いのちの光

Voice of brothers

Voice of brothers 441 意識の縦軸と横軸を生命の源で交差させよう(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★存在意義を果たすために その鍵になるのが呼吸なんだ。 いつも話しているように、人は呼吸をとおしていのちの源とつながっている。 呼吸しなくなった肉体を死体、屍というでしょ。 だから、呼吸をしていること、イコール生きていることなんだ。 でも、ただ呼吸をして生きてればそれでいいというもんじ...
Voice of brothers

いのちのメッセージ 169 真我を生きる

 心とは神である。 いのちの光は存在の芯であり、その芯が自己の真であり、真の自己が心であり、心は即ち神である。貴方が自分だと思ってきた自意識は、その神から来る生命エネルギーを誤り用いて、エゴとかしていたカルマの消え去りゆく姿である。  真我を表して生きていないかぎりは、人として成熟した存在になり得ない。 「自分はそれで結構。成熟などしたくはない」と思う...
Voice of brothers

Voice of brothers 439 魂の本懐を思い出して地球での集大成を飾ろう (後編)

 前の同名記事 ★祈りはいのちを開く最善の方法 だから困っている人に対して、本当の意味で他人がしてあげられることは、祈ってあげることしかないんだよ。 「祈りなんかで人が変わるわけがない」だなんて、昔の唯物論者や無神論者みたいなことは言わないでね。 2018年現在の世界ではもうすでに、地球科学でも祈りの有効性や実効性は証明されて...
Sponsored link
Voice of brothers

Voice of brothers 438 魂の本懐を思い出して地球での集大成を飾ろう (中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★個々人の運命と生命の権能 人間には本当にいろいろな生まれ変わりの仕方があって、大きく分類して観ることはできるけど、ひとりひとりのあり方を観れば、誰一人として同じ形態の人はいない。 それでみんな、明日の地球の運命もわからないで生きているでしょ。 わからないということは、一見すると不安要素に思えるか...
Voice of brothers

Voice of brothers 436 真理と自身を一体化しよう

★溢れ出る真理と想念・言動行為を一致させよう 地球がここまで霊化した現代では、本当の真理の響きを、他の指導者やリーダーなどに頼ることなく、ひとりひとりが自身のいのちの根源から受け取ることが出来るようになったね。 で、それはとてもめでたいことなんだけど、真理というのは、それを受け取るだけでは意味がないんだよ。 わかるかな? 表さなきや、自身...
Voice of brothers

Voice of brothers 435 在るがままの神性を発揮するために

★自意識を律することの大切さ なんか、なんでも判ったような気になっちゃって、油断・慢心している人は、天狗さんのように伸びたその"鼻っ柱の重み"によって、自尊心の鼻がへし折れて痛い目に合うときが来るからご用心だよ。 肉体に張り付いた習慣性の想念というのは、ちょっといいことが続いたくらいのことでいい気になったり、勘違いしたりするものね。 だからきみ...
Voice of brothers

Voice of brothers 434 自らと自ずからの統合(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★自ずからを自らとして生きよう そういう天の刻(とき)が近づいてきた今になってもまだ、エゴのおもむくままに他を批判して自らをかばおうしたり、守ろうとしたり、他人を蹴落としてでも相対的にいい立場を占めようとしたりだなんて、あまりにもナンセンスだよね。 そんな自己中心的な想念言行はもう卒業しなくちゃいけない...
Voice of brothers

Voice of brothers 433 自らと自ずからの統合(前編)

★自らと自ずからについて この間、『自らを捨て自ずからとして生きる』という、究極の生き方の話をしたね。 その話でピンと来なかった人がいたみたいだから、今日はその話を角度を変えてもう一度話そう。 とても大事なことだからね。 『自らを捨て自ずからとして生きる』というのを違う言葉で表現すると、『自らと自ずからを統合して生きる』という言い方が出来...
Voice of brothers

Voice of brothers 429 真の智者になるために

★真理と表現の差異を縮めよう いのちの自分と肉体我がピタッと一つになって生きる日が来るまでは、自分の見たこと、聴いたこと、触れたことなどを他人に伝える際に、どうしても事実と表現の間にズレが生じてしまうということがあるでしょ。 それは色に例えて話すとわかりやすいんだけど、生命根源の真理の色がすべての色を統合した白光色としたら、きみたちの心身というフィル...
Voice of brothers

Voice of brothers 428 いのちを生かした生き方をしよう

★命の真実 キリスト教聖書『ルカ伝』のなかに、宇宙の真理に通じる言葉が残されてるね。 「自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう」 これは、ぼくたちの言葉で言えば、「自分が自分だと思っている自分を捨て切ったときに、人は真実の生命意識を得るに至る」ということなんだけど、聖書のなかで語られている"命...
Voice of brothers

Voice of brothers 425 自らを捨てて自ずからとして生きよう

★命の真実 キリスト教聖書『ルカ伝』のなかに、宇宙の真理に通じる言葉が残されてるね。 「自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう」 これは、ぼくたち流に言えば、「自分が自分だと思っている自分を捨て切ったときに、人は真実の生命意識を得るに至る」ということなんだけど、聖書のなかで語られている"命"と...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 168 真の自由と幸福のアセンション意識を求める人へ

 あらゆる固定観念を手放し、自由な心になること。 何もの何ごとにも執着せず、ただ有りのままを感じ、在るがままを生きること。 それが幸福な人生への道しるべだ。  自由とは何かを、自身に問いかけ、よくよく想い観よ。 あなたの自由への認識は、固定観念に蝕まれていないか? 一つだけはっきりとしていることは、今の貴方が"平常心是道"の心境...
Voice of brothers

Voice of brothers 417 永遠の真ん中にある今を生きよう(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★心を輝かせて生きよう それで、いのちの光と自分の間にある隙間を埋めると、人は誰でも、永遠の真ん中にある今を生きることが出来るようになるんだよ。 そして、その意識境界は最勝才智の心境だといえる。 なぜなら、すべての過去の成功体験はもちろん、あらゆる過ちをも活かすことが出来るから、自然と今を活かすこ...
Voice of brothers

Voice of brothers 416 永遠の真ん中にある今を生きよう(前編)

過去も未来もすべてを輝かせる今を生きよう 地球に住んでる肉体性の人たちは通常(ふつう)、世の中の表面に現れた現象ばかりに意識が持ってかれてて、"自分たちが掴んで引っかかってる物事・事柄がそのように現れた元の原因"にまでは気が回らないでいる人が大半でしょ。 だから何ごとに対しても右往左往に右顧左眄したりなんかして、「あーでもない、こーでもない」って思い...
Voice of brothers

いのちのメッセージ 167 内なる世界が投影した事実を認識するために

 己の人生を創造するのに必要な材料も能力も行動力も、すべてが自身の中にある。 しかしながらこれを「無い」と断定する人は、その力を眠らせたままになっているため、それらを活用する能力を発揮する機会に恵まれないでくすぶっているのである。 なんともったいなきこと。 なんと口惜しいこと。  いのちを発揮して生きるのに、なんの遠慮もいらない。 ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 166 超常識と大調和世界

 人生を如何なるものと認識しているか。 それによって人は、幸福を感じもすれば不幸を感じもする。 「人生にはよいときもあれば悪いときもある」 貴方が人生に対してそのように定義しているならば、そう思ったとおりの人生を、これからも生きてゆくだろう。  「人生は善きことのみ、素晴らしきことのみ、感謝せしことのみ。すべては完璧に調い、大調和して...
Voice of brothers

Voice of brothers 408 祈り方について(後編)

(前回の続き) ★天地の橋渡し役のきみたちへ 全体が大調和に至るプロセスというのは、必ずしもすべての人にとって都合のいい状況ではないかも知れない。 ないかも知れないというよりは、むしろ人間智では計り知れないことがほとんどだといえる。 全体を導く大生命智、すなわち、すべての人類が内包する生命根源の叡智というのは、個人の自己都合を優先する肉体人間...
Voice of brothers

Voice of brothers 406 この世と連動したあの世の平和も同時に実現するために(4/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★何よりも大切なこと 〜 明るく前向きな心で生きよう 「いやいや、こっちは自分が救われようと思ってただ必死に生きてるだけなんだから、そんなはずはない」って思う人がいるかも知れないけど、どんなに「自分は未だ迷ってる」と思い込んでたってその一方では、『人々の神性を認めて希望を見失わない生き方を志向...
Voice of brothers

Voice of brothers 400 意識の意識的運用について(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★意識の精妙化こそが物質波動をも霊化させる鍵 それで、今日(こんにち)この時代にすべての地球人が神性を甦らせて、それによって宇宙社会に復帰するということも、実は初めから決まっていたことだったんだよ。 だからみんな、過去世からの生まれ変わり死に変わりの集大成として、今日の善き日を迎えることが出来たんだ。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 399 意識の意識的運用について(前編)

★平等に持つ生命力を如何に使うか 誰も彼もに平等に注がれているいのちの光……。 「いのちの力」、「生命力」っていった方がわかりやすいかな。 その生命力を使って、誰もが心と肉体を動かしている。 それで、そのいのちの力をどう配分して使うか、どのように活用するかについては、それを決める権限、運用する権能は個々の肉体人間個人に委ねられているんだよ...
Voice of brothers

Voice of brothers 397 精神病の真因と真の解決法が確立するまでの対処法(前編)

★精神病の原因 今地球上ではたくさんの人が、自分の心をコントロールできなくて苦しんでいる。 苦しいという自覚もなく、感情想念の赴くままに動いてるだけの人もいるけれど、自分の心なのに自分で制御できないことを自覚していて、なんとかしたいけどなんとも出来ないでいる人までも含めたら、自分をコントロールできない人の数は、地球全体で億を越えているんだよ。 ...

愛の光に帰り来た人へ

愛するとは いのちの炎燃やすこと ゆえに愛は光 光はいのち そしてまた いのちはすべての元素 形あるすべてのすべては 愛の光から発し具現化した その愛を忘れ 愛に背を向け 情念こそが愛と勘違いし 奪い合いの世界を築き来た地球人よ 今こそ本実の心に目覚めよ 内...
Voice of brothers

Voice of brothers 389 心眼のウロコを落とそう(前編)

★二元性の認識を超えよう 「ネガティブな思考習慣をポジティブなものに変えれば、神性意識が甦って幸福な人生を送ることができる」というような言い方をすることがあるでしょ。 それはまったくそのとおりなんだけど、意識進化し切れてない人がこの言葉を見聞きしたときには、根本的な勘違いを犯しがちなんだよ。 それは、ネガティブとポジティブの二つの言葉を、まるで...

愛なる人に朝来たる

時は移ろい変わりゆく 刻々と ただ刻々と 変わらぬ習慣想念に とどまりしもの 置き去りて 吾(われ)が吾がの末世に 止まぬ主張の激化して ことごとく皆 共倒れ 魂(たま)の蘇生を経験す 愛のこころに助けられ 滅びゆくは 人々(ひとひと)ならず 人のこころに 巣くう...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 163 進化向上の在り方 〜 争い競うではなく

 他人ひと)と争うでない。 比較の下(もと)に何かと競う心境は、生命の真理から逸脱している。 みずからを磨くのだ。 自身を深め、高め上げるのだ。 昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分へと。 話のレベルを引き下げてわかりやすく言うなれば、もしも争い競う相手があるとするならば、それは自分自身の甘えとである。 みずからを...
Voice of brothers

Voice of brothers 382 幸せの原理 (2/4)

 前の同名記事 (前回の続き) いのちの力と親和しよう ホントにね、意識進化しようと決心したなら、自分の想念習慣を根本から洗い直して、神性に根ざしたものに上書き保存しなきゃいけない。 まずは体への感謝からね。 「動きつづけてください」ってお願いしなくたって、心臓は動きつづけて血液を循環しつづけてくれているでしょ。 「息を吸...
Voice of brothers

Voice of brothers 381 幸せの原理 (1/4)

★幸せになるために 幸せになるための根本原理は、元々誰もが調和して幸せだったのに、それを忘れた個我想念でもって、「幸せじゃない」と独り決めして悪あがきしてしまってた現状に気が付いて、意識を発する角度と深度(次元)を変えることだよ。 究極の話をすれば、すべてのいのちが元々大調和の波動圏にあった事実を思い出しさえすれば、ただそれだけのことで、人は誰もが本...
Voice of brothers

Voice of brothers 375 波動調整の時代に(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★波動調整の必要性 それでたとえば将来、きみたちの霊化した肉体が円盤に乗り込むときには、円盤内の神聖な波動(機長の心波を通して円盤内に浸透している神域の波動)に接して急速な浄化反応を起こさないよう、波動調整ルームを通って入ってもらうことになるし、他星の天地へ出入りする際にも、やっぱり波動調整をしてから...
Voice of brothers

Voice of brothers 374 波動調整の時代に(前編)

★新しい時代の波動圏になじむための波動調整 肉体はそのままこの世(そこ)にありながら、すでに意識自体は汽水域を通り過ぎて、いのちの大海原への航海を始めた人も、そうじゃなく、肉体も意識もまだ汽水域のなかにある人も、物質偏重の旧文明と根本的にそれとは発想の次元が異なる神霊文明が重なり合っている現代にあっては、みんなが今、精妙な波動圏の世界になじむための波動調整...
Voice of brothers

Voice of brothers 370 意識の扱いに困ったときに紐解く話 (1/4)

★生命の本体に想いを馳せよう 「イヤだなぁ」って思える他人の言動行為に想いが左右されてしまって、「嗚呼、自分はダメだなぁ。こんなことじゃいけないいけない。でもどうしたら……」って、想いの扱いに困ってしまって、立ち止まっちゃうようなことがあるでしょ。 今日はそんなときに役立つ、とっておきの意識の用い方について話そう。 そういうときには、自分の...
Voice of brothers

Voice of brothers 369 創造進化のプロセスのなかで(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★病気に対する意識の用い方 それで、そうした想いの用い方は病気の治癒なんかにも有効なんだよ。 こうすればこうなるというプラスのイメージを絶えず想い画きつづけて、疑いや不安の想いを打ち消しつづけてゆけば、未来の体調はやがて健康そのものになってゆくからね。 例えば自分が糖尿病なんかの病気にかか...
Voice of brothers

Voice of brothers 367 地球界の甦りを促進する力

★甦りは更生すること 『甦る』という漢字は、更に生きると書いて『よみがえる』と読むでしょ。 辞書を見ると、『立ち直ること。好ましくない精神状態や生活態度から、かつての健康で豊かな心身状態に戻ること』とあるね。 ということは、甦るというのは読んで字のごとく『更生する』ということで、心を入れ替えて神性の意識で生きる選択をすることを、『いのちの甦り』...
Voice of brothers

Voice of brothers 364 神域の波動に心身を慣らすために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★表面化した闇を外に観ず心内に観て昇華しよう それで宇宙世界にあるすべての天地は、極小の精神と物質から極大の精神と物質まで、すべては波動でできていて、それが新陳代謝を繰り返しつつ、進化創造しながら調和性や親和性を高め極めてゆくように設計されているんだよ。 長ーい目で見れなければピンと来ない話かも...
Voice of brothers

Voice of brothers 360 残り4ヶ月を乗り切ろう 〜 現代版のノアの方舟に乗って生きとし生けるものと大自然すべてを救済するために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★願い通りにはならないけれど思い通りにはなっている現実を軌道修正するために 今の世の中を見たときに、肉体に張り付いて生きている人たちは、「こんな事態になればいいだなんて、つゆほども願ったことはない」と一様に口を揃えて言うだろう。 けれども、無意識的には、不安や恐怖の想いとか、不信や敵対心の想...
Voice of brothers

Voice of brothers 359 残り4ヶ月を乗り切ろう 〜 現代版のノアの方舟に乗って生きとし生けるものと大自然すべてを救済するために(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★自然界と人類にいのちの光を配ろう これまでの数十年間も激動期だったけど、ここ数年の間に、地球はそれ以上の激変期にすでに入り込んでいるんだよ。 今般(さいきん)になってその事実が、ようやくどんな鈍感な人にも感じられるときが来たんだ。 それで、「何か尋常ではないことが起こっている」と気が付い...
Sponsored link