感情

ショートメッセージ

いのちのメッセージ 168 真の自由と幸福のアセンション意識を求める人へ

 あらゆる固定観念を手放し、自由な心になること。 何もの何ごとにも執着せず、ただ有りのままを感じ、在るがままを生きること。 それが幸福な人生への道しるべだ。  自由とは何かを、自身に問いかけ、よくよく想い観よ。 あなたの自由への認識は、固定観念に蝕まれていないか? 一つだけはっきりとしていることは、今の貴方が"平常心是道"の心境...
Voice of brothers

Voice of brothers 407 祈り方について(前編)

★火に油を注ぎながら水をかけるような祈り方を卒業しよう 今日は祈り方に関して、改めて話しておきたいことがあってコンタクトした。 どういうことかというと、きみたちの日常を観ていて、祈りと念力を混同してしまってる場合があるということだよ。 祈りというのを、自分に都合いい状態を引き寄せる道具だと勘違いしているケースがあるんだね。 そのような意識...
Voice of brothers

Voice of brothers 404 この世と連動したあの世の平和も同時に実現するために(2/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★あの世とこの世は密接に影響を及ぼし合っている 彼らはみずからの思い込みがあまりにも深いがために、守護の神霊が明るい世界に引き上げるために何度引っ張り上げても、みずからの意思でそのたびにまた、逃げるように苦界へ飛び込んで逆戻りしてゆく。 それで、その響きが子孫であるきみたちの運命にも悪影響を及ぼしている...
Sponsored link
Voice of brothers

Voice of brothers 397 精神病の真因と真の解決法が確立するまでの対処法(前編)

★精神病の原因 今地球上ではたくさんの人が、自分の心をコントロールできなくて苦しんでいる。 苦しいという自覚もなく、感情想念の赴くままに動いてるだけの人もいるけれど、自分の心なのに自分で制御できないことを自覚していて、なんとかしたいけどなんとも出来ないでいる人までも含めたら、自分をコントロールできない人の数は、地球全体で億を越えているんだよ。 ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ162 行動なくして変化なし

 行動なくして変化なし。 行動なくして健康なし。 行動なくして供給なし。 行動なくして幸福なし。 行動なくして調和なし。 行動なくして平和なし。 行動なくして進化なし。 想いを実現するためには行動が不可欠であるが、その心の足の踏みしめる大地が何処の次元にあるかによって、行動を通して起こした変化が自他を生かしもし、殺し...
Voice of brothers

Voice of brothers 385 個人の幸せと地球の進化(前編)

★幸不幸を分ける原因 「今幸せじゃないからこれから幸せになりたい」と思ってる人ほど、生命の真実を貪欲に学び知るといいね。 そうすれば、幸不幸を分けている原因が、自分自身の"今"の想いの使い方あることがわかって、自分の想念習慣を変えて、真実の幸福を掴み取るに至るからね。 どうして生命の真実を学び知ると、幸不幸を分けている原因が自分自身の"今"の想...
Voice of brothers

Voice of brothers 380 意識の意識的な運用の重要性について

★先ずは生命運用の中級クラスを目指そう 一般的な人間というのは、ある程度の年齢になったなら、他人の言動行為に感情が左右されるような生命運用初級クラス(境地)を卒業して、自分自身が他人の言動行為に対して何を思っているかを冷静な心でつぶさに観察できる生命運用中級クラス(心境)に進級できるように、常日頃の意識の用い方を意識的に運用することだよ。 多くの人が...
Voice of brothers

Voice of brothers 373 意識の扱いに困ったときに紐解く話 (4/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★水のような心で生きよう なんにしても、自分の心がコリコリに固形化していなければ、相手がどんなに澱んだドロドロな水(想念言行)をこちらに流し込んできても、清流の心で自由に流すことが出来るし、逆に、接する相手がどんなに固形化した精神状態にあったって、こちらの心がサラサラ流れる水の心でいれ...
Voice of brothers

Voice of brothers 372 意識の扱いに困ったときに紐解く話 (3/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★すべては内なる宇宙の現れだった "のれんに腕押し"って言葉があるでしょ。 それと同じように、きみの意識波動圏が大きくなれば、きみが相手の喜ぶ反応をしなくなるものだから、相手にとってきみは当たり散らし甲斐のない人となって、相手も次第に想いの排泄物をきみに投げつけて来なくなるんだよ。 ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 160 生命の真実を生きる

 人間を物(物体、物質)だと思って(考え)生きてきた人は、一刻も早く人間の本質や命の真実を探究し明らかにしなければならない。 人間の本質、命の真実とは何か?それは、表面的には心・意識・精神と呼ばれる形なき存在であり、それを命とも呼ぶ。その命を次元の奥行きへと遡って観てゆくと、幽魂であり、霊であり、さらに奥まで遡れば、神とも仏とも呼ばれる宇宙の全智全能性...
Voice of brothers

Voice of brothers 364 神域の波動に心身を慣らすために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★表面化した闇を外に観ず心内に観て昇華しよう それで宇宙世界にあるすべての天地は、極小の精神と物質から極大の精神と物質まで、すべては波動でできていて、それが新陳代謝を繰り返しつつ、進化創造しながら調和性や親和性を高め極めてゆくように設計されているんだよ。 長ーい目で見れなければピンと来ない話かも...
Voice of brothers

Voice of brothers 363 神域の波動に心身を慣らすために(前編)

★ネガティブな言葉を死語にするために 「殺す(殺してやる、殺したい)」という意味の言葉を、生まれてこの方、みずからの意思を込めた言葉として使ったことのないきみにはピンと来ない話かも知れないけど、地球人のうち半数以上の人は、多かれ少なかれみずからの人生の中で、この言葉と同じ意味を持つ種々の言葉を、他人に対する軽い気持ちで発しては、結果として後々の自分の運命を...
Voice of brothers

Voice of brothers 359 残り4ヶ月を乗り切ろう 〜 現代版のノアの方舟に乗って生きとし生けるものと大自然すべてを救済するために(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★自然界と人類にいのちの光を配ろう これまでの数十年間も激動期だったけど、ここ数年の間に、地球はそれ以上の激変期にすでに入り込んでいるんだよ。 今般(さいきん)になってその事実が、ようやくどんな鈍感な人にも感じられるときが来たんだ。 それで、「何か尋常ではないことが起こっている」と気が付い...
Voice of brothers

Voice of brothers 358 残り4ヶ月を乗り切ろう 〜 現代版のノアの方舟に乗って生きとし生けるものと大自然すべてを救済するために(前編)

★現代版ノアの方舟となる意識を生きよう 世の中がどんなふうに変わっていっても、『そのたんびに衣替えする必要のない常識や当然認識』、『流行り廃(すた)りや虚栄心なんかとは無縁なとこにある宇宙の真理や法則』。 そのような、【どんな時代にあっても通用する価値観】をこそ、きみ自身の認識の根底に据えて生きるといいね。 なぜならその真理に根ざした価値観(何...

最後の混乱期を乗り超えるために

今この時期に最適な過去記事をありましたので、タイトルを変え、一部文言を修正して再録します。 日本よ 日本人よ 各国人が自国や他国に対し 如何(いか)なる振る舞いを為そうとも その二元対立の行為(なみ)に巻き込まれるなかれ 貴方がたの魂奥(たまぞこ)には 神世の代から連綿と引き継いできた 神性にもとづく...
Voice of brothers

Voice of brothers 354 神性の復活を自覚するために

★次元に把われず内包した全次元を俯瞰しよう 地球肉体人間の意識が、今よりもっと把われを解き放って、無礙自在心の境地に到達するまでは、あの世(多次元世界)のことは見聞しないほうがいいね。 というのは、肉体こそが自分だと信じ込んでる人は、高次元世界を見ても低次元世界を見ても、良きにつけ悪しきにつけ、見聞したことで意識の足が地に着かなくなって、肉体生活がお...
Voice of brothers

Voice of brothers 345 アセンションを諦めない秘訣(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★不幸の原因は幽体と肉体に付随した誤てる認識にある それともう一つ、彼らが共通して持っている特質は、何ごとにもネチネチと執着してないところだ。 たとえば、「意識進化しよう!」と発心を起こしたとする。 そこんとこまでは、ネガティブな習慣性を持つ人も、ポジティブな習慣性を持つ人...
Voice of brothers

Voice of brothers 344 アセンションを諦めない秘訣(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★思い通りの現実を生きている事実を認めるために みずからの全体像を俯瞰して観た場合には、人は誰でも例外なく、自分が思った通りの自分になってるものなんだよ。 それがたとえ表面意識で望まない状態だとしてもね。 というのは、『自分の認識が自身の世界を創っている』からなんだ。 ここは大切なと...
Voice of brothers

Voice of brothers 343 アセンションを諦めない秘訣(前編)

★アセンション(意識進化)への取り組み方の違い 今までの話を振り返ってみれば、人類にとっての『アセンション(次元上昇)』というのが、『意識進化』と同義語だということがわかるでしょ。 それを踏まえたうえで、地球人類の心の世界を見渡してごらん。 大きく分けて観れば、前向きな気持ちを諦めないで日々の精進をつづけている人と、ちょっとやって簡単に諦めたり...
Voice of brothers

Voice of brothers 339 祖霊がたと肉体心(前編)

★先祖あってこその命 お盆の時期だからというわけじゃあないけど、今日はきみたちの先祖や過去世にあたる祖霊がたと、きみたちとの関係性についての話をしようね。 きみも知ってのとおり、先祖があるからこそ、今のきみたちがあるのでしょ。 もしも先祖がいなかったらきみたちはなく、今の地球に人類も残ってないことになるけれど、実際にはそうじゃないもんね。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 323 俯瞰意識と第一直観(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★事実をただ事実として観る俯瞰意識 こういう言葉を聞いたことはあるかい? 「怒ると叱るは別ものだ」 「心臓をバクバクさせずに人を叱れる人になれ」 その心は、怒るというのは、肉体性の感情想念に張り付いた立ち位置で想いを発してることで、叱るというのは、感情想念に把われない真理の意識視野に...
Voice of brothers

Voice of brothers 322 俯瞰意識と第一直観(前編)

★人間関係の苦悩について ★苦悩の第一要因 きみたちの世界を広く見渡すと、数ある苦悩のなかで人間関係への悩みこそが、一番多くのウエイトを占めているね。 なぜそうなってるかというと、生命の真理を忘れた自己中心認識こそが自分自身の意識だと思い込んで疑問視することもなく、惰性的に想いを垂れ流してるからだよ。 目や耳で様々な現実を認識するときに、本当...
Voice of brothers

Voice of brothers 321 責任転嫁を卒業した意識を生きるために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★自分自身との関係性を調和させよう 話がここまで来たなら、これまでに話してきたすべての点が線でつながって、線と線が組み合わさった立体像が観えてきたでしょ。 そうだよ。 みんな、自分をないがしろにしておきながら、表面上だけ他人を尊重しようとしたり、自分を守ろうとした結果として、心のバ...
エッセー

希望のミライ(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) 幽界が表面化した時代のなかで このような世界では、意識進化を志向して生きているか、または、その段階を超えて神性意識を生きているかの場合を除き、昨日の常識を今日の常識として生きる多くの人々の心にあっては、浮かび来る感情想念の抑制が次第にきかなくなってゆかざるを得ない。 肉体人間からすれば幽...
エッセー

希望のミライ(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) 見えない導きの実例 それに関する実例をひとつ挙げよう。 ある地方に住む二人の子を持つ女性(ここでは母親と呼ぶ)が、定期検診で癌の早期発見をして病院に入院し、切除手術を受けることになった。 十日間ほどで退院できると医者からは言われていたため、夫と子どもたちには、「入院してる間不便をかけるけど...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 153 意識進化を推進するために

真理の境界に至るために  人は感情想念に張り付いているかぎり、宇宙の真理を共有したワンネス意識に住み得ない。 真理を真理としてみんなと共有し合えない場合は、思い込みの鉄牢の小さな窓から世界を見ていることに気付くところから始めるとよい。。  痛みも悲しみも苦しみも、すべては生命の本質を思い出すに至るプロセスだった。  神性意識に根ざして生き...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 152 ワンネスの認識に至るために

発想のあり方を根源的に見つめ直す  大切なことは、発想の原点を何処に置くかということと、その発想があらゆる次元を貫いて、全方向通信の発信であるかどうか。  発想の原点の在処が肉体界もしくは幽界にあるとき、人は二元対立ゆえの苦悩から逃れ得ない。  人が意識を用いて何かの対象について思うとき、その想いが全方向通信の発想(発信想念)である場合には、発...
Voice of brothers

Voice of brothers 309 三次元の旅路の終盤に際して(前編)

★突発的事態における心の対処法 旧文明の歴史が終わろうとする間際には、古い想念習慣を本来の神性意識に移行させるために、人によっては、スクラップ&ビルド(大浄化)の過酷な運命を、ハイアーセルフが肉体に経験させることがある。 それは、どうしても体験を通さなければ消し浄められないカルマがあるからなんだけど、それでさえも本当のことを言えば、本来現れるべき運命...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 149 認識力 〜 幸不幸を分かつ精神エネルギー

 幸せは陽気な心に降り注ぐ太陽であるから、希望に満ちた明るい意志で心を満たせば、誰もがその光に浴することが出来る。  想念習慣が楽観的な人は、どんな境遇の中からでも希望を見いだすことが出来るし、どんな人間関係のなかにあっても幸せをつかみ取ることが出来る。 それは、楽観的思考が神性と同調するため、希望の光が降り注いで、喜びや楽しさが自然と成長する原...
Voice of brothers

Voice of brothers 259 意思表明をとおした運命創造の学びについて (5/5)

 前の同名記事 (前回の続き) ★神性に根ざした大義を常に持って生きよう それで、どんな場面においても大切なことは、調和に至る大義を自分が見失わないことだよ。 今回の話のなかでは、ここが一番最重要なポイントなんだ。 それが人間間で見失われたとき、そこに感情と感情の摩擦やぶつかり合いが生じているから...
Voice of brothers

Voice of brothers 258 意思表明をとおした運命創造の学びについて (4/5)

 前の同名記事 (前回の続き) ★自己の行動によって生ずる摩擦を恐れない勇気を持とう それで、どんな場面のどのような事象にも言えることだけど、周囲の人との様々な感情想念の摩擦や対立を恐れていては何ごともなし得ない、ということを肝に銘じる必要がある。 やがて誰もの心が神性を思い出して、調和裡のうちにすべてがスムー...
Voice of brothers

Voice of brothers 257 意思表明をとおした運命創造の学びについて (3/5)

 前の同名記事 (前回の続き) ★配慮の要不要に関する様々な事例 配慮が必要なときというのは、自分が「こうしたい」、「こうあればよい」と思う理想が、明らかに自他に不調和をもたらす時だよ。 例えば、極端な例を挙げれば、「口うるさくてウザったいから、親を無きものにしたい」だなんていう、自分勝手な想いに起因している場合などだ...
Voice of brothers

Voice of brothers 255 意思表明をとおした運命創造の学びについて (1/5)

★意識による運命創造を具体的に行う 〜 レベルの如何に関わらず必要な意識の学び それぞれの天地で人々が生きてゆくにあたっては、誰かが何かを言ったり行(おこな)ったりしたことによって、不調和な現象が拡大したり、逆に不調和な様相のなかに調和した波動が広がってゆくようなことがあるね。 それで、神性が人々に思い出されていない世界では、余計なことを言ったり行っ...
Voice of brothers

Voice of brothers 251 地球世界の完成期に際して 〜 意識進化と神秘力 (3/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★すべてに神性を見いだせる人になってほしい だからいつも言うように、みずからの本質が神性であることを信じて、自己の内に内在する生命の本質を発揮して生きることがいいんだ。 自分を本当に神性の者だと認められた人は、自然に他の人の本質も神性だって認めることが出来るようになるからね。 自己...
Voice of brothers

Voice of brothers 249 地球世界の完成期に際して 〜 意識進化と神秘力 (1/4)

★きみたちこそが地球界救済の主役 ぼくたちの話に興味を持ってくれる人たちのほとんどは、現時点で邪な想いに惹かれることなく神性の開発を志向する人たちばかりだけれど、一部には未だに超越的な力に惹かれる想いを手放し切れない人がいる。 そのようなケースでは、心が自己中心性の認識にとどまっているんだよ。 そういう人は、「いや違う、自分はそんなじゃない。世...
Sponsored link