Voice of brothers

Voice of brothers 253 疲労感を超越して生きる方法(前編)

★疲労感とは何か? 心身に生命エネルギーの代謝が滞ると、多くの人は疲れを覚えるね。 それでぼくたちから観ると、地球上に生きている多くの人たちが、その【疲れ】の実態を知りもしないで、「疲れたー、動けない。今日はもう何もしたくない」って思って、怠惰の渦巻きのなかに巻き込まれて、理性や知性を眠らせてしまっている人が思いのほか多いんだよ。 それで今日は...
Voice of brothers

Voice of brothers 252 地球世界の完成期に際して 〜 意識進化と神秘力 (4/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★生命本来の神秘力を甦らせる生き方 きみたちが肉体の想念言行に現そうとしている神性というのは、命の奥の奥にあるんだ。 ということは、潜在意識領域(幽界波動圏)を超え、霊体意識領域をも超え、神体意識領域に入らなければ、神性の響きにアクセスすることが出来ないということだよ。 逆...
Voice of brothers

Voice of brothers 251 地球世界の完成期に際して 〜 意識進化と神秘力 (3/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★すべてに神性を見いだせる人になってほしい だからいつも言うように、みずからの本質が神性であることを信じて、自己の内に内在する生命の本質を発揮して生きることがいいんだ。 自分を本当に神性の者だと認められた人は、自然に他の人の本質も神性だって認めることが出来るようになるからね。 自己...
Sponsored link
Voice of brothers

Voice of brothers 250 地球世界の完成期に際して 〜 意識進化と神秘力 (2/4)

 前の同名記事 (前回の続き) ★地球人類の自発的な甦りこそが地球界存続の鍵 きみたち一人一人が、みずからの意思で自分のことを神性の存在だと認め、想念言行に表現して生きるようにならなければ、根本的に世界が変わることにはならないんだよ。 誰かが他者にこうなんだとどんなに教え諭しても、その力を現実力として証明して見せたとしても、個...
Voice of brothers

Voice of brothers 249 地球世界の完成期に際して 〜 意識進化と神秘力 (1/4)

★きみたちこそが地球界救済の主役 ぼくたちの話に興味を持ってくれる人たちのほとんどは、現時点で邪な想いに惹かれることなく神性の開発を志向する人たちばかりだけれど、一部には未だに超越的な力に惹かれる想いを手放し切れない人がいる。 そのようなケースでは、心が自己中心性の認識にとどまっているんだよ。 そういう人は、「いや違う、自分はそんなじゃない。世...
Voice of brothers

Voice of brothers 248 地球平和の大調和絵巻完成に向けて 〜 互いの長所(色)を生かして画き出そう(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) 個々人が持つ色で地球平和の大調和絵巻を画き出している 俗に『取り柄』という言葉があるでしょ。 人には誰でも取り柄があるね。 いわゆる得意分野のことだけど、その人の命が活き活きとするような面を積極的に伸ばすようにしてあげるといいんだよ。 その"Something"を生かし究めてゆくこと...
Voice of brothers

Voice of brothers 247 地球平和の大調和絵巻完成に向けて 〜 互いの長所(色)を生かして画き出そう(前編)

★互いが互いを助け補い合う縁が誰もに用意されている 人間というのは本来、すべての人に長所があって、互いが互いを助け補完し合うように設計されているものなんだよ。 きみたちの世界に張り巡らされた人間関係の網目を俯瞰すれば、誰もに必ずそのような補い合える縁が完璧に配置されているのが観て取れる。 だけど個人の運命は、一人一人の自由意思によって形成されて...
Voice of brothers

Voice of brothers 246 北朝鮮の英断と日本の使命(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★弱肉強食の想いを無力化する力 今のままでゆくならば、どうやらそれらの国々が武力による威圧をやめるときは、まだ先のことだといえる。 それで大国の横暴が止むときは、ぼくたちのような他の星の人々が、大挙して物質的姿を現したとき以降になるだろう。 大国と呼ばれる国々は、自分たちの立場を守るために...
Voice of brothers

Voice of brothers 245 北朝鮮の英断と日本の使命(前編)

★北朝鮮の変化の内実 韓国と北朝鮮のトップが、ようやく話し合いのテーブルに着くことが出来たね。 それは各国の首脳がだいぶ、きみたちの魂魄から抽出したエネルギーを配合した神性復旧の生命波動に慣れ親しんできたからこそ実現したといえる状況なんだよ。 ここに至るまでには肉体性人類の知らないところで、世界各国の首脳の脳髄に神性の甦りを促す生命光をこれでも...
Voice of brothers

Voice of brothers 244 子どもたちと共に成長するために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★命について考えよう そもそも命というのは、お金を出して買ったものではない。 きみたちの意識が乗り込んでいる肉体という物質体も、その人の所有物でもなければ、自分の力でつくり出したものでもない。 生命は宇宙から分けられたものでしょ。 それで肉体は、地球の生命要素を元に、お母さんとお父さ...
Voice of brothers

Voice of brothers 243 子どもたちと共に成長するために(前編)

★子どもたちの命の尊さをすべての大人が思い知るために 大人の側からしてみたら、子どもとのふれあいってのは、本当に大人を意識進化させてくれるものだよね。 仮に子どもがいない大人だって、親類縁者や知り合いの子だったり、町内や街、電車やバスのなかなどで見かける子どもたちをとおして、それまで闇に葬っていた愛が呼び醒まされるようなこともあるでしょ。 そう...
Voice of brothers

Voice of brothers 242 天来の才を存分に発揮するために

★隠し事のままならない時代に 最近よく、悪い意味で一線を越えた人の不祥事や事件・事故などがニュースになっているけれど、そのようなことが頻発しているのには訳があるんだよ。 それは地球界の波動が、今までにも話してきた隠し事のままならない世界に突入したからで、隠れて行っていた悪事が白日の下にさらされて、みんなにバレてしまう時代が来たからだよ。 それと...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 144 生命の大道を生きる

 肉体人類は、自分が自身をどう認識しているかを、他人に映し出して他人(ひと)事として感じている。  神性人類は、体の外に現れたすべての現象や森羅万象を、内なる宇宙の投影として観ている。  自分自身を神聖なる存在と認められて、人は初めて、他者をも神聖なる存在と認めることが出来る。  己を敬い尊(たっと)ぶことが出来ている人は、生命の神秘を開示...
Voice of brothers

Voice of brothers 241 地球を霊化させるいのちの光の一筋として生きるために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★守護霊意識で生きればいい だから、困ったらまずは守護霊さんの懐に飛び込めばいいんだ。 その方法はとても簡単で、守護霊さんへの感謝の想いをいつもいだいていることだよ。 守護霊さんはいつだってきみにピッタリと寄り添って、きみの運命を善導してくれている。 この守護霊意識というのは、きみ自...
Voice of brothers

Voice of brothers 240 地球を霊化させるいのちの光の一筋として生きるために(前編)

★困り事に対する対処の仕方 人間が意識を神域に還元するプロセスでは、困り事に対する対処の方法は臨機応変に処してもいいんだよ。 ぼくたちから観ていると、真面目な人ほど苦悩を独りでかかえて、あげくの果てににっちもさっちもいかなくなって、みずから飛び込んだ困苦の底なし沼のなかで溺れてる人が多い。 そういう人は、基本的な心構えとして、自分の困り事を自己...
Voice of brothers

Voice of brothers 239 不信と疑念の先にある事実

★きみのいのちが知っている本当の話 人間不信だなんてのは、究極の自己不信に陥ってる姿なんだよ。 自己不信の極みが人間不信なんだ。 そういう人は、他人(ひと)を信じられないんじゃない。 自分を信じられないんだ。 その事実をみずからの心の中にシッカリと見据え、見極めることこそが、真に人間不信から抜け出すことにつながるんだよ。 ぼく...
Voice of brothers

Voice of brothers 238 地球世界への感謝の祈りを(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★地球世界を光明化する力 地球は苦しんでいる。 肉体を持ったきみたちが病気になれば肉体に痛みを感じるのと同じように、地球自身も物質体としてのみずからの体に痛みを感じているのだということを、せめてきみたちだけには知ってほしい。 そして祈るんだ。 地球さんを楽にしてあげるためにもね。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 237 地球世界への感謝の祈りを(前編)

★地球さんの痛みを知ろう 地球さんは今、自分の体の表層で蠢きまわる人類を叱り飛ばしたい気持ちでいっぱいだよ。 どうしてか、わかるかい? それはいつまで経っても、人類が動物にも劣る自己中心的な振るまいをやめないからだよ。 そのような地球さんのお叱りが、どのような形で現れると思う? そうだね、天変地異だ。 本来ならば今頃は、地球人...
Voice of brothers

Voice of brothers 236 すべての道は呼吸に通ず

★吸うは吐くで、吐くは吸う 感情想念にとらわれて心がどうにも安定しないときには、とにかく座れる場所を探して座り、姿勢を正して息を吐きつづけることだよ。 とらわれを解き放つ術を、すでに過去世の経験で会得しているきみの場合にはそれだけでいい。 頭が知らなくても、心が息を吐きつづけることで鎮魂できることを知っているからね。 だけどなかには、どう...
Voice of brothers

Voice of brothers 235 生命教育の大切さ(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★教育の大切さ そのような彼らを見て、彼らの社会的成功に対する無欲さを物足りなく感じる大人がいるかも知れないけど、彼らは社会的成功と引き換えに大人たちが捨て去った大切なことを知っているんだよ。 それで、大人たちが間違った教育を押し付けても、子どもたちが少年少女へ成長してゆく過程で、やがては命を活...
Voice of brothers

Voice of brothers 234 生命教育の大切さ(前編)

★何よりもまず先に子どもたちに教えてあげるべきこと 幼少期の子どもたちには、難しい学問を教えるよりも、生命の法則を教え、それを使いこなせるように導くことだよ。 それには、『道徳』という教科を『生命』に置き換えて、子どもたちが"いのち"のなんたるかを知り、その使い方を覚え、実際に彼ら自身がみずからの想念言行に顕せるような環境を調えてあげるのが一番いいね...
Voice of brothers

Voice of brothers 232 寿命の次元上昇ときみたちのミッション (4/5)

 前の同名記事 (前回の続き) ★きみたちのミッション いつも言うでしょ。 「きみたちのミッションは重大なんだよ」って。 地球界に他の星々で使われている神霊科学を降ろしたり、生命意識に根ざした精神性を根付かせたりするためには、きみたちの心と体が必要不可欠なんだ。 特に、神性意識を志向し自覚しているき...
Voice of brothers

Voice of brothers 231 寿命の次元上昇ときみたちのミッション (3/5)

 前の同名記事 (前回の続き) ★今回の話で伝えたい核心 とりあえずは、150歳や200歳くらいまでは、肉体を離れる時期を延ばす人々が、これからの数百年の間にたくさん現れるだろう。 「何を馬鹿なことを」って嘲笑しているそこのきみ……、何もぼくたちはファンタジーを語っているわけじゃないんだよ。 ぼくたちは今、きみに...
Voice of brothers

Voice of brothers 230 寿命の次元上昇ときみたちのミッション (2/5)

 前の同名記事 (前回の続き) ★これからの寿命 ここでぼくたちがさっきの質問に対する回答を答えるのは簡単だけど、今回は答えないから自分の心に問いかけながら考えてみてね。 ヒントは過去の話のなかにたくさん散りばめられてるから、それらを読み返せば、現時点ではわからない人も、きっと答えを見つけられるだろう。 それでここでは、...
Voice of brothers

Voice of brothers 229 寿命の次元上昇ときみたちのミッション (1/5)

★尊厳死について 現状の地球世界では、死線を彷徨われている人のご家族などが、EBM (科学的根拠に基づく医療)と呼ばれる現代医療を盲目的に信奉して、当人の意志を無視した延命治療が行われていることが多いよね。 その結果として、地球上で何が起こっただろう? そうだね、表面的な数字だけに着目してみれば、平均寿命が劇的に延びたね。 別な面の数字を...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 143 命について

 命に休憩時間は無い。 にもかかわらず、人間が睡眠を含めた休憩を必要する理由を考えてみよう。 そこに本質と乖離した地球人の現状と、そこを突破し本質へ回帰するための扉を開く鍵がある。  命はあなたが睡眠中も休憩中も休まずに働きつづけている。 命が休憩をすればすべてが無になる。 その眼に見えない働きは、休み無く持続する呼吸のうちに観...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 142 排他志向からの完全なる卒業を志向する人たちへ

魂の幼少期における排他思考  地球を真に宇宙に開かれた星へ導こうとするならば、ひとは信ずるドグマティズムに固執して排他思考に陥ってはならない。 それは、魂の幼少期における麻疹のような心の病である。  平和を志向するどのような知恵も、それらが傍から見て如何に素晴らしいアイデアのように思えたとても、そこに少しでも排除の芳香が漂っているならば、真に神...
Voice of brothers

Voice of brothers 228 魂の片割れとの関係性は愛と感謝の結ばれであることについて(後編)

(前回の続き) ★自分事の認識が内なる男女性統合の鍵 そうした相手との縁ってのは、みずからが無理矢理引き寄せるもんじゃあなくって、自然のうちに運命に表れて、そのような関係性へと運ばれてゆくものなんだよ。 そうした相手と共に生きて、多少の波動調整的いさかいが生じたとしても、お互いがその責任を相手に帰せず、「自分の心の不調和が映し出されて発生した現象な...
Voice of brothers

Voice of brothers 227 魂の片割れとの関係性は愛と感謝の結ばれであることについて(前編)

★二元対立観念に入り込んでいる場合の男女関係 二元対立観念から抜け切れていない男女が、魂におけるパートナーシップを成就しようと試みた場合、これは残念だけどほとんどのケースで失敗に至っているね。 どういうことかというと、わだかまりを溶かし得ないまま、肉体上の別離(関係性の解消または死別)を迎えているということだよ。 その人たちは意識が二元対立観念...
Voice of brothers

Voice of brothers 226 神霊化した宇宙社会に仲間入りをする基本認識(後編)

(前回の続き) ★アセンションの真髄 そしてそれは、繰り返すけれど、すべての人類の心の奥に初めからある意識なんだよ。 人類の意識というのは、宇宙創造心の分心なんだ。 それは言い換えれば、太陽から発した太陽光線みたいなもので、誰も彼もの心に宿っている。 人はそれぞれが在籍する星の天地にあって、生命の根源に内包されているその理想や理念を現象...
Voice of brothers

Voice of brothers 225 神霊化した宇宙社会に仲間入りをする基本認識(前編)

★神霊化した宇宙社会に仲間入りをする基本認識 肉体に入って産まれてきた人のうち多くの人は、前世や前々世からの想念習慣を持って来た人が多いから、自分と他人がまるで離れた別物のように見えていて、自分の波動圏の外に生きている人たちに対して、「ああだ、こうだ」、「ああでもない、こうでもない」ってジャッジを下しては不平不満の想いに苛まれていることが多いね。 そ...
Voice of brothers

Voice of brothers 224 心の診察によせて(後編)

(前回の続き) ★酸化した小我の想念を大いなる生命光に還元する方法 きみはきみ自身のすべての苦悩を無くす鍵を持っている。 それは他の誰も持ち得ない。 なぜなら、外に感じる想いはすべて心の内の投影だからね。 物質化した苦悩も、精神的な苦悩も、全部一人一人の個人がつくり出した幻だ。 この事実をハッキリと自覚して認めたとき、きみの世界は...
Voice of brothers

Voice of brothers 223 心の診察によせて(前編)

★心の診察を自分で出来るようになろう ある病気を治そうとした場合に、医者の側から見れば、診察をして現状を把握したうえで必要な治療法を定めたあとに、初めて治療を施すに到るでしょ。 何が悪いのかもわからないまま当てずっぽうで治療したり、患者の希望する治療法をそれが適切かどうかを精査もしないでして差しあげるお医者さんはいないよね。 けれども患者の側に...
Voice of brothers

Voice of brothers 222 霊的観点から観た男女がともに生きることの真の意義 (7/7)

(前回の続き) ★個人が行うべきことは内なる男性性と女性性の統合調和のみ そんな繰り返し、もういいでしょ。 きみにはきみにピッタリの異性が必ずいる。 それは今の相手がそうかも知れないし、違う誰かかも知れない。 今そういう相手のいない人は、自分の内側を調えておきさえすれば、これから必ず巡り逢うことが出来る。 また、その相手が今のパー...
Voice of brothers

Voice of brothers 221 霊的観点から観た男女がともに生きることの真の意義 (6/7)

(前回の続き) ★男女それぞれが内包する男女性の統合 どちらにしてもこれからの人類は、男性はみずからのなかの女性性を呼び覚まし、元来の男性性とほどよいバランスで生きることを学ばなければならないし、女性はみずからのなかの男性性を呼び覚まし、元来の女性性とほどよいバランスで生きることを学ばなければならない。 ということはどういうことかというと、その一端...
Sponsored link