2017-03

Sponsored link
神性復興

愛の心を見つめ直そう 〜 一大スペクタルなパノラミックアセンションの時旬へ向かって

愛ある意識体の現状 「地球を救おう、平和な星にしよう、そのために、自分たちにできることはなんだろう」、そのように考え行動している愛の深い人は、地球上にたくさんいらっしゃいます。 この星を現状のような自我欲望に満ちた世界、「他を傷つけ...
神性復興

他人を悪く思いたくなったら読む文字のサプリ(後編)

(前回のつづき) 意識進化のプロセスで 成長過程のあり方 しかし人の成長というものは、なんの進歩も実感できない年月を、挫折や成功の紆余曲折を体験しながらしばらく生きては、突然急速な進歩の時旬を体験するという繰り返しをしているものですの...

新生の季節

春は植物の新生シーズン この季節になれば 毎年繰り広げられる さまざまな新生復活シーン 梅は咲き 桜は蕾をつけ 花々は咲きほこる 今は干からびている野生の紫陽花も 何ヶ月かすればまた ...
神性復興

他人を悪く思いたくなったら読む文字のサプリ(前編)

他人を悪く思いたくなったときには 想いのあり方を見つめ直す 「どうにも好きになれない人がいる」、「よく思えない人がいる」というようなときには、一日のなかでほんの数分でも一人きりになれる時間を見つけて、自身の想いのあり方を見つめ直す機会を...
エッセー

心の壁を溶かすために ~ その弐

病(のような症状)に際してなにを想うか 微塵の疑いもなくみずからを信じている人は、肉体に病気の(ような)症状が表れても、それに想いがとらわれない人である。 そういう人は、原因が結果として現れ(因が果を結びゆき)、現れた症状の果たすべ...
エッセー

心の壁を溶かすために ~ その壱

神域に生きる基本 ~ 信じること 微塵の疑いもなくみずからのいのちを信じている人は、他者の神性をも当然のように信じている人である。 そのように、他人の本質を神性に見いだし信じ切る生き方の大前提・基本は、己を信じ切るところにある。 ...

起死回生の刻に

宇宙は 誰をも殺傷しない 誰をも陥れない 誰をも蔑まない 誰をも排除しない 宇宙は 誰もの内なる本質“神性”を認め 誰もの可能性を信じ 誰もの自由を尊重し 誰ものチャレンジを見守...
神性復興

人造された不調和を調和させるもの(3)

(前回の続き) 人類が人造した不調和を調和させる解決策はあるか? そうしたたくさんの不調和な状況や現象を解決する方法は果たしてあるのでしょうか? 冒頭に前述したような破壊兵器を無力化するようなよい方法はあるのでしょうか? 人...
神性復興

人造された不調和を調和させるために(2)

(前回の続き) その他の不調和物質・装置について 前述の武器弾薬といった不調和装置の他にも地球では、原子力や火力発電施設、各種工場からの有害な液体や気体の排出等で大地や河川・海、大気を汚染している問題もあります。 また、有害な人工...
神性復興

人造された不調和を調和させるために(1)

不調和なものにあふれた地球の現状 どの次元に意識焦点を合わせ観るかによって見え方の異なる話ではありますが、地球上の物質界には、あらゆる自然界のあり方を破壊したり、そこに生きるすべてのものを不幸ならしめる不調和なものがあふれています。 ...
Sponsored link