神性復興

神性復興

常住想念と次元世界

肉体に存在している人類は、一つの天地である地球界の肉体次元世界にありながら、その心は千差万別な天地に住んでおります。それはどういうことかと言いますと、肉体界にて発する常住想念の在り様が、肉の身にありながら異次元世界での常住位置を決定づけているということです。それは、今この瞬間の自らの霊位であるとともに、肉体を抜け出て(死んで)から行く先の天地でもあります。 ...
神性復興

霊体と肉体の隙間を無くそう

アセンションとは、言ってみれば肉体と霊体の間に隙間がなくなり、霊体の上に直接肉体をまとっている状態になることです。 アセンション以前の人間のボディは、光そのものの神体に霊体を着て、その上に幽体を着て、そのさらに上に肉体をまとっていました。アセンション後の人間のボディは、これまでの《肉体 → 幽体 → 霊体 → 神体》という在り方から、《肉体 → 霊体 ...
神性復興

現文明の最終局面での地球救援活動

地球温暖化が地球人類の引き起こした人災であることは論を待ちませんが、地震や津波、大雨や大雪、台風の類といった天変地異や様々な異常気象も人災であることは、現在の地球科学では、未だ解明されていません。 宇宙の兄姉や祖先のうちで悟った地球界の神霊方が、「それらは、地球人類が何気なく日々発している想念波動によって、肉体界及び幽界の地層が歪み、大気圏内の気の流れ...
神性復興

自戒オサオサ怠らず

アセンションのプロセスにあっては、特に発生した段階で速やかに掃除をしなければいけない想念の動きがあります。それは、自分と他人を引き比べて、自己を優位な立場に置こうとしたり、霊的に見えたり聞こえたりしたことを、審神もせず(できず)に妄信妄言してしまう想いの動きであります。 これは、口に出したり書いたりせずとも、アセンション(次元上昇)が始まっている現在で...
神性復興

アセンションと霊能力

あなたがもしもアセンション・次元上昇・神性開発を志向していて、いのちの光を真摯に顕わそうと日々務めて生きているなら、「自分は何も変わらないなぁ」と自分自身の成長具合に物足りなさを感じていたとしても、実は着実に心身の霊化は進んでいます。 人間に働くいのちの心は、大別して、本源心・神体心・守護神心・霊体心・守護霊心・幽体心・肉体心にて構成されていますが、こ...
神性復興

人類が人類であるために

人類が人類であるためには、まず自分の命が何者かを知らなければなりません。しかし、その一番大事な命の根本原理がわからなかったところに、人類の悲劇がありました。地球人類・人間とは、果たして何者なのでしょうか? 人類全体を見渡すと、神仏に近づいた聖者賢者から、果ては、獣以下とも見える鬼畜のごときモノまで、多種多様な人間が存在しています。しかし、一つだけハッキ...
神性復興

自ら分かれた者

自分という文字を分解してみると、『みずから分かれた』、『おのずから分かれた』と読めます。これは、己の側から観れば『みずから分かれた』のであり、傍から観れば、『おのずから分かれた』ということであります。では、分かれる前の己とは、一体何なのでしょうか? これは、すべての生命体の源泉である大生命、宇宙創造エネルギーであります。宗教の世界では、神仏と表現されて...
神性復興

外的変化に左右されない自分を生きよう

いま日本に出回っているアセンション情報を見渡していると、「外的変化に対応するために自分を変えよう」、「アセンションの潮流にうまく乗って次元上昇しましょう」といった趣旨のものが多いのですが、私のスタンスは、「外的変化に左右されない本当の自分に戻ろう」といった趣旨に立っています。ですので、「いつ何が起こるからこうしましょう、ああしましょう」ではなく、「いつ何が起...
神性復興

第一直観

直観、特に第一直観は大切です。それは、いのちの根源からのメッセージだからです。最初の直感を打ち消すようにして現れる第二直観、第三直観、またそれ以降の直観と思わしき考えの類は、すべていのちの光から遠く離れた想念界の響きなので無視することです。 スピリチュアルなことに興味のある人は、「ハイアーセルフの姿が見えたり、声が聞ければいいのに」というようなことを思...
神性復興

内在していた神性の甦り

神性復興、神性復活、神性復古、次元上昇、アセンション・・・。 いま日本中で、世界の各所で、数は少ないながらもそうした言葉が行き交い、人々の記憶の奥に眠っていた《いのちの光の意識そのもの》が顕在意識に甦り始めています。 現在、地球上の人類意識に起こっている現象のうち、最大の出来事は、《内在していた神性の甦り》、この一点に尽きます。 この内在し...
神性復興

時が来た

いよいよ待ったなしの時が来ました。 ここ数十年の地球人類の意識波動は、霊域と物質領域が混沌と入り混じった汽水域にありましたが、今年2015年、地球人類の意識領域は、霊波動が主になり、物質波動が従になる状態に入ってきました。 この状態になったのは、宇宙の星々から地球に降り立った神類が、天地の次元波動を粗くして、肉体界をつくりたてだった頃以来のことで...
Sponsored link