スポンサーリンク

Voice of brothers 398 精神病の真因と真の解決法が確立するまでの対処法(後編)

 前の同名記事

(前回の続き)

★精神病を根本治癒する方法

一番最初に話した精神病などの治療に関しては、ぼくたちの世界で使われているような神性科学が地球でも使えるようになった時に、そう長くはかからずに地球上から心の病は一掃されるだろう。

それは誰かが排除されて居なくなるんじゃなくって、肉体側から見ればその人たちの障り(霊障)の原因が離れてなくなることだといえるし、あちら側から観れば、未成仏想念の主が真理を悟って入り込んでた人から離れ、あの世の行くべき場所に帰ってゆくということだ。

何をすればそうなるか、具体的な方法をざっくりいえば、神性の波長を持った生命波動の照射によるんだけど、それと似たようなことは、透徹した深い愛の心から発する祈りによっても起こるんだよ。

だから、自分を守ることばかり考えてないで、すべての個人が愛深く、心の病にかかった人とその人に入り込んで悪さしようとする想念群に対して、いのちの大光明を与えて欲しい。

そうしてさえいれば、時間はかかるかも知れないけど、他の霊に肉体を乗っ取られるような状況は改善されて、元の明るく無邪気な人間性が戻ってくるんだよ。

愛の心は、生命根源の波動に最も近い波動だから、機器を通して照射する生命根源波動とおんなじ波動になるんだ。

今現在、みずからの心が神域の波動圏に入り込んでいる人はもう卒業してもいいけど、そうじゃない人は、因縁因果の因果律による現象の事実を学び知って、自分たちの身に起こるすべての出来事には、それ相応の過去世から持ち越してきた原因があるのを知るのがいいね。

何事にも物事には順序があるんだよ。

その一つ一つの段階を踏んで、生命本源の大光明のなかに帰ってゆくのが、人間と呼ばれる生物の生き方なんだ。

★根本解決の道が開かれるまでの生き方

それで何が起こっても、「必ずよくなるプロセスだ」って、心の底から思う練習をするといい。

自分を愛しながらね。

多くの人が自分自身を愛せない、許せないでいるんだ。

その自分を愛し許せないところに人類の悲劇があったということに、多くの人が気付いたとき、地上の次元が全体的に上昇して、忽然と神性科学が降り来たり啓示され、地球界にも展開されることになる。

そのときが来るまでは、きみたちのような愛の人たちこそが人類の未来を牽引するんだよ。

この世を平和にするためには、あの世もすべて平和にしなければならないんだ。

それで、あの世も平和にするためには、肉体を持った神々ともいえるきみたちのような人たちが必要なわけ。

なぜなら、あの世で迷ってるような人たちというのは、元はと言えば、この世で迷う原因をつくって迷ってるもんだから、厳しい神界の光からは逃げ惑うばかりだけど、きみたちが発するような懐かしい肉体の響きにはシンパシーを感じて、身を乗り出して受け入れてくれるからだよ。

だからこそ、迷ってるあの世の人たちを救うためには、肉体の波動と神性の波動がミックスしたはく要素が必要で、それができるのはきみたちのような神性を発現した肉体人類だけなんだ。

わかるね。

無私の心で生きるきみたちから発する救世の光明波動を、迷えるすべての人類を守護するハイアーセルフたちが求めている。

だから、余計な事は何も考えなくていいから、ただ地球の安寧と人類の神性復活を日々、起きてる間中祈りつづけて欲しい。

余計なことってのは暗黒世界の実態だよ。

そんなことに興味持って首を突っ込んだなら、十中八九、ミイラ取りがミイラになるからね。

だからそんなことには脇目も振らず、ひたすら輝かしい未来を創造する意識だけを働かせて、きみ自身を発光させて欲しいんだ。

その光をぼくたちが回収して回って、必要な人たちの元に配分するから、ただただきみたちには、自分自身を光り輝かせていて欲しい。

よろしくお願いします。

愛する同胞に愛を込めて。