神性復興

Sponsored link
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話④

(前回の続き) 脳を惰性的に使ってよい時代は終わった 私たちが肉体を己(おの)が体として生きてゆくうえで、大切な働きをしてくれている脳は、心の働きが物質化して転写された場所であります。 この脳に何らかの原因で故障・破壊が起こった場...
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話③

(前回の続き) 肉体は心の乗り物、心は肉体の運転手、脳はその動力制御を司る部位 肉体がなければ私たちは、本心本体の意思やその活動を肉体に現すことができません。 現す術がないからです。 脳や五体からなるこの肉体がなく、五感に代...
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話②

(前回の続き) 表面意識の奥にある潜在意識と脳の関係 ここで、潜在意識と脳の関係について、もう少し観てまいりましょう。 潜在意識(隠れた心)を肉体の側から観れば、「この身この心こそが自分である」と信じて疑わない記憶の物置・クローゼ...
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話①

心・脳・体 心は生命(いのち)の働きそのものです。 その心には、潜在意識と顕在意識があります。 潜在意識とは、記憶の倉庫にしまわれた意識です。 その潜在意識を肉体の側から観れば、脳を媒介として次元の根源(いのちの大元)と...
神性復興

心の真実と地球平和(後編)

(前回の続き) 地球平和を祈るにあたっての心構え ですから、肉体に入り込んだ(こちら)側の意識としては、自分自身の心を立派にすることだけに意識リソースのすべてを投入すればいいのであって、他人をどうこうしようなどとは、考える必要はないので...
神性復興

心の真実と地球平和(中編)

(前回の続き) 守護霊・守護神について 守護霊・守護神の心は、人間一人一人に初めからある心です。 守護霊・守護神という名があると別人のような感じがしますが、一人の人間の生命を俯瞰した場合には、その当人の心の一部なのであります。 ...
神性復興

心の真実と地球平和(前編)

自分の力では意識進化できないという事実を認める 肉体人間が意識進化を果たしてゆくということは、『自分が頑張って努力して、自分の力でそうなるという類のものではない』という事実を、私たちは、常日頃から心謙虚に自覚しておく必要があります。 ...
神性復興

なぜ神性復興が急務(最優先事項)なのか(後編)

(前回の続き) 人類以外の生物の弱肉強食的あり方は人類意識の投影だった ここで人類がよくよく考えなければならないことは、人類以外の生物たちの弱肉強食的なあり方のすべては、人類意識の集合平均の投影だったという事実であります。 私たち...
神性復興

なぜ神性復興が急務(最優先事項)なのか(前編)

なぜ人類の神性復興が最重要なのか? 本日は、地球界において、なぜ他の何事にもまして“人間意識の神性復興”が必要なのか、人類世界の完全平和成立が最重要なのかについて、振り返って考えてみましょう。 地球には、人類以外にも様々な生物が生存...
神性復興

祭司星の変更に伴う変化について(後編)

(前回の続き) 親太陽とは なぜ親太陽が変わることによって、そのような秘められた業因が表面化するのかと申しますと、東の空に太陽が昇っている時間と、真昼に太陽が真上に昇り切っている時間とでは、太陽光の差す角度が異なり、朝には陽のあたらなか...
Sponsored link