エッセー

エッセー

夏の記憶

★歴史に埋もれた声なき記憶 8月9日は73年前、長崎に原爆が投下された日だった。夏が来るたびに思い出すことは、戦争を知らない世代の私が戦争を体験したある夏の日の長崎の地における記憶だ。約30年前の蒸し暑い夏の日、私は同僚の実家へ泊まりに行き、そこのご家族と一緒に長崎原爆資料館へ来ていた。そして、様々な展示物を見学しているうちに、私の...
エッセー

希望のミライ(後編)

 前の同名記事(前回の続き) 幽界が表面化した時代のなかで このような世界では、意識進化を志向して生きているか、または、その段階を超えて神性意識を生きているかの場合を除き、昨日の常識を今日の常識として生きる多くの人々の心にあっては、浮かび来る感情想念の抑制が次第にきかなくなってゆかざるを得ない。肉体人間からすれば幽...
エッセー

希望のミライ(中編)

 前の同名記事(前回の続き) 見えない導きの実例 それに関する実例をひとつ挙げよう。ある地方に住む二人の子を持つ女性(ここでは母親と呼ぶ)が、定期検診で癌の早期発見をして病院に入院し、切除手術を受けることになった。十日間ほどで退院できると医者からは言われていたため、夫と子どもたちには、「入院してる間不便をかけるけど...
Sponsored link
エッセー

希望のミライ(前編)

未来のミライ 数日前の自宅でのこと、『未来のミライ』という映画を見に行こうと思い立ち、スマホで映画館の予約しようとしたときに、映画名を思い出せずしばし考えたあと、フッと私の脳裏に浮かんだのは『希望のキボウ』という言葉だった。その後、すぐに間違えに気付き、「違う違う、『未来のミライ』だ」と思い直し、心の中で苦笑したあとで、「今の私には"未来"は"希望...
エッセー

幸せの青い鳥

幸せの在処 ベルギーのメーテルリンクという方が書いた『青い鳥』の話は、人間が意識進化するうえでの大切な方向性を示唆している。その内容を簡単に表現すると、「"見つけ出して手に入れれば幸せになることが出来る"とされている"青い鳥"を探しに、チルチルとミチルが色々なところへ冒険に出掛けるのだが、青い鳥だと思って連れ出した鳥の色が他の色に変色してしまったり...
エッセー

気づきを心身の外に見いだすことについて

自分自身を褒め称えよう 誰かの素晴らしい話を聞いたり、読んだりしたときに、その話した人、書いた人を讃美する人は多いが、その内容に共感もしくはインスパイアされて新たな視界を切り拓いた自分自身を褒め称える人は少ない。その話なり文章に出逢い、共感したりインスパイアされた体験を経て自分自身を高めることができた原因は、究極的には自分自身のおかげなのである。 ...
エッセー

主権在命(後編)

(前回の続き) 主権在命 また、そのような自立した精神性を養うためには、自己の心内に、宇宙の真理に則した生命観を確立していなければならない。なぜなら正しい生命観のない人には、国家を善導する叡智が生命の深奥から湧出して来ないからである。私たち人類の命の在処(ありか)は本来、単なる物質的肉体にあるのではなく、生命光としての意識体にある。この生命光が肉...
Sponsored link