浄化

物心ともなる霊的進化成就へ向かって

人類が人でありつづけるために 虫でも鳥でも魚介類でもなく 動物でも植物でも鉱物でもなく 空間でも空気でも風でもなく 火でも水でも星でもなく 人類の一員としての人生を まっとうして生きゆくことを ...
ショートメッセージ

いのちのメッセージ134 違いを超えて認め合う 他

感情のベールの向こうへ ​ 感情想念の奥に神性意識が輝いている。(感情想念の奥に上下左右前後を超越した次元の深奥があり、そこに神性意識がある) ​ 次元の深奥にある神性意識は、感情想念のベールの向こう、神性と肉体を隔てる自我意識の壁...
Voice of brothers

Voice of brothers 120 お願いしていた話の途中経過(前編)

★『地球情勢の危機に際する緊急のお祈りのお願い』に関する途中経過 みんなにお願いをした、『地球情勢の危機に際する緊急のお祈りのお願い』に関して、状況に変化があったからお知らせしておくね。 まずは、一番の懸念だった各国首脳の意識の暗黒...
スポンサーリンク
神性復興

輝かしい未来を創造する大変革のなかで(中編)

(前回の続き) 不動心という名の神性意識をよみがえらせよう また時折、動物たちがそうであるように、直感的能力として、空間を流れる微細な波動の変化を感じ取って天変地異などの予知をする人もおられますが、そのような能力とて万能ではなく、一瞬先...
神性復興

輝かしい未来を創造する大変革のなかで(前編)

現在の地球浄化の状況 今を生きる私たち地球人類のほとんどは、一瞬先の運命さえもわからない状況のなかで生きております。 そのなかで、好むと好まざるとにかかわらず、様々な未体験の出来事があります。 時代は刻一刻と、霊化した世界への...
エッセー

兵どもが夢の跡に想う

芭蕉の俳句に想う 松尾芭蕉の俳諧(はいかい)『おくのほそ道』に、「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」という歌があります。 芭蕉が奥の細道の旅へ向けて江戸を発(た)って約1ヶ月半後、平泉の高館(たかだち)の地にて奥州藤原氏三代の栄華の...
Voice of brothers

Voice of brothers 62 潜在意識とその浄め(3)

(前回の続き) 潜在意識は心のコップに入った水 心がコップそのもので、善良な真理にかなった想念言行がキレイな真水、真理から外れた想念言行が汚い泥水だとするでしょ。 誰もの心がキレイな真水であればいうことないんだけど、人間の本質を忘...
スポンサーリンク