神性復興

Sponsored link
神性復興

運について(後編)

(前回の続き) 天命運を生きるために ただしここで、ひとつの制約があります。 といっても、悪い意味での制約ではありません。 それは、本人の神性に根ざした天命運から外れた運命は画き得ないということです。 極端な例を申しま...
神性復興

運について(中編)

(前回の続き) 運命を開くために知るべきこと まず第一に知るべきことは、人生というものがこの世だけのものではなく、あの世の各階層とこの世の間を行ったり来たりしながら、各人が小生命である自己の意識を磨き高め上げながら、大生命の根源に還元し...
神性復興

運について(前編)

運命の種々相と善人の生き方 世の中には、一見して理不尽に思えるような境遇に生きている方がたくさんいらっしゃいます。 いろいろある理不尽と見える境遇のなかでも、生まれながらにして心身に障害を抱えて生まれてくる方の存在などはその代表格で...
神性復興

愛と次元上昇(後編)

(前回の続き) エゴやカルマの類を浄め去ろう そのような想いを未だ自分自身と勘違いしている場合に、前述のような、善良でありながら幸福ならざる運命環境が表れている(本質的にはみずからが表している)のです。 そうした場合には、みず...
神性復興

愛と次元上昇(中編)

(前回の続き) 悪人やずる賢い人々の栄える時代は終わった これまでの地球世界は、悪人と呼ばれる人やずる賢い人々が栄華を誇り、生命に素直な善人が後塵を拝して、生きづらい時代でありました。 しかし、そのような時代はすでに終焉の刻を迎え...
神性復興

愛と次元上昇(前編)

愛と意識の種々相 真愛に生きるケース 地球世界の真の平和を願って生きる人々は、誰もが皆、自分自身が愛深くあるよう、みずからを慎み深く導きながら、その人なりの愛をそれぞれに表現しながら生きておられます。 そして、表現されるその愛が、...
神性復興

真実の生命観(後編)

(前回の続き) 生まれてきた目的を思い出し果たそう これまでの話をまとめますと、真実の生命観を基本認識として生きさえすれば、過去にどんな想念所行をしてきた人であろうとも、必ず意識進化の道を過ちなく進み、真実の自己完成(神性開眼(かいげん...
神性復興

真実の生命観(中編)

(前回の続き) 人間観と神観の種々相 ここで、真実の生命観を自己のものとするために、まずは、それぞれ別なものと見なされ、一体と見なされていない人間観と神観を、角度を変えて少しだけ掘り下げ、観てまいりましょう。 人間観に関していえば...
神性復興

真実の生命観(前編)

人間観、神観、生命観について想いを致す 「人間とは如何なるものか」を説く人間観も、「神とは如何なるものか」を説く神観も、どちらもそれらが真実の内容を示すものならば、究極的には、すべてが真実の生命観のなかで相和して溶け合い、統(す)べられて...
神性復興

神性の時代に入った人類の生き方(後編)

(前回の続き) 神性時代の一過的現象のなかで 地球はすでに神性の時代に入っています。 表面的に見れば、今まで経験したことのない大地震や津波、集中豪雨等に突如見舞われたり、日々のニュースをとおして見れば、政治家やその他の有名人、企業...
Sponsored link