2018-09

Voice of brothers

Voice of brothers 378 神眼の視野で生きるために

★心眼を神眼に脱皮させよう 神性意識の眼、いわゆる心眼が神眼になった状態というのは、今そこに居ながらにして遠く果ての果てまでも見渡せると同時に、次元の奥行きにある各種階層天地までをも含めて、一瞬の間に広く総合的かつ複合的に見通す力を持って...
Voice of brothers

Voice of brothers 377 自分のいのちの本質に誇りを持って生きよう

★意識のバージョンアップをはかろう 自分の社会的地位の悪さと、それに基づくけっして豊かとはいえない暮らしぶりなどを掴んで、それを時代のせいにしてしまってはいけないね。 そう嘆きたい気持ちはわかるよ。 でも厳しいけれど、大臣諸侯...
Voice of brothers

Voice of brothers 376 波動調整の時代に(後編)

​ 前の同名記事 (前回の続き) ★霊化の潮流に乗る方法 また、今世の中に現れている、悪化してゆくかに見えるあらゆる状況の変化は、どの星も通る進化創造のプロセスだから、本質的にはなんの問題も無...
スポンサーリンク
Voice of brothers

Voice of brothers 375 波動調整の時代に(中編)

​ 前の同名記事 (前回の続き) ★波動調整の必要性 それでたとえば将来、きみたちの霊化した肉体が円盤に乗り込むときには、円盤内の神聖な波動(機長の心波を通して円盤内に浸透している神域の波動)に接して...
Voice of brothers

Voice of brothers 374 波動調整の時代に(前編)

★新しい時代の波動圏になじむための波動調整 肉体はそのままこの世(そこ)にありながら、すでに意識自体は汽水域を通り過ぎて、いのちの大海原への航海を始めた人も、そうじゃなく、肉体も意識もまだ汽水域のなかにある人も、物質偏重の旧文明と根本的に...
Voice of brothers

Voice of brothers 373 意識の扱いに困ったときに紐解く話 (4/4)

​ 前の同名記事 (前回の続き) ★水のような心で生きよう なんにしても、自分の心がコリコリに固形化していなければ、相手がどんなに澱んだドロドロな水(想念言行)をこちらに流し込んできて...
Voice of brothers

Voice of brothers 372 意識の扱いに困ったときに紐解く話 (3/4)

​ 前の同名記事 (前回の続き) ★すべては内なる宇宙の現れだった "のれんに腕押し"って言葉があるでしょ。 それと同じように、きみの意識波動圏が大きくなれば、きみが相手の喜ぶ反応をしな...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!