2017-09

Sponsored link
ショートメッセージ

いのちのメッセージ135 その実のなるを以て知る

想念意識を見つめる  生命の大元へ向かって深く精神を統一をし、自身の過去を振り返って、無自覚に垂れ流し(発し)てきた想念の傾向をノージャッジに観察すると、なにゆえ現在の性格と運命環境にある人物(自身)が形成されてきたかが明確に観えてくる。...
Voice of brothers

Voice of brothers 133 意識進化がすべてのすべて(後編)

(前回の続き) ★後進の人との接し方と基礎知識 それでこれからは、今まで以上にハイアーセルフに導かれて、きみたちのような真理の人に繋がりを得ようとする人たちが増えてゆくんだよ。 どういうことかというと、地球が一定段階の霊化(4次元...
Voice of brothers

Voice of brothers 132 意識進化がすべてのすべて(前編)

★人類が意識進化すれば天地はおのずと調和する きみたちは、「その星に住む人類の意識が進化すれば、星の天地は、おのずと大調和した世界に生まれ変わるものなんだよ」って種類の話を、もう耳にタコができるくらい聞いてきたよね。 どうしてそうな...
Voice of brothers

Voice of brothers 131 自由意志の尊重を

★きみの想いのクセ きみの想いのクセとして、誰かに何かを伝えたときに、「なんでわからないんだろう」って考えて、自分の考えをわかってもらうための内容を補完した言葉を尽くして、わかってもらおうとするような傾向があるね。 だけどそれは、実...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ134 違いを超えて認め合う 他

感情のベールの向こうへ  感情想念の奥に神性意識が輝いている。(感情想念の奥に上下左右前後を超越した次元の深奥があり、そこに神性意識がある)  次元の深奥にある神性意識は、感情想念のベールの向こう、神性と肉体を隔てる自我意識の壁の向...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ133 感情想念と神性意識の違いを識別するために

喜怒哀楽を純化させるために  神性意識は傷つき痛むことがない。 心の傷はエゴの疼きであるから、そこから離れて生きるとよい。  混同しやすい想念言行の一つに“怒り”があるが、叱ることと怒ることの違いがわかれば、感情にまかせて怒り...
Voice of brothers

Voice of brothers 130 波動とその拡がりについて(後編)

(前回の続き) ★生命への畏敬という基礎認識を持とう こんな言葉があるね。 「井の中の蛙大海を知らず、されど空の蒼さを知る」 この言葉を解釈するにあたっては、自分たちの肉体がある世界以外の波動圏を見聞出来ない意識にあっては、「大...
Voice of brothers

Voice of brothers 129 波動とその拡がりについて(中編)

★科学の極致と宗教の極致は同源の波動 (前回の続き) そこで、「自分たちがあると思っていた世界は宇宙全体のごく一部でしかなかったんだな。宇宙には、今の自分たちには感知出来ない世界があり、そこに住む生命体も在るんだな」って、見えも聞こ...
Voice of brothers

Voice of brothers 128 波動とその拡がりについて(前編)

★可視聴圏外の波動圏について これまで常識とされてきた固定観念を当たり前だと思う地球人が、ぼくたちの星にどんな宇宙船を飛ばして探索したところで、人っ子ひとり見つけることが出来ないでいるでしょ。 それは発してる波動の振動数が違うからだ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ132 意識の用い方におけるポイント等

意識の用い方における重要なポイント  人類が無自覚に垂れ流している不安・不満・不足・不実・不純・不機嫌などの想念行為の蓄積は、人知れず行われている運命の自傷行為であり、その果てに待っているのは、真綿で首を絞めるような緩やかな自殺である。 ...
Sponsored link