エネルギー

Voice of brothers

いのちのメッセージ 169 真我を生きる

 心とは神である。 いのちの光は存在の芯であり、その芯が自己の真であり、真の自己が心であり、心は即ち神である。貴方が自分だと思ってきた自意識は、その神から来る生命エネルギーを誤り用いて、エゴとかしていたカルマの消え去りゆく姿である。  真我を表して生きていないかぎりは、人として成熟した存在になり得ない。 「自分はそれで結構。成熟などしたくはない」と思う...
Voice of brothers

Voice of brothers 437 魂の本懐を思い出して地球での集大成を飾ろう (前編)

★きみたちの本体本心は宇宙ハイラーキーに所属している 人が人であることの真の所以は、『宇宙創造エネルギーの分光として、宇宙心のプランされた大調和天地を地球界に画き出すところにある』ということはわかるかな? この単純な存在意義を思い出して、今の地球を建て直すために働いている人たちの魂は、皆一人残らずハイラーキーという神霊団に所属しているんだよ。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 435 在るがままの神性を発揮するために

★自意識を律することの大切さ なんか、なんでも判ったような気になっちゃって、油断・慢心している人は、天狗さんのように伸びたその"鼻っ柱の重み"によって、自尊心の鼻がへし折れて痛い目に合うときが来るからご用心だよ。 肉体に張り付いた習慣性の想念というのは、ちょっといいことが続いたくらいのことでいい気になったり、勘違いしたりするものね。 だからきみ...
Sponsored link
Voice of brothers

Voice of brothers 434 自らと自ずからの統合(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★自ずからを自らとして生きよう そういう天の刻(とき)が近づいてきた今になってもまだ、エゴのおもむくままに他を批判して自らをかばおうしたり、守ろうとしたり、他人を蹴落としてでも相対的にいい立場を占めようとしたりだなんて、あまりにもナンセンスだよね。 そんな自己中心的な想念言行はもう卒業しなくちゃいけない...
Voice of brothers

Voice of brothers 433 自らと自ずからの統合(前編)

★自らと自ずからについて この間、『自らを捨て自ずからとして生きる』という、究極の生き方の話をしたね。 その話でピンと来なかった人がいたみたいだから、今日はその話を角度を変えてもう一度話そう。 とても大事なことだからね。 『自らを捨て自ずからとして生きる』というのを違う言葉で表現すると、『自らと自ずからを統合して生きる』という言い方が出来...
Voice of brothers

Voice of brothers 426 地球を死の星にしないために(前編)

★地球を平和な星にするには 人々がみんな、いのちの本質に立ち返って生きることが出来たなら、地球界は瞬時にして平和な星になるんだよ。 それが出来なくって、一進一退の攻防を繰り広げているというのが実際のとこなんだけど、みんながいのちの本質に立ち返って生きるためには、誰かが立ち上がって、みずからのあり方をおのずからある生命に立ち返らせなければならない。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 417 永遠の真ん中にある今を生きよう(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★心を輝かせて生きよう それで、いのちの光と自分の間にある隙間を埋めると、人は誰でも、永遠の真ん中にある今を生きることが出来るようになるんだよ。 そして、その意識境界は最勝才智の心境だといえる。 なぜなら、すべての過去の成功体験はもちろん、あらゆる過ちをも活かすことが出来るから、自然と今を活かすこ...
Voice of brothers

Voice of brothers 413 誇りをもって前へ進もう(前編)

★神能力を甦らせた人は 今の世界を霊性の世界から観ると、世界中の人々の『いのちの本質』が急速に呼び覚まされて来てて、ものすごい勢いで地球人の神性復活が進行してるんだよ。 といっても、これはあくまで霊的次元から観た話だから、こういう話をきみたちが周りの人たちにしたところで、「ハッ?お前、何言っちゃってんの?人間たち、なんにもよくなってないどころか、ます...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 166 超常識と大調和世界

 人生を如何なるものと認識しているか。 それによって人は、幸福を感じもすれば不幸を感じもする。 「人生にはよいときもあれば悪いときもある」 貴方が人生に対してそのように定義しているならば、そう思ったとおりの人生を、これからも生きてゆくだろう。  「人生は善きことのみ、素晴らしきことのみ、感謝せしことのみ。すべては完璧に調い、大調和して...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 165 永遠の花を咲かそう

 意識進化へ向けた精進努力には、苦痛ではなく歓喜を伴う。 ゆえに、それを継続することで悩苦を伴うとすれば、その人の発する意識の角度と次元のスタート地点がズレていることを意味している。  無限なる歓喜には、尽きることのない感謝の気持ちがもれなく付いてくる。 それは、駄菓子を買ったら付いてくるオマケのようなものではなく、掌と手の甲のような切って...
Voice of brothers

Voice of brothers 402 いのちの成分 〜 非科学的見地からみた話(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★愛にチューニングして生きる方法 その姿をはたから見ると、一見したらカルマに翻弄されたぶざまな人のように見えて、「一緒に押し流されてるだけじゃないか」って、はたからは見えるかも知れない。 でも本質的な視点から観ればそれは、対立や葛藤とは無縁な極めて"調和的カルマの浄め方"だといえる。 その具体的な...
Voice of brothers

Voice of brothers 400 意識の意識的運用について(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★意識の精妙化こそが物質波動をも霊化させる鍵 それで、今日(こんにち)この時代にすべての地球人が神性を甦らせて、それによって宇宙社会に復帰するということも、実は初めから決まっていたことだったんだよ。 だからみんな、過去世からの生まれ変わり死に変わりの集大成として、今日の善き日を迎えることが出来たんだ。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 399 意識の意識的運用について(前編)

★平等に持つ生命力を如何に使うか 誰も彼もに平等に注がれているいのちの光……。 「いのちの力」、「生命力」っていった方がわかりやすいかな。 その生命力を使って、誰もが心と肉体を動かしている。 それで、そのいのちの力をどう配分して使うか、どのように活用するかについては、それを決める権限、運用する権能は個々の肉体人間個人に委ねられているんだよ...
Voice of brothers

Voice of brothers 394 いのちの炎と理想の次元上昇

★いのちの炎を燃やして生きよう いのちの炎を燃やして生きるんだよ。 それは、切羽詰まった末に、最後の力を振り絞り生きることでもなければ、有り余る情熱を燃やして、超絶ポジティブに生きることでもない。 また、怒りや恨みなどの真っ赤な炎とも違うし、悲しみや絶望などの青白い炎とも違う。 情欲とも関係なければ、その他各種の身勝手な願望などとも無関係...
Voice of brothers

Voice of brothers 393 モノのいのちと宇宙の眼差し(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★科学の誤用による末期状態を脱却するために知るべきこと 人間が生命の本質に目覚めれば、科学が変わるんだ。 それで、科学が変われば、ずいぶんと生きやすい世界になるんだよ。 考えてもみてごらん。 科学の誤用によって、どんだけみんなが薄氷の上を歩くような世界に生きているのかを。 制御...
Voice of brothers

Voice of brothers 392 モノのいのちと宇宙の眼差し(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★モノを動かすいのちの力 ~ 神霊次元のエネルギー これからの世界は、何ごと何ものにもいのちの力を考慮に入れなければ、何を発明したりも発見したりなども出来なくなるんだよ。 なぜなら、今までの世界と明らかに波動圏の異なる世界に入り込んでいって、これまで通用した法則的また経験則的なものの捉え方が役に立たなく...
Voice of brothers

Voice of brothers 391 モノのいのちと宇宙の眼差し(前編)

★モノに宿るいのちも認めよう いつか話したと思うけど、すべてのモノ(物質)にも生命が宿っているんだよ。 それは、魂の宿った人間の肉体が生きているのと同じようにね。 「じゃあ、魂の宿ってない人間の屍には、生命が宿ってないじゃないか」って思われるかも知れないけど、それは魂が抜け出ただけで、やっぱりそこにも生命は宿ってるんだよ。 ん? わ...
Voice of brothers

Voice of brothers 390 心眼のウロコを落とそう(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★より大いなる意識を表面化させるために それで、もっと心眼の涙水がキレイになれば、意識の眼が肉眼であると同時に、神体や光体の心眼を包含した複眼になって、より広い次元階層を表面意識にありながら見通せるようになるんだ。 その眼に映じる各種世界の様相というのは、なんにも不可思議な世界ではなくって、肉体界で人々...
Voice of brothers

Voice of brothers 386 個人の幸せと地球の進化(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★全体に直結した個人の意識運用 地球がここまで瀬戸際の段階に来た今となっては、「自分一人くらい好き勝手に生きたって、地球の未来に大した影響はないだろう」だなんて油断した気持ちで過ごしている人は、地球滅亡の片棒を担いでいることになるんだよ。 今この時代を生きる人々は一人残らずこの事実を、自分自身の肝に厳し...
Voice of brothers

Voice of brothers 379 きみたちは究極の真実を生きる神性宇宙人類

★きみは起きて(生きて)いるか? みんな、起きて生活している間は、「自分は今、起きている(生きている)」と思っているでしょ。 それは、意識があることをみずからが自覚した状態なんだけど、それが本当に起きているか、生きているのかというと、これは生命の真実から観れば、いのちを活かして生きていない人は、起きているとはいえないし、生きているともいえない。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 368 創造進化のプロセスのなかで(前編)

★前向きな気持ちで生きる 自分の心身をピカピカに磨いて、内なる精神性を深めてく事々に無上の喜びを感じられる生き方をしている人は幸せだね。 それは、新陳代謝力を高めて心と体の若さを保つことであり、無邪気な意識でいられることでもあり、喜びや感謝が尽きない境遇にいられる秘訣でもあり、生命が持つ無限の可能性がみずからに展開することにもなり、進化向上の道を逆戻...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 160 生命の真実を生きる

 人間を物(物体、物質)だと思って(考え)生きてきた人は、一刻も早く人間の本質や命の真実を探究し明らかにしなければならない。 人間の本質、命の真実とは何か?それは、表面的には心・意識・精神と呼ばれる形なき存在であり、それを命とも呼ぶ。その命を次元の奥行きへと遡って観てゆくと、幽魂であり、霊であり、さらに奥まで遡れば、神とも仏とも呼ばれる宇宙の全智全能性...
Voice of brothers

Voice of brothers 363 神域の波動に心身を慣らすために(前編)

★ネガティブな言葉を死語にするために 「殺す(殺してやる、殺したい)」という意味の言葉を、生まれてこの方、みずからの意思を込めた言葉として使ったことのないきみにはピンと来ない話かも知れないけど、地球人のうち半数以上の人は、多かれ少なかれみずからの人生の中で、この言葉と同じ意味を持つ種々の言葉を、他人に対する軽い気持ちで発しては、結果として後々の自分の運命を...
Voice of brothers

Voice of brothers 359 残り4ヶ月を乗り切ろう 〜 現代版のノアの方舟に乗って生きとし生けるものと大自然すべてを救済するために(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★自然界と人類にいのちの光を配ろう これまでの数十年間も激動期だったけど、ここ数年の間に、地球はそれ以上の激変期にすでに入り込んでいるんだよ。 今般(さいきん)になってその事実が、ようやくどんな鈍感な人にも感じられるときが来たんだ。 それで、「何か尋常ではないことが起こっている」と気が付い...
Voice of brothers

Voice of brothers 358 残り4ヶ月を乗り切ろう 〜 現代版のノアの方舟に乗って生きとし生けるものと大自然すべてを救済するために(前編)

★現代版ノアの方舟となる意識を生きよう 世の中がどんなふうに変わっていっても、『そのたんびに衣替えする必要のない常識や当然認識』、『流行り廃(すた)りや虚栄心なんかとは無縁なとこにある宇宙の真理や法則』。 そのような、【どんな時代にあっても通用する価値観】をこそ、きみ自身の認識の根底に据えて生きるといいね。 なぜならその真理に根ざした価値観(何...
Voice of brothers

Voice of brothers 352 意識の次元について(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★低次元世界の現状 それで実際面の話をすれば、きみたちの五感の感度が鈍ってて、六感や七感を開発できないでいるから気付けないでいるだけで、きみたちが世界の平和を心から祈り、人類の神性を完全に認めると同時に、天地万物への感謝を捧げつづける『神聖なる意識』を発しているときには、きみたちの意識する体は肉体界に...
Voice of brothers

Voice of brothers 349 イマジネーションの次元上昇(前編)

★想像出来ることは現実化できる 真理の言葉というのは、なにも高次の世界にばかりあるものとはかぎらないんだよ。 地上を見渡してみれば、すでに先人が降ろしてくれた真理の言葉を、世界各地に見ることが出来るでしょ。 例えば、アメリカを中心に知られているよい真理の言葉に、「If you can imagine it, you can achieve it...
Voice of brothers

Voice of brothers 348 食事の意義を次元上昇させるために(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★一番知ってほしいこと 話が大分脱線したけど、今回一番伝えたかったのは、食事の意義を食欲の充足に置いてた"これまでの価値観"をいさぎよく捨てて、食事というのが本来、人と人とが心の交流を深めるためのツールの一つだということを認識しておくようにするといいということだよ。 それと同時に...
Voice of brothers

Voice of brothers 347 食事の意義を次元上昇させるために(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★星々の世界における食事の有無 宇宙にはたくさんの星があって、それらには一つとして同じ世界がなく、見事なまでに千差万別なんだよ。 そのいろいろな星の世界には、まったく食べ物を口に入れない世界もあるし、心の交流を目的にした会食はするけれど、食欲を満たすための食事はしない世界もある。 もちろん...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ 159 自在心を自覚した意識運用の時旬に際して

意識の次元上昇  垂れ流しの無自覚想念意識を次元上昇させるときが来た。 自覚なく無責任に垂れ流してきた想念境界から、自己責任の理を自覚した神性意識へと飛翔するのだ。 それこそが貴方の本心である。  無意識状態にあるときほど、直観の働く人になれ。 無意識状態をも次元上昇させるのだ。 この場合の無意識とは、何事にも執着せずサラサラ...
Voice of brothers

Voice of brothers 342 神性波動へチューニングするために

★神性波動にチューニングして生きるために いつも後ろ向きに生きてるんじゃあ困るけれど、時にはこれまでの歩みを振り返ってみて、「自分は宇宙法則に則った生き方をしているかな?神性を発揮して生きてるかな?」って省みてみるのもいいね。 そうすることで自分自身を、神性波動にチューニングすることが出来るんだよ。 それでそうやって人生を俯瞰するときには、それ...
Voice of brothers

Voice of brothers 338 過剰反応癖を卒業する方法

★人の世をギスギスさせる過剰反応 世の中には、何十人かに一人くらいの割合で、他の人の言動行為に対して廻りに違和感を与えるほど行き過ぎた反応行為をする人がいるでしょ。 「なんであんなに過敏な反応をするんだろう?」って思うようなやつだよ。 それで、その矛先が自分に向けられたものでない場合には、多くの場合にそういう言動に対して、多少は不愉快な気持ちに...
Voice of brothers

Voice of brothers 323 俯瞰意識と第一直観(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★事実をただ事実として観る俯瞰意識 こういう言葉を聞いたことはあるかい? 「怒ると叱るは別ものだ」 「心臓をバクバクさせずに人を叱れる人になれ」 その心は、怒るというのは、肉体性の感情想念に張り付いた立ち位置で想いを発してることで、叱るというのは、感情想念に把われない真理の意識視野に...
Voice of brothers

Voice of brothers 320 責任転嫁を卒業した意識を生きるために(中編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★祈りは人を善導する力強いエネルギー だけど多くの生活者は自分のことで精一杯で、周囲を思いやるだけの心のゆとりを持てないことが多いね。 最終的には誰が何をしようと、その言動行為の責任は本人にあるのだし、周囲が他人の運命を根底から変えることなんて出来ないけれど、ハタがそれとなく道を指し示して自分の...
Voice of brothers

Voice of brothers 318 在るべき利他の心について(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★呼吸をコントロールして意識進化する それが、呼吸をコントロールして意識進化した境地に至る生き方なんだ。 意識を深化させるわけだから、意識深化する生き方ともいえるね。 これは、それ以上ないくらい簡易で、誰にでも実行可能な意識進化の道なんだよ。 意識が肉体にあるかぎり……、気を...
Sponsored link