2017-11

Voice of brothers

Voice of brothers 176 終わりなき旅の始まりに

★意識進化は終わりのない旅 いいかい?よーく聞いて意識進化の道には終わりがないこれ以上立派にならなくていいという行き止まりがないんだよ本当の人間というのはどこまでも立派になれるいつまで生きても向上心が尽きることがない諦めなければ未来に背を向けなければ可能...
Voice of brothers

Voice of brothers 175 心の花を咲かそう 〜 地上に点在する眠れる神魂に捧ぐ

★神性という名の心の花について 人間に内在する神性というのは、『心の花』に例えられるね。それで、この心の花というのは、咲くと信じれば咲くし、咲かないと思えば咲かない花なんだよ。なんでか判るかい?「花に例えるのなら、時期が来れば自然に咲くのが普通なんじゃないの?」って思う人の疑問に答えて言うと、地球の現象界に咲く花が自然に咲く理由は、...
Voice of brothers

Voice of brothers 174 神域の視座を身に修めるために (9)

(前回の続き) ★全地球人類に神域の視座がよみがえる日のために 例えばひとつのコンサートを成功させるためには、観客の知らない何百人ものスタッフが縁の力持ちとして、コンサートの開催前から開催後までかかわって働いているでしょ。規模によっては、千人規模のスタッフが会場の設営に携わって、前後何日も掛けて準備や後片づけに従事してるよね。みんながコン...
Sponsored link
Voice of brothers

Voice of brothers 173 神域の視座を身に修めるために (8)

(前回の続き) ★きみたちは今神域の視座をダウンロードしている 現在のきみたちが、表面意識でまったくその記憶を思い出せないでいるとしても、きみたちは遠い昔に金星の天地に住んでいたことは確かな事実なんだよ。そうじゃなければ、何かの縁でこのウェブサイトを訪れても、「なーに眠たいこと言ってんだ」なんて思っちゃって、すぐにブラウザのタブを閉じるか、他のサ...
Voice of brothers

Voice of brothers 172 神域の視座を身に修めるために (7)

(前回の続き) ★神域の視座とは無私の心に観える世界 地上の肉体にありながら神域の視座をもって世界を見渡すことができている人は、誰も彼もみんな、私心のない神意識を自己のものとして運用できている人だといえるね。そのような人の想念言動行為がどのようなものかというと、口に表す前の想いは神性そのものの想念で、語り書き表す言葉は神性そのものの言葉で、行い表...
Voice of brothers

Voice of brothers 171 神域の視座を身に修めるために (6)

(前回の続き) ★神性認識を運用する第二段階 それで神性認識を運用する第二段階として目指すとこは、自分の意識を真理そのもの、宇宙そのものにまで拡大して、一切の私心を無限の拡がりのなかに溶かし広げてしまうことだよ。人間というものは、「自分が、自分の、自分で、自分を」という自我意識が強ければ強いほど、心が全体から離れてゆくし、そのことによって対立する...
Voice of brothers

Voice of brothers 170 神域の視座を身に修めるために (5)

(前回の続き) 神性認識を運用する第一段階 さっき話した瞑想による内観は、一人でゆっくり自分と向き合える時間と環境のなかで行うものだけど、現代社会のなかで働きながら生きてるほとんどの人は、そんな時間はたくさん持てないし、みんながみんな瞑想ばかりしていたら社会が成り立たないね。そこで今度は、日常生活のなかでできること、仕事をしていたり、家族と過ごし...
Sponsored link