神性復興

Sponsored link
神性復興

神性の時代に入った人類の生き方(中編)

(前回の続き) みずからが変わることで世界を変えるために 現在までの地球人は、多くがみずからの持つ神聖なる生命意識を忘れ果てて生きてきました。(その理由については他の記事を参照のこと) ゆえに現状のような、不安定な世界情勢をつくり...
神性復興

神性の時代に入った人類の生き方(前編)

本来の生き方を思い出す前にリセットすべきこと 今日のような世界情勢が危急存亡の時代には、救世主の出現を待ち望みつづけて、事態が好転するのを待つことは時間の無駄です。 また救世主といわずとも、誰か他の人がなんとかしてくれると高を括って...
神性復興

人の数だけある人生 = 言葉が持つ潜在力 × 言葉にする表現力(後編)

(前回の続き) 運命の原因が自己にないと思われる場合 「私の現在の運命は、外的要因に原因があるのであって、自分の想い(言葉)などは関係ない」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。 その場合には、現段階ではそう思う方が、その方に...
神性復興

人の数だけある人生 = 言葉が持つ潜在力 × 言葉にする表現力(前編)

人の数だけある人生をひもとく公式 すべての人の生命領域に内在する『言葉が持つ潜在力』と、個々人の運用責任となる『言葉にする表現力』を掛け合わせると、天国と地獄ほどに振れ幅のある百人百様な人生が生まれます。 また一口に幸せといっても人...
神性復興

真の平和とは

平和を望みながら平和にならないのはなぜか ほとんどの地球人が心の底から平和を望みながら過ごしていることは紛れもない事実です。 しかし実際は、みんなが平和を望んでいるのに、表面上の世界情勢のみを見れば、ほぼ全員の願いとは真逆の方向へと...
神性復興

輝かしい未来を創造する大変革のなかで(後編)

(前回の続き) すべては輝ける未来を創生するプロセス 何があっても、あわてず騒がず、何かがあればあるほど心を落ち着かせ、鎮魂した意識で神性を発揮することです。 何が起ころうとも、けっしておびえなくていいのです。 おびえさえし...
神性復興

輝かしい未来を創造する大変革のなかで(中編)

(前回の続き) 不動心という名の神性意識をよみがえらせよう また時折、動物たちがそうであるように、直感的能力として、空間を流れる微細な波動の変化を感じ取って天変地異などの予知をする人もおられますが、そのような能力とて万能ではなく、一瞬先...
神性復興

輝かしい未来を創造する大変革のなかで(前編)

現在の地球浄化の状況 今を生きる私たち地球人類のほとんどは、一瞬先の運命さえもわからない状況のなかで生きております。 そのなかで、好むと好まざるとにかかわらず、様々な未体験の出来事があります。 時代は刻一刻と、霊化した世界への...
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話⑥

(前回の続き)脳の働きと使い方 1. 脳の働き ここで話を戻して、脳の働きと使い方について、改めて観てゆきます。 まずは脳の働きについてです。 脳の働きを知ることは、例えていえば、大画面液晶テレビを買ってきて、さあ使いましょ...
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話⑤

(前回の続き) すべての不調和は人災 日々のニュースで伝えられる不幸と思わしき事故や痛ましい事件、環境破壊や天変地異等のトピックは、そうした真理に対する無知から生じているのです。 言い換えれば、地球上に生じるすべての不調和は人災で...
Sponsored link