2017-04

ショートメッセージ

いのちのメッセージ119 自分事・公案・原罪・徳

自分事  初めに自己評価あり。そは即ち他者評価の原動力なり。 他人に感じる想い(感情)は、その人に対して何かを思っているようでありながら、その実、みずからがしていることへの感想を、他者に転嫁してあれこれと思い見ている姿である。 みずからを映し出して見ている他者への感情を“自分事”として観るコツは、深い呼吸とともなる内観をして、脳裏をよぎり去...
Voice of brothers

Voice of brothers 64 汽水域時代のあり方と生き方(後編)

(前回の続き) ★汽水域時代の生き方について それは、最初のお魚さんの話に戻って言うと、海でも河川でも生きられるお魚さんは、汽水域で浸透圧調整を施すからこそ、海から川へ、川から海へと移動して、どちらの水域でも生きつづけることができているのでしょ。そういう種類のお魚さんを汽水域を通過させずに、いきなり海から川へ、川から海へと移したら、浸透圧の調整に...
Voice of brothers

Voice of brothers 63 汽水域時代のあり方と生き方(前編)

★汽水域での浸透圧調整と現代の波動調整 鮭に代表される幾つかの魚類は、淡水のなかでも海水のなかでも、どちらの水域でも生きられるよね。地球の霊化が進んできた現代では、それらの回遊性魚類のようにきみたち地球人類も、神霊波動の世界でも物質波動の世界でも、どちらの波動圏でも生きられる心身に磨きあげることが大切なことなんだよ。海でも河川でも生きられる...
Sponsored link
Voice of brothers

Voice of brothers 62 潜在意識とその浄め(3)

(前回の続き) 潜在意識は心のコップに入った水 心がコップそのもので、善良な真理にかなった想念言行がキレイな真水、真理から外れた想念言行が汚い泥水だとするでしょ。誰もの心がキレイな真水であればいうことないんだけど、人間の本質を忘れた想念意識は、汚水というか、泥水のような想念言行を発する原因になっていて、それが想いがサラサラしてないもんだから、また...
Voice of brothers

Voice of brothers 61 潜在意識とその浄め(2)

(前回の続き)★袖ふれあうも多生の縁 ところで、なんで表面意識にない狂気が潜在意識に潜んでいて、それが時に凶行として現象化したり、病気になりたくもないのに大病したり、思いもかけず交通事故の当事者になったり、望みもしない不運な目にあったりすることが起こるのかというと、人間は誰でも……、それは魂年齢にもよるんだけど、魂が若い人で数生から数十生、古い人で数百生、...
Voice of brothers

Voice of brothers 60 潜在意識とその浄め(1)

★潜在意識に左右された運命を超えるために みんなあんまり意識してないみたいだけれど、地球の肉体人間の日常生活には、潜在意識が大きく影響を及ぼしているんだよ。その潜在意識に潜んでいるものが真理にかなったよきものばかりなら、その人の運命は幸福以外のなにものでもないんだけれど、なかには本人の表面意識には思いもつかないような狂気や不幸の原因が潜んでいて、そ...
Voice of brothers

Voice of brothers 59 暁の祈り

★暁の時刻に祈るとよい理由 今日は、暁の時刻に祈るとよい理由について説明しようね。これはやったことのある人なら、もう十二分にその絶大な効果について判っていることだと思うけど、一日のなかで一番気が澄み清まっている時間帯だから、この時刻に祈ることは、生命の大元と表面意識が直通しやすくなっていて、より神性波動に還元しやすいというのがその理由だよ。...
Sponsored link