Voice of brothers 284 神性文明開化を急速に進展させる力 (1/7)

Sponsored link
Sponsored link

★ 今日の地球の状況

よくやったね。

ほんとうにおめでとう。

なんとか朝鮮戦争の当事国トップ同士の会談まで漕ぎ着けたね。

ここに至るまでの約一年に渡ったきみたちの陰ながらの働きは、過去にまったく例を見ないもので、ホントに目を見張るものだった。

2018年6月15日現在の地球の状況がどうなっているかというと、表面世界では浅い見地からの様々な批評があるけれど、霊的に観れば、地球滅亡の危機を乗り超えたばかりの状況にあると断言できるんだよ。

そうだよ。

とうとうきみたちは、人類が造り出した壊滅的な地球破壊の運命を浄め切ったんだよ。

だからみんなで、「ようやくここまで来れたねー。乾杯!おめでとう!」って、互いの健闘を讃え合ってもいいくらいのもんなんだよ。

それくらいのことをきみたちは成し遂げたんだからね。

地球全体が完全平和に至るまでには、現実的にはまだ時間がかかるけれど、取りあえず、幽界に画かれていた第三次世界大戦勃発や地球壊滅の芽を摘めたことは幸いだった。

金正恩とドナルド・トランプを理性の光で包み込んで、双方が話し合いするところまで導いたことによって、きみたちの永遠なる神性は、完全に揺るぎのないものとして肉体界に顕現されることが確定されたんだよ。

きみたちの日夜に渡って響き出した神性の響き(鐘)が、朝鮮戦争を終結の方向に向かわせたのみならず、世界中の原子力エネルギーの誤用を防いで、ひとまず先に核戦争の危機を地球から無くしたんだ。

そういえば昨日のニュースで、福島から原発が無くなる(その方向へ動いている)という報道もあったね。

表面的には二転三転して、「ホントかな?」って思えるときがあるかも知れないけど、過去の人類想念の蓄積によって現実化するのが時間の問題だった悪しき運命がもう跡形もなく消え去ってしまったのだから、「これからは世界各国が地球平和のために互いの違いを認め合って、協力してゆくんだ、それは間違いなく必ずそうなるんだ」ってことを信じなければいけないよ。

小さな疑いの蓄積が、いつまた地球滅亡の運命を造り出すともかぎらないのだから、日々の想念を光明そのものの響きにして、人類すべての神性を絶大なる信念で認めることだ。

そのためには、眠っている時間以外はユッタリとした呼吸をベースにして、常に意識的な神性の想念言行に従事するのがいいね。

それで、世界がこの方向へまっすぐに進んでゆけば、やがては地球上のあちこちで、核兵器根絶を求める声のみならず、原子力発電に頼らないエネルギーを求める声が高まってくことになるんだよ。(次回に続く)