Sponsored link
ショートメッセージ

いのちのメッセージ8

 芸術のある社会は、それらがない社会よりも豊かである。それは、真の芸術がいのちの光の真善美を、そこに顕現しているからである。  忙しい日常のさなかにあっても、否、忙しいときほど短時間でもよいから、芸術に触れる時間をつくるようになさい。...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ7

 祈りは、いのちそのものの意思の宣言、生命光の発動である。弱々しい“お願い”などでは決してない。  真実の祈りの状態にあっては、みずからとおのずからが巧まずして一体化している。  祈りの響きが、いつもつかず離れず、自分のなかから...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ6

 日本語は正しく使いさえすれば、神界の響きをダイレクトに地上に成り響かせることができる稀有な言語である。  日本語は、日本人の無自覚的宗教である。  日本語において主語が曖昧なのは、主語と述語、表現しようと思う対象のすべてが神域...
神性復興

自戒オサオサ怠らず

アセンションのプロセスにあっては、特に発生した段階で速やかに掃除をしなければいけない想念の動きがあります。それは、自分と他人を引き比べて、自己を優位な立場に置こうとしたり、霊的に見えたり聞こえたりしたことを、審神もせず(できず)に妄信妄言し...
神性復興

アセンションと霊能力

あなたがもしもアセンション・次元上昇・神性開発を志向していて、いのちの光を真摯に顕わそうと日々務めて生きているなら、「自分は何も変わらないなぁ」と自分自身の成長具合に物足りなさを感じていたとしても、実は着実に心身の霊化は進んでいます。 ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ5

 幸せが持続するのは、当たり前なことに感謝しつづけられる人である。  感情想念は、心の奥の太陽をくらます雲であるが、怒りや恨みや悲しみが過ぎると光化学スモッグのように、肉体をむしばむ毒となる。すべては自らを磨いてくれる鏡として、感謝に...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ4

 とらわれのない心であることは、宇宙人類社会に仲間入りする最低限の条件である。  想いを止めることは難しいが、とらわれのない心に近い状態、すぐに想いを手放せる心境になることは誰にでもできる。その方法は、感情想念と本源心(いのちの大海の...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ3

 悲観に暮れることは時間の無駄である。その時間を未来創造の種まきに使ったほうが、どれだけ有益か計り知れない。  あなたの想念が、喜怒哀楽にとらわれてグチャグチャしているときは、意識が過去へ向かって進んでいるか、過去のなかで足踏みしてい...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ2

 幸せも不幸せも、自分の認識が決めている。  あなたが当然だと思う事柄しか、あなたは実感することができない。  あなたのいのちの尊厳を、他の何ものにも明け渡してはならない。  あなたの想い以外に、あなたを犯すものは何もない...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ1

 感情想念を自分や他人にぶつけることは、人をナイフで刺し、自分は毒を飲んで体を痛めつけていることと同じである。  人から何かを言われて不快な想いをする場合は、その原因は必ず自らの表層意識か潜在意識にある。  いわれなき不快はない...
Sponsored link