真実

Voice of brothers

いのちのメッセージ 169 真我を生きる

 心とは神である。 いのちの光は存在の芯であり、その芯が自己の真であり、真の自己が心であり、心は即ち神である。貴方が自分だと思ってきた自意識は、その神から来る生命エネルギーを誤り用いて、エゴとかしていたカルマの消え去りゆく姿である。  真我を表して生きていないかぎりは、人として成熟した存在になり得ない。 「自分はそれで結構。成熟などしたくはない」と思う...
Voice of brothers

Voice of brothers 437 魂の本懐を思い出して地球での集大成を飾ろう (前編)

★きみたちの本体本心は宇宙ハイラーキーに所属している 人が人であることの真の所以は、『宇宙創造エネルギーの分光として、宇宙心のプランされた大調和天地を地球界に画き出すところにある』ということはわかるかな? この単純な存在意義を思い出して、今の地球を建て直すために働いている人たちの魂は、皆一人残らずハイラーキーという神霊団に所属しているんだよ。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 434 自らと自ずからの統合(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★自ずからを自らとして生きよう そういう天の刻(とき)が近づいてきた今になってもまだ、エゴのおもむくままに他を批判して自らをかばおうしたり、守ろうとしたり、他人を蹴落としてでも相対的にいい立場を占めようとしたりだなんて、あまりにもナンセンスだよね。 そんな自己中心的な想念言行はもう卒業しなくちゃいけない...
Sponsored link
Voice of brothers

Voice of brothers 433 自らと自ずからの統合(前編)

★自らと自ずからについて この間、『自らを捨て自ずからとして生きる』という、究極の生き方の話をしたね。 その話でピンと来なかった人がいたみたいだから、今日はその話を角度を変えてもう一度話そう。 とても大事なことだからね。 『自らを捨て自ずからとして生きる』というのを違う言葉で表現すると、『自らと自ずからを統合して生きる』という言い方が出来...
Voice of brothers

Voice of brothers 431 星々を完成に導いてきた宇宙神霊(ワンダラー)たちへ(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★きみたちは最古参の人類だ なんでそう断言できるかというと、きみたちの宇宙年齢が地球上で、最古参の部類に属しているからだよ。 地球へ来る前の他の星での輪廻転生回数はもとより、きみたちは地球での輪廻転生回数においても群を抜いていて、最低でも何万回もの転生を経験してるんだよ。 それはどういうことかって...
Voice of brothers

Voice of brothers 430 星々を完成に導いてきた宇宙神霊(ワンダラー)たちへ(前編)

★今年一年を振り返りながら 今年一年を振り返ってみて、きみならきみをどう総括する? 「よくやった、言うことなし」とか「全然ダメダメな年だった」とか、いろんな感想があると思うけど、慢心や勘違いなしに自分を客観視したうえで、正しく自己肯定できてる人は幸いだね。 なぜなら、その人は神域の世界の住人だからだよ。 たまに話すことだけど、今の地球界と...
Voice of brothers

Voice of brothers 428 いのちを生かした生き方をしよう

★命の真実 キリスト教聖書『ルカ伝』のなかに、宇宙の真理に通じる言葉が残されてるね。 「自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう」 これは、ぼくたちの言葉で言えば、「自分が自分だと思っている自分を捨て切ったときに、人は真実の生命意識を得るに至る」ということなんだけど、聖書のなかで語られている"命...
Voice of brothers

Voice of brothers 426 地球を死の星にしないために(前編)

★地球を平和な星にするには 人々がみんな、いのちの本質に立ち返って生きることが出来たなら、地球界は瞬時にして平和な星になるんだよ。 それが出来なくって、一進一退の攻防を繰り広げているというのが実際のとこなんだけど、みんながいのちの本質に立ち返って生きるためには、誰かが立ち上がって、みずからのあり方をおのずからある生命に立ち返らせなければならない。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 425 自らを捨てて自ずからとして生きよう

★命の真実 キリスト教聖書『ルカ伝』のなかに、宇宙の真理に通じる言葉が残されてるね。 「自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう」 これは、ぼくたち流に言えば、「自分が自分だと思っている自分を捨て切ったときに、人は真実の生命意識を得るに至る」ということなんだけど、聖書のなかで語られている"命"と...
Voice of brothers

Voice of brothers 420 真理の捉え方(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★基礎固めの大切さ 今までやったことのないことを習う状態をイメージしてみて。 勝手な解釈をしたり、基本や基礎をおざなりにしたりしたら、応用的なことなんかやれっこないでしょ。 本人だけはやれてると思ってたって、道理のわかる人が見たなら、ハチャメチャなことしてるような場合もあるんだよ。 例えば、...
Voice of brothers

Voice of brothers 418 地球人類と宇宙人類の違い 〜 真のアセンションを果たすために

★根本的な違い 今日は地球人類と宇宙人類の根本的な違いについての話をしようね。 体のつくりの違いとか、波動の違いとか、いろいろ思い浮かぶと思うけど、一番の違いは意識状態の相違で、心のあり方がまったく違うんだ。 きみたちからすれば、目に見えない世界に住んでることの方に意識が把われて、根本的に別形態の生物のように思う人があるかも知れないけど、それは...
Voice of brothers

Voice of brothers 417 永遠の真ん中にある今を生きよう(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★心を輝かせて生きよう それで、いのちの光と自分の間にある隙間を埋めると、人は誰でも、永遠の真ん中にある今を生きることが出来るようになるんだよ。 そして、その意識境界は最勝才智の心境だといえる。 なぜなら、すべての過去の成功体験はもちろん、あらゆる過ちをも活かすことが出来るから、自然と今を活かすこ...
Voice of brothers

Voice of brothers 415 相対性から総体性へ

★相対性の意識でいると 生命の真実を忘れ果てた人たちに、本当の真理を伝えるのは難しいね。 熱意を持てば相手が冷めたり、こちらが引けば相手は乗り出したりというふうに、ピタッと心が揃うことは滅多にないからね。 それに関してきみたちに知ってもらいたいことは、たとえお話しする相手が目の前にいる一人だったとしても、特定の個人に入れ込む(のめり込む)ことな...
Voice of brothers

Voice of brothers 414 誇りをもって前へ進もう(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★きみたちの凄さ だけど、その自分たちのすごさがわかんないでいるでしょ。 肉眼に見えない働きだからね。 だけどそれでも、わかんないながらも、「自分たちの存在が、間違いなく世の中を内側から照らしているんだな」って信じつづけることが大切だよ。 実際問題として、本当にその通りなんだ...
Voice of brothers

Voice of brothers 413 誇りをもって前へ進もう(前編)

★神能力を甦らせた人は 今の世界を霊性の世界から観ると、世界中の人々の『いのちの本質』が急速に呼び覚まされて来てて、ものすごい勢いで地球人の神性復活が進行してるんだよ。 といっても、これはあくまで霊的次元から観た話だから、こういう話をきみたちが周りの人たちにしたところで、「ハッ?お前、何言っちゃってんの?人間たち、なんにもよくなってないどころか、ます...
Voice of brothers

Voice of brothers 410 幸不幸を分け隔てするもの

★自身の認識が分け隔てする幸不幸 "誰かが自分に何かをした"と思うようなときに、たいていの場合、人は受け身の認識で「誰々に○○された」、「誰々が○○した」と思っている。 けれどそれは、ごく浅い意識レベルに想いがとどまってしまっているということに、そろそろすべて地球人類が気が付かなければいけないよ。 それはどういうことかというと、自分がどう受け止...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 164 今知ってほしい真理

 人は皆、自分がそうだと思う現実、あると思う真実をつくり出して生きている。 そうであるがゆえ、真実は人の数だけあるのだから、自分の真実と思う見方を人に押しつけてはいけない。  自分が今、仮に末期癌であるとする。 そのときに貴方は、みずからをどのように観るか。 うろたえ、取り乱し、痛みにさいなまれながら、死への恐怖に飲み込まれ生きるか。...
Voice of brothers

Voice of brothers 409 すでにある大調和の未来を現すために

★未来を思い出そう 今日は、発想の転換をすることで意識視野を転換できるという話をしよう。 きみたちが普通に考えたら、過去は思い出すもので、未来は予測するものだと思ってるでしょ。 だけど、意識の扱い方を変えてみれば、未来を思い出すことができるんだよ。 さあ、きみの未来を思い出してごらん。 ん? 「まだ来てもない未来を思い出せるわ...
Voice of brothers

Voice of brothers 408 祈り方について(後編)

(前回の続き) ★天地の橋渡し役のきみたちへ 全体が大調和に至るプロセスというのは、必ずしもすべての人にとって都合のいい状況ではないかも知れない。 ないかも知れないというよりは、むしろ人間智では計り知れないことがほとんどだといえる。 全体を導く大生命智、すなわち、すべての人類が内包する生命根源の叡智というのは、個人の自己都合を優先する肉体人間...
Voice of brothers

Voice of brothers 406 この世と連動したあの世の平和も同時に実現するために(4/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★何よりも大切なこと 〜 明るく前向きな心で生きよう 「いやいや、こっちは自分が救われようと思ってただ必死に生きてるだけなんだから、そんなはずはない」って思う人がいるかも知れないけど、どんなに「自分は未だ迷ってる」と思い込んでたってその一方では、『人々の神性を認めて希望を見失わない生き方を志向...
Voice of brothers

Voice of brothers 403 この世と連動したあの世の平和も同時に実現するために(1/4)

<h2>★地球を本当に平和な星にするためにやらなければならないこと</h2> 地球を本当に平和な星にするためにやらなければならないことは、きみたちの目に見え手に触れる現世の調和をはかるだけじゃあなく、きみたちからすれば死後の世界と呼ばれるあの世の各階層世界をも平和にすることだよ。 この期に及んでもまだ、「あの世なんてない」...
Voice of brothers

Voice of brothers 402 いのちの成分 〜 非科学的見地からみた話(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★愛にチューニングして生きる方法 その姿をはたから見ると、一見したらカルマに翻弄されたぶざまな人のように見えて、「一緒に押し流されてるだけじゃないか」って、はたからは見えるかも知れない。 でも本質的な視点から観ればそれは、対立や葛藤とは無縁な極めて"調和的カルマの浄め方"だといえる。 その具体的な...
Voice of brothers

Voice of brothers 399 意識の意識的運用について(前編)

★平等に持つ生命力を如何に使うか 誰も彼もに平等に注がれているいのちの光……。 「いのちの力」、「生命力」っていった方がわかりやすいかな。 その生命力を使って、誰もが心と肉体を動かしている。 それで、そのいのちの力をどう配分して使うか、どのように活用するかについては、それを決める権限、運用する権能は個々の肉体人間個人に委ねられているんだよ...
Voice of brothers

Voice of brothers 397 精神病の真因と真の解決法が確立するまでの対処法(前編)

★精神病の原因 今地球上ではたくさんの人が、自分の心をコントロールできなくて苦しんでいる。 苦しいという自覚もなく、感情想念の赴くままに動いてるだけの人もいるけれど、自分の心なのに自分で制御できないことを自覚していて、なんとかしたいけどなんとも出来ないでいる人までも含めたら、自分をコントロールできない人の数は、地球全体で億を越えているんだよ。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 396 地球の未来を輝かせるために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★新たなる価値観の元に 地球環境はここ数百年で、壊滅的な事態に陥ったのは事実だ。 それも、人為的な結末としてね。 生物に関しては、動物に限らずその他の生けるもの、例えば代表的なのは植物もだけど、原種はどんどん絶え、生態系の破壊は目を覆うばかりの事態になっている。 空気も水も大地も、すべての自...
Voice of brothers

Voice of brothers 394 いのちの炎と理想の次元上昇

★いのちの炎を燃やして生きよう いのちの炎を燃やして生きるんだよ。 それは、切羽詰まった末に、最後の力を振り絞り生きることでもなければ、有り余る情熱を燃やして、超絶ポジティブに生きることでもない。 また、怒りや恨みなどの真っ赤な炎とも違うし、悲しみや絶望などの青白い炎とも違う。 情欲とも関係なければ、その他各種の身勝手な願望などとも無関係...
Voice of brothers

Voice of brothers 390 心眼のウロコを落とそう(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★より大いなる意識を表面化させるために それで、もっと心眼の涙水がキレイになれば、意識の眼が肉眼であると同時に、神体や光体の心眼を包含した複眼になって、より広い次元階層を表面意識にありながら見通せるようになるんだ。 その眼に映じる各種世界の様相というのは、なんにも不可思議な世界ではなくって、肉体界で人々...
Voice of brothers

Voice of brothers 389 心眼のウロコを落とそう(前編)

★二元性の認識を超えよう 「ネガティブな思考習慣をポジティブなものに変えれば、神性意識が甦って幸福な人生を送ることができる」というような言い方をすることがあるでしょ。 それはまったくそのとおりなんだけど、意識進化し切れてない人がこの言葉を見聞きしたときには、根本的な勘違いを犯しがちなんだよ。 それは、ネガティブとポジティブの二つの言葉を、まるで...
Voice of brothers

Voice of brothers 388 人は誰もがみずからの運命の創造者(後編)

(前回の続き) ★日本の神性復活を推進するために ぼくたちは今、一人でも多くの日本人に生命の真実を知ってほしいと思っている。 無理強いするつもりも強制する気もないけど、本当の真実を知っている人が多ければ多いほど、日本人全体の意識レベルが上がるし、それによって日本の格が上がって、地球全体の救済が行われやすくなるからだよ。 それは今、日本の各所で...
Voice of brothers

Voice of brothers 387 人は誰もがみずからの運命の創造者(前編)

★魂を自立させるために知っておくとよいこと 今日は魂をホントに自立させるために、欠かすことの出来ない必須の知識について改めて話そう。 いいかな? この世でもあの世でも、人は誰もが他の人々と関わって生きてるわけでしょ。 ひとりぼっちで生きている人なんてのは、あらゆる次元をくまなく見渡してみても、無明界の洞穴みたいなとこで、「誰とも関わりたく...

愛なる人に朝来たる

時は移ろい変わりゆく 刻々と ただ刻々と 変わらぬ習慣想念に とどまりしもの 置き去りて 吾(われ)が吾がの末世に 止まぬ主張の激化して ことごとく皆 共倒れ 魂(たま)の蘇生を経験す 愛のこころに助けられ 滅びゆくは 人々(ひとひと)ならず 人のこころに 巣くう...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 163 進化向上の在り方 〜 争い競うではなく

 他人ひと)と争うでない。 比較の下(もと)に何かと競う心境は、生命の真理から逸脱している。 みずからを磨くのだ。 自身を深め、高め上げるのだ。 昨日の自分より今日の自分、今日の自分より明日の自分へと。 話のレベルを引き下げてわかりやすく言うなれば、もしも争い競う相手があるとするならば、それは自分自身の甘えとである。 みずからを...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ162 行動なくして変化なし

 行動なくして変化なし。 行動なくして健康なし。 行動なくして供給なし。 行動なくして幸福なし。 行動なくして調和なし。 行動なくして平和なし。 行動なくして進化なし。 想いを実現するためには行動が不可欠であるが、その心の足の踏みしめる大地が何処の次元にあるかによって、行動を通して起こした変化が自他を生かしもし、殺し...
Voice of brothers

Voice of brothers 385 個人の幸せと地球の進化(前編)

★幸不幸を分ける原因 「今幸せじゃないからこれから幸せになりたい」と思ってる人ほど、生命の真実を貪欲に学び知るといいね。 そうすれば、幸不幸を分けている原因が、自分自身の"今"の想いの使い方あることがわかって、自分の想念習慣を変えて、真実の幸福を掴み取るに至るからね。 どうして生命の真実を学び知ると、幸不幸を分けている原因が自分自身の"今"の想...
Voice of brothers

Voice of brothers 383 幸せの原理 (3/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★感謝は光 今までの地球人類は、そのいのちの力を認めてこなかったから、他を組み敷こうとして、奪い、争い、汚し、破壊のかぎりを尽くしてきた。 そういえばアメリカ合衆国大統領が、「宇宙軍を創設して、中国やロシアにやられる前に、アメリカが宇宙を支配すべきだ」みたいな話をしていたね。 傲岸...
Sponsored link