精神世界

Voice of brothers

Voice of brothers 308 変性意識状態を素通りして生命の真実を開示する方法(後編)

 前の同名記事 (前回の続き) ★超常能力は神性意識開発の後で自然と身に付く それで、ぼくたちがここでハッキリときみたちに知ってもらいたいことは、超能力や霊能力なんてのは、意識進化のプロセスでは、実際問題としては、なんの役にも立たないということだよ。 そんなのは、神性意識が開発されたあとで、必要に応じていくらでも使いこなせるよ...
Voice of brothers

Voice of brothers 307 変性意識状態を素通りして生命の真実を開示する方法(前編)

★呼吸法を体系化して伝えない理由 今日は、ぼくたちがきみたちに対して、普段の呼吸を深くすることを勧めていながら、どうしてそれを体系化した呼吸法メソッドとして伝えないのかについて話そう。 一言でいえば、『きみたちの意識が、ヨガの一部やその他のスピリチュアルメソッドで伝えられているような神秘体験に把われて、本道である意識進化をないがしろにした横道に逸れて...
Voice of brothers

Voice of brothers 162 地球の未来を明るくするために(前編)

★アカシックレコードやその他の予言・霊視への依存について 精神世界の一部では、「アカシックレコードにすべての過去と現在と未来が画き出され記録されている」というようなことが言われていますね。 一部の人はそこに救いを求め、みずからに関連する記録の開示を依頼しては、過去と未来を知ろうとしているようです。 しかし、そこには真の救いがありません。 ...
Voice of brothers

Voice of brothers 121 お願いしていた話の途中経過(後編)

(前回の続き) ★人類の神性を今こそ認めよう そこで、きみたちにお願いしたいことは、みずからは神域の意識を継続的に発揮しながら、自分の神性を当り前に認めているように、どんな人類の本質もまた神性そのもので、それ以外の何ものでもないってことを、当然のように認める練習をしてもらいたいってことだよ。 そのためには、他人を観るときに、不調和な言動行為をする姿...
Voice of brothers

Voice of brothers 104 きみたちの働きと新たなる展開

★きみたちの働き 霊肉ともなる多次元世界にあって、地球人類の意識進化を促進する原動力になっているきみたちは、その他大勢の人類が昇るハシゴや階段のような役割を果たしているんだよ。 また、地上にあるきみたちの意識は、人類が渡る霊性・神性と顕在意識の間の架け橋として、今では地球になくてはならない存在になった。 それでまた、きみたちの存在は、人々の大地...
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話⑥

(前回の続き)脳の働きと使い方 1. 脳の働き ここで話を戻して、脳の働きと使い方について、改めて観てゆきます。 まずは脳の働きについてです。 脳の働きを知ることは、例えていえば、大画面液晶テレビを買ってきて、さあ使いましょうという段になって、リモコンのボタンをどう押せばどうなるのかを取扱説明書を読んで理解し、実際に押して確認することと同様で...
神性復興

アセンションに至る心と脳に関する話①

心・脳・体 心は生命(いのち)の働きそのものです。 その心には、潜在意識と顕在意識があります。 潜在意識とは、記憶の倉庫にしまわれた意識です。 その潜在意識を肉体の側から観れば、脳を媒介として次元の根源(いのちの大元)とつながっています。 その部位は、主に脳幹と間脳が司っています。(また今回の話題からはそれますが、生命と肉体意識のつ...
Voice of brothers

Voice of brothers 99 そのままの自分を生きるために

そのままのあなたでよいのです? 「あなたは何者かになろうとしなくてもよいのです。そのままのあなたでいいんです」とかのことを、精神指導者もどきや似非宗教家なんかが涼しげに書いたり語ったりしてるのがあるでしょ。 ああいうのを“一知半解”って言うんだよ。 本人はわかったつもりで得々と伝えている。 けれども、実はなんにもわかっちゃいないっていう、...
Voice of brothers

Voice of brothers 89 科学の進化とアセンション(後編)

(前回の続き) なぜ調和世界の完成に科学が必要か? ところで、なぜ人類が平和な心になったり、全体が調和した世界をつくり出すために、科学の力が欠かせないかわかるかな? 薄々気づいてる人もいるかも知れないけれど、その理由は、スピリチュアルな話や宗教の教えだけでは、すべての人が納得して意識進化の道へ入ってゆけないからなんだよ。 「見ずして信じる人は...
Voice of brothers

Voice of brothers 27 意識進化に至る道と心の地図

★生命根源の世界と直通した意識進化の道路整備 きみたちが今の地球界で、どこかへお出かけしようとするときには、それがいつもの行き慣れた場所なら、“なんにも悩まないで、いつもの道をいつもの行き順で行く”だけで、スムーズに目的地に着けるでしょ。 それは言ってみれば、“目をつぶってでも行ける”ってことだよね。 肉体表面意識といのちの本心・本体の間でもそ...
Voice of brothers

Voice of brothers 13 みずからを信じて歩もう

★ぼくたちの望み 霊的なことや神秘的なことに興味をもつ人のなかには、予言やら占いやら、ヒーリングやらなにやら、心身によい何かといった類のツールや人の話を好む傾向があるね。 そのようなところにとどまってる人たちに、今日ぼくたちが伝えたいことは、「それらのツールやお話は、生命世界の入口の事象でしかないんだよ、本当に理想とするアセンションした世界は、自分が...
Voice of brothers

Voice of brothers 6 自信から自神へのアセンション

自信について ★地球のひとたちが使う言葉に、「自信がある」とか、「自信がない」とかいうのがあるね。 自信ということに関しては、何かに対して、それが出来るという意味で使ったり、それに関して能力があるという意味で使われることが多いけど、“半分以上の地球のひとは、未だ宇宙標準の《自信》を知らないで生きている”ということを、ここに明言しておくよ。 ★そ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ42 ~ 小さな気づきを積み重ねよう

小さな気づきを積み重ねよう  日々の小さな気づきの積み重ねは、いつか大きな気づきとして還元されてくる。  大きな気づきが訪れたときには、わけもなく涙が流れたり、トンネルの中を歩いていたのが、大草原に出たように視界が広がり、「これとそれはこう繋がっていたんだ」、「あれはこういうことだったんだ」と、真理の解答用紙を手にすることがある。  他人に言われた...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ41 ~ 自我(個我)からの卒業

自我(個我)からの卒業  「自分が自分だと思ってきた自分は、真実の自分ではなかったんだなあ」 ~ そのように腑に落して想え、心の底から納得できたとき、人ははじめて内部神性の入口に立つ。  自分が、自分に、自分を、自分で、自分は等々、自分自分と魂魄(こんぱく)に張り付いた自己認識をスルリと脱ぎ捨てよう。  魂魄に張り付いた自己認識の殻を脱ぎ捨てる...
神性復興

楽しんで果たす天命

《天命を果たすために生まれてきた》、《天命を果たすために生きている》とだけ聞くと、「それはさぞかし窮屈な生き方だろうな。そんな想いの使い方をしてたら病気になってしまうぞ」と思われるかもしれませんが、天命を果たす生き方と一口に言っても、実にいろいろな生き方があるものなのであります。 天命とは、天(いのちの元の世界)からこの世にもってきたみずからの使命、生...
Sponsored link