2017-12

告知

お知らせ

いつもご覧いただき、有り難うございます。当サイト管理人は、英語圏向けサイトの作成に注力するため、こちらのサイトの更新をしばらくの間お休みいたします。それらの作業が落ち着いてきましたら、また更新を始める予定です。その際には、今後の更新頻度としては、数週間に一度か数か月に一度くらいの間隔で行う予定でおります。現段階までの人間が意識...
Voice of brothers

Voice of brothers 189 真理の基本的学び方のおさらい(後編)

(前回の続き)習慣性の想いからすれば、そういうときには何か他のせいにして、自分を正当化したいとこだと思うけど、結局のところは、他の誰のせいでもありゃしないんだよ。苦しみというのは全部、自分がいのちの光を発揮し切れてないことによる生きづらさであって、その原因はみんな自分がこしらえたものなんだよ。言葉を変えれば、自分が真理を表し切れないでいる状態...
Voice of brothers

Voice of brothers 188 真理の基本的学び方のおさらい(前編)

小さな子どもが言葉を覚える過程のように、真理を自分の心身に身に付けるには、『真理の言葉をなぞって生きる』、『真理の言葉を真似して生きる』、『中から湧きあがる真理を生きる』のように、段階を経て自分の身に修めてゆくといいんだよ。子どもを育てた人ならわかると思うけど、子どもには要領の良し悪しの違いはあっても、みんなが未知のことを吸収して身に付けてゆく能力を...
Sponsored link
Voice of brothers

Voice of brothers 187 本当の真実 ~ すべての人が神そのもの

真実(ほんとう)の事実を伝えるよ。それは、人間が本来、誰も彼もみんな神そのものであって、神じゃない人間なんて存在していないということだよ。それがそうじゃないように見えるようになってしまったのは、生命の経綸がわからず、目の前の表れだけがすべてのように思い違いをしているからで、生命の経綸がわかって、永遠の眼をもって自他の所業を読み解くことができれ...
Voice of brothers

Voice of brothers 186 他者を鏡にして心の身だしなみを調える方法

★他人は自分の内面を映し出して見せてくれる存在 人を信じることは、自分を信じることでね。この二つはイコールでむすばれてるんだ。だからホントのことを言えば、他人を信じた自分を信じていなければ、本当は他者をも、心の底からは信じていないといえるんだよ。誰かに感じる想いというのは、いつでも自分を映し出して見たうえで、ああだこうだと思っている...
Voice of brothers

Voice of brothers 185 言霊に観る言葉の真義と真理に基づいた意識の活用(後編)

(前回の続き) ★身体を持った存在として共に働ける日のために 暗い想い、ネガティブな想いというのは、カルマが肉体と幽体に付随して残ってるかぎりは、現われる前に消し浄めなければ、何をどうしたって、時と場と縁がそろった日時分秒瞬間に現れ出て消えてゆこうとするものなんだよ。だから、そういう闇(病み)の方向にばかり意識の角度を向けていないで、「ありがたい...
Voice of brothers

Voice of brothers 184 言霊に観る言葉の真義と真理に基づいた意識の活用(中編)

(前回の続き) ★真理に基づいた意識の活用 例えば、「ああ、空気が吸えて、呼吸が出来て、ホントに有り難いなあ」「空気さん、有り難う。肉体さん、有り難う。いのちさん、有り難う」って思って生きていれば、深い呼吸が自然に身に付くことになるんだよ。なぜなら、「ああ、呼吸が出来るということは、なんて畏(かしこ)くももったいなきことだろう」って感嘆しながら一...
Sponsored link