2016-04

ショートメッセージ

いのちのメッセージ77 ~ 天象と竜神

風と竜神  それがそよ風であれ、強風であれ、すべての風は全生物にとって、なくてはならない浄めの働き。怒り・恨み・妬み・憎しみ・不安恐怖・劣等感・自己限定・思い通りにならない想念のもだえ・その他諸々の悩み‥‥‥。神域に届かず、この世を含む三界(肉体界・幽界・霊界)を汚染するすべての想念は、風が剥がして、天に還元してくださっている。  風の動きをよくよく...
神性復興

自在心を復活させるとき

意識進化とは 意識進化とは、生命本来の自由自在性を思い出した心境になること、即ち自在心を表面意識に復活させることであります。 過去世を含むすべての生命遍歴にあって、みずからが発してきた《いのちの光》にもとる想念とその習性・性癖からなる、あらゆる障礙を、結果として現れぬうちに浄め、また現れた場合でも、その結果をつかんで善悪評価することなく、「これで消え...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ76 ~ 無限なる可能性を実現するために

やりたいことを実現する人生を  「わが人生、ひとかけらの悔いもなし」と、いついかなる時にでも言える生き方をしよう。  何かをやりたいと思ったときには、後になって後悔しないかを自問しよう。後悔しないだろうと想像できるならやる必要はないし、後になって、「たら・れば」をきっと言うだろうと想像できるなら、やりたいと思うことは、何ごとにも気兼ねすることなく、ま...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ75 ~ 言葉、言霊の次元の奥行き

《げん》の言霊における次元の奥行き  言・源・玄・元 ~ これらの言葉は、<いのちの光>の世界にあるすべての現象の根源波動、創造エネルギーのさまを顕した言葉である。  原 ~ 原は、源のエネルギーである《言・源・玄・元》の波動を用いて、想念が何らかの現実創造を行ったさまをいう。この世には、原因無き結果は生じない。その因にあたる波動。 ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ74 ~ ​有る=無い、内=在る 他

有る=無い、内=在る  起き観れば 有るは無きなり 内に在り 色即是空 この世の様は  有幻の この世の奥に 在る世界 在りて在るもの 空即是色  想念がつくり出した消え去りゆく色と、いのちの光の世界で永劫に輝く、褪せることなき色の違いがわかるためには、有ると在るの違いを、直覚的に識別出来る審神力が必須である。  有ると在...
Voice of brothers

Voice of brothers 7 死生観のアセンション

★死は怖くない 地球のひとたちは、《死》ということが最大の恐怖になってるよね。 地球のみんなが意識進化を果たして、真実(ほんとう)にアセンションした境地になると、死ぬこと、肉体を離れることが、まったく怖くなくなって、ただ着ていた重いコートやジャンパーを脱ぐだけだってことが、当たり前のようにわかるときが来るんだよ。 地球上でもすでに、この宇宙標準...
Voice of brothers

Voice of brothers 6 自信から自神へのアセンション

自信について ★地球のひとたちが使う言葉に、「自信がある」とか、「自信がない」とかいうのがあるね。 自信ということに関しては、何かに対して、それが出来るという意味で使ったり、それに関して能力があるという意味で使われることが多いけど、“半分以上の地球のひとは、未だ宇宙標準の《自信》を知らないで生きている”ということを、ここに明言しておくよ。 ★そ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ73 ~ 呼吸のこと、喜楽の次元上昇 他

呼吸のこと  浅い呼吸は万病の元。浅い呼吸を無意識的に継続することは、ゆるやかな自殺行為に等しい。(運動や作業中等を除く)  いつもの呼吸を深くすることが何よりも大事。究極的には、無意識に行っている呼吸が深呼吸になっていればベスト。時々思い立って深呼吸をしたところで、単なる健康法でしかなく、焼け石に水である。  精神が不安定なときや緊張している...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ72 ~ アセンションはすでに始まっている 他

アセンションはすでに始まっている  アセンション(次元上昇)とは、“ある日突然に皆が一斉にそうなる”という類の話ではない。地球の次元上昇は、20世紀後半からもうすでに始まっており、人それぞれの意識進化の程度の違いによって、それを実感するのに時間差が生じているというのが実際のあり方である。  アセンション次元上昇とは、それを信じ受け入れる人にのみ生じる...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ71~ 無限なるすべての発露③

無限なるすべての発露  誰ものなかに内在する無限の自信を思い出し、自覚して生きるためには、自己存在の根源エネルギーである<いのちの光>に、常時深呼吸をもってシッカリとつながることである。単なる想念体としての《想いのみ》を自己として認識していたのでは、何もの何ごとにも動じない程に強い自信を認識することは出来ない。一片の不信もなく、真に自分を信じて...
神性復興

反省と改めについて

間違えやすい反省と改めの仕方について 自分の来し方を省みたときに、間違っていた方向に向かっていると気づいたときに反省をして、正しいと信じた道を歩き直すことがあります。 その行動自体には何の問題もないのですが、時に人は心の足に、後悔という名の鉛の重しを鉄の鎖でくくり付けながら、それとは気づかずに前へ進もうとしていることがあります。 それは、気づき...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ70 ~ 真心

真心を込めて生きる  真心を込めて生きる。それだけでよい。  真心を込めて為された仕事は、それが社会的地位の低い仕事であっても、世の中を輝かせる一助となって、地球の完成に寄与している。  どんなに権力や地位があっても、その想いに真心薄く、自己顕示欲や権勢欲にまみれている場合には、大きな働きを為すせっかくの立場を台無しにして、社会に不調和な波紋を...
Sponsored link