したあの世の平和も同時に実現するために(2/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★あの世とこの世は密接に影響を及ぼし合っている 彼らはみずからの思い込みがあまりにも深いがために、守護の神霊が明るい世界に引き上げるために何度引っ張り上げても、みずからの意思でそのたびにまた、逃げるように苦界へ飛び込んで逆戻りしてゆく。 それで、その響きが子孫であるきみたちの運命にも悪影響を及ぼしている...
Voice of brothers

Voice of brothers 402 いのちの成分 〜 非科学的見地からみた話(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★愛にチューニングして生きる方法 その姿をはたから見ると、一見したらカルマに翻弄されたぶざまな人のように見えて、「一緒に押し流されてるだけじゃないか」って、はたからは見えるかも知れない。 でも本質的な視点から観ればそれは、対立や葛藤とは無縁な極めて"調和的カルマの浄め方"だといえる。 その具体的な...
Voice of brothers

Voice of brothers 401 いのちの成分 〜 非科学的見地からみた話(前編)

★いのちの成分 いのちはどんな成分で出来てると思う? うん、うん。 アハハ……。 そんな難しい言葉はいらない。 頭でっかちに考えなくたっていいんだよ。 ん? そうだね、愛だ。 いのちのなかには無限の質量を有する愛が充満していて、『いのち = 愛』、『いのちは愛で出来ている』と言っても過言じゃないんだよ。 きみ...
Voice of brothers

Voice of brothers 400 意識の意識的運用について(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★意識の精妙化こそが物質波動をも霊化させる鍵 それで、今日(こんにち)この時代にすべての地球人が神性を甦らせて、それによって宇宙社会に復帰するということも、実は初めから決まっていたことだったんだよ。 だからみんな、過去世からの生まれ変わり死に変わりの集大成として、今日の善き日を迎えることが出来たんだ。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 398 精神病の真因と真の解決法が確立するまでの対処法(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★精神病を根本治癒する方法 一番最初に話した精神病などの治療に関しては、ぼくたちの世界で使われているような神性科学が地球でも使えるようになった時に、そう長くはかからずに地球上から心の病は一掃されるだろう。 それは誰かが排除されて居なくなるんじゃなくって、肉体側から見ればその人たちの障り(霊障)の原因が離...
Voice of brothers

Voice of brothers 397 精神病の真因と真の解決法が確立するまでの対処法(前編)

★精神病の原因 今地球上ではたくさんの人が、自分の心をコントロールできなくて苦しんでいる。 苦しいという自覚もなく、感情想念の赴くままに動いてるだけの人もいるけれど、自分の心なのに自分で制御できないことを自覚していて、なんとかしたいけどなんとも出来ないでいる人までも含めたら、自分をコントロールできない人の数は、地球全体で億を越えているんだよ。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 396 地球の未来を輝かせるために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★新たなる価値観の元に 地球環境はここ数百年で、壊滅的な事態に陥ったのは事実だ。 それも、人為的な結末としてね。 生物に関しては、動物に限らずその他の生けるもの、例えば代表的なのは植物もだけど、原種はどんどん絶え、生態系の破壊は目を覆うばかりの事態になっている。 空気も水も大地も、すべての自...
Voice of brothers

Voice of brothers 394 いのちの炎と理想の次元上昇

★いのちの炎を燃やして生きよう いのちの炎を燃やして生きるんだよ。 それは、切羽詰まった末に、最後の力を振り絞り生きることでもなければ、有り余る情熱を燃やして、超絶ポジティブに生きることでもない。 また、怒りや恨みなどの真っ赤な炎とも違うし、悲しみや絶望などの青白い炎とも違う。 情欲とも関係なければ、その他各種の身勝手な願望などとも無関係...
Voice of brothers

Voice of brothers 392 モノのいのちと宇宙の眼差し(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★モノを動かすいのちの力 ~ 神霊次元のエネルギー これからの世界は、何ごと何ものにもいのちの力を考慮に入れなければ、何を発明したりも発見したりなども出来なくなるんだよ。 なぜなら、今までの世界と明らかに波動圏の異なる世界に入り込んでいって、これまで通用した法則的また経験則的なものの捉え方が役に立たなく...
Voice of brothers

Voice of brothers 391 モノのいのちと宇宙の眼差し(前編)

★モノに宿るいのちも認めよう いつか話したと思うけど、すべてのモノ(物質)にも生命が宿っているんだよ。 それは、魂の宿った人間の肉体が生きているのと同じようにね。 「じゃあ、魂の宿ってない人間の屍には、生命が宿ってないじゃないか」って思われるかも知れないけど、それは魂が抜け出ただけで、やっぱりそこにも生命は宿ってるんだよ。 ん? わ...
Sponsored link