2016-10

Voice of brothers

Voice of brothers 25 つながりについて

★人はつながりのなかで生きている 人は本来いろんな存在とつながり合って、命を維持している生物のはずだね。 何もの何ごとともつながりをもたずに、命を維持するのに必要なすべての要素を、みずからが生成して生きている人などいないよね。 極端なことをいえば、誰の世話にもなりたくないと、山奥にこもって暮らしてる人でさえ、地球の文明文化とか、空気や水や大地と...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ109 ~ 勝つとは?

勝つとは  勝つとは、過去の想念習慣に打ち勝つこと。 それ以外の何ものでもない。  自分に勝つとは、大宇宙・大自然の霊化に合わせて、意識のアップデート更新を滞りなく行い、霊肉ともなるアセンションを果たすこと。  アセンションした世界には、切磋琢磨すべきライバルもいなければ、意識進化を妨げる敵もいない。 そこにあるのは、おのが意識の深...
Voice of brothers

Voice of brothers 24 根本的に人を変えるもの

★魂の自立を促すために 他人事(ひとごと)じゃあない自分事として、魂の自立を積極的かつ自発的に促してゆくために、意識進化を志向する人なら腹の底から腑に落として知っておくべき真理があるよ。 それはね、【他人ひとは他人(ひと)を根本的に変えることができない。根本的に人を変えられるのは、その当人の意識進化した心のみ】という真理だよ。 言い換えるなら、...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ108 ~ 感謝の次元上昇

記憶に基づいた感謝  記憶に基づいて為された感謝は、偽りの感謝であることが多い。 偽りの感謝とは、心底からの感謝にはなっていない、上辺だけの感謝をいう。  記憶に基づいて為された感謝の想いは、そっくりそのまま自己都合による感謝であるがゆえに、都合が変われば反転して、いつ崩れ落ちるとも知れない砂の城のような想いである。 生命光から発する感謝 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 23 肉体想念を卒業するときは今 ~ 意識を宇宙へ解放しよう

★不自由を前提に生きてきたなら きみたちの世界では、目に見えてすぐに思い通りにならないことに対して、条件反射的にガッカリしたり、簡単にあきらめたり、「無理だ」ってすぐに決めつけたり、「どうせこんなもんさ」って、割り切れもしないのに割り切ろうとするような、不自由を前提にした想いの動きがよく観られるよね。 そういう想いの姿はいってみれば、「生活のためだか...

アセンションと祈り

意宣りは祈り 祈りはいのち いのちは神性の顕れ 想いの真相が真実に 生命本源波動と直通していれば その人は人生に宇宙創造の響きを顕し 生きているといえる 祈る人は 神性顕現の姿を啓示している 祈る人の姿には いのちの華が咲き開いている 祈る人の心には宇宙創造叡智...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ107 ~ 源(言)の響きを表し生きる

想念が昇華するほどに現れるもの 〜 言 = いのちの源 = 神眼の世界  言の葉の奥にある言げんを使いこなして生きよう。  言の葉の奥にある言げんを使いこなして生きるには、いのちの源の響きを想念・言葉・行為に表して生きること。  いのちの源の響きを想念・言葉・行為に表して生きるには、神眼を見開くこと。 神眼を見開かなければ、言を使いこなす...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ106 ~ いのちこそ我なり 他

いのちこそ我  『いのちこそが我』と心の底から思えれば、肉体上の人生に何が起ころうとも動じなくなる。  『いのちこそが我』と心の底から思えるようになるためには、本心・本体と想念・肉体を截然と識別して、意識を常に本心・本体の側に置くこと。  本心・本体と想念・肉体を截然と識別して、意識を常に本心・本体の側に置くためには、自分自身を客観視する視点を...
Voice of brothers

Voice of brothers 22 人間にまつわる汚らわしいと思わしき事々について(後編)

《昨日のつづき》 ★未来の私から過去の私へ ⑤ 意識と想念の違い さっき、″肉体は意識がつくった乗り物だよ″って話したけど、ここで意識と想念の違いについて確認しておこうね。 なんでこの話を今ここでするかというと、『人間は意識そのもので、想念などではけっしてない』という真理がわからないと、「肉体そのものが自分なんだ」っていう根深い誤解が解けないから...
Voice of brothers

Voice of brothers 21 人間にまつわる汚らわしいと思わしき事々について(前編)

★生にまつわる疑問 「人間が神性の存在であるなら、どうして排泄のような汚い機能があるのかな?それに個人差はあるけど、性欲や食欲や金銭欲や権勢欲などの旺盛な状態が“人間の醜さ”を感じさせるのは、“それらがあってはならないものだから”なんではないかしら?」 きみは若い頃の一時期に、そんな疑問を抱いてたことがあったね。 今でこそ何かを疑問に想ったとき...
神性復興

道とアセンション ~ 千利休に学ぶ

道について 東洋思想には、老子に代表される【道】という概念があります。 アジア各国のなかでも、特にこの概念は日本国内において、広範な各界に細分化され広まり、普及してきました。 ざっとあげてみますと、合気道・茶道・剣道・柔道・華道・書道・相撲道等々、武道・芸術・芸事・学問他、いろいろな道があります。 スポーツ系の道などは、海外から輸入された...
Sponsored link