直感

神性復興

輝かしい未来を創造する大変革のなかで(中編)

(前回の続き) 不動心という名の神性意識をよみがえらせよう また時折、動物たちがそうであるように、直感的能力として、空間を流れる微細な波動の変化を感じ取って天変地異などの予知をする人もおられますが、そのような能力とて万能ではなく、一瞬先に何らかの事件・事故などに巻き込まれて、命を落とすこともあるのです。 ここ最近の地球浄化(有史以来のカルマの大掃除...
神性復興

輝かしい未来を創造する大変革のなかで(前編)

現在の地球浄化の状況 今を生きる私たち地球人類のほとんどは、一瞬先の運命さえもわからない状況のなかで生きております。 そのなかで、好むと好まざるとにかかわらず、様々な未体験の出来事があります。 時代は刻一刻と、霊化した世界への転換を進めています。 時旬が来て花が咲き開くように、開花の時が来て生命の本質に覚醒した神性人類が日々よみがえってい...
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話⑥

(前回の続き)脳の働きと使い方 1. 脳の働き ここで話を戻して、脳の働きと使い方について、改めて観てゆきます。 まずは脳の働きについてです。 脳の働きを知ることは、例えていえば、大画面液晶テレビを買ってきて、さあ使いましょうという段になって、リモコンのボタンをどう押せばどうなるのかを取扱説明書を読んで理解し、実際に押して確認することと同様で...
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話④

(前回の続き) 脳を惰性的に使ってよい時代は終わった 私たちが肉体を己(おの)が体として生きてゆくうえで、大切な働きをしてくれている脳は、心の働きが物質化して転写された場所であります。 この脳に何らかの原因で故障・破壊が起こった場合には、肉体機能の一部が不全になったり、精神の異常をきたしたり、その損壊の程度が激しければ、人は一瞬にして昏睡状態に陥っ...
Voice of brothers

Voice of brothers 90 心奥の天に意識を置いて生きるために

ジャッジしない心境で生きよう 地球平和が完全に地に成るその日までは、『自己の生命権能を他に明け渡しているかぎりは』という但し書き付きだけども、気持ちを曇らせてしまうことような出来事が多いだろうし、そういう不調和な出来事に触れて「駄目なんじゃないか」って想いが脳裏をよぎることがあるかも知れない。 だけども、意識進化を心から望んで真理の道を歩んでいるきみ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ71~ 無限なるすべての発露③

無限なるすべての発露  誰ものなかに内在する無限の自信を思い出し、自覚して生きるためには、自己存在の根源エネルギーである<いのちの光>に、常時深呼吸をもってシッカリとつながることである。単なる想念体としての《想いのみ》を自己として認識していたのでは、何もの何ごとにも動じない程に強い自信を認識することは出来ない。一片の不信もなく、真に自分を信じて...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ58 ~ 意識の基軸を神性に 他

意識の基軸を神性に  意識の基軸が神性のなかにない人は、真理を求めるに当たっても、他者に批判的で、固定観念にない光を受け入れることができず、自己の固定観念を後押ししてくれる言葉のみを好み、結果として、固定観念の上塗りの学びに終始している。  意識の基軸がカルマ想念のなかにある人は、真理を求めるに当たっても、知識の吸収に終始し、実行が伴わないが故に、意...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ37

 21世紀の生命科学が、すべてのエネルギー問題を解決するにあたっては、地球のアセンション・次元上昇は欠かすことのできない前提条件である。  まずは意識を脱皮させること。脱皮しさえすればその程度に応じて、次元を貫く無限の宇宙に近づき、その様相を垣間観ることができる。  真実の宇宙は、次元の奥行きがある無数の碁盤の目状の天地によって構成されている。肉...
神性復興

第一直観

直観、特に第一直観は大切です。それは、いのちの根源からのメッセージだからです。最初の直感を打ち消すようにして現れる第二直観、第三直観、またそれ以降の直観と思わしき考えの類は、すべていのちの光から遠く離れた想念界の響きなので無視することです。 スピリチュアルなことに興味のある人は、「ハイアーセルフの姿が見えたり、声が聞ければいいのに」というようなことを思...
Sponsored link