スポンサーリンク

Voice of brothers 444 「すべてはAll OK」がわかるようになるために(後編)

 前の同名記事


Voice of brothers 443 「すべてはAll OK」がわかるようになるために(中編)
​ 前の同名記事 ★悪くされたのではなく、そう思ってしまったことが不幸の原因 今回の人生で誰かに悪くされたと思えるようなことがあったなら、それは自分が誰かにそう思わせることをしていた過去があったということなんだ...

★すべての人に神性を認めるために

ここまでの話を振り返ってみて、改めて人間が本当の幸せを得るためには、どういう生き方をするのが一番簡単かわかるかい?

よーく考えてみて。

そう、人間の神性を認めたうえで、因縁因果の理を潔く受け入れ、そのうえでさらに、自分を許して愛しながら、それを他人にも適用して生きることだよ。

その上の真理もあるんだけど、とりあえずここまでのことが出来れば、かなり高い世界にまで、意識を飛翔させることが出来る。

ここで繰り返して伝えるけれど、きみたちを犯すことの出来る人はいないんだよ。

自分が自分を犯さないかぎりは、人は傷つくこともなければ、病むこともない。

自分が傷つき、病んでいるのだとしたら、それは厳しく聞こえるかも知れないけど、自分が自分を冒涜してきた報いなんだ。

自分が自分を冒涜してきたというのはどういうことかというと、自分の神性を隠して低く見てきたこと、不完全な存在だと認識してきたことだよ。

自分が自分にそう認識してきたものだから、他人に対しても同じように認識してたんだ。

事ここに至っては、人類すべての神性を認める秘訣は明白だね。

自分自身に対してまず、誰よりも先に神聖なる存在であることを認めるんだ。

自分自身の神性を当然認識することだよ。

それがとりもなおさず、すべての人に内在する神性を直視出来る秘訣なんだ。

★愛の心を育てよう

それで最後に、話を初めに戻すと、

「すべてはAll OK!で無問題、みんな存在する意味があって生きているのだから、不必要な人など一人もいない。だから、誰をも悪く思う必要もない」

心からそう思えるようになるためには、意識の立ち位置を神域に置けばよいことはわかったでしょ。

そうならないうちは、嫌いなものは嫌いなんだし、愛せないものは愛せないんだ。

その事実を正直に認めることだよ。

そのうえで、自分自身のいのちの本質に対してこう祈ればいい。

「愛深い私でありますように。私の心に愛が満ちあふれ、愛一元の私でありますように」ってね。

この祈りを四六時中してごらん。

知らない間に意識が広がって、許せないことが許せるようになったり、嫌いな人が嫌いじゃない自分を発見するときが来るから……。

だいたいみんな、自分がつくった檻の中から世界を見てるんだ。

だから、他人の気持ちがわからない。

ところが、愛が深くなってくると、自分でこしらえた意識の牢獄が消えて、自分の霊体が大きくなって、神体の波動圏に入ってゆくようになる。

そうなると、自分が自分だと思ってた心の大きさが一軒の家くらいの大きさだとすると、太陽系銀河くらいに大きくなるわけ。

そうしたら、嫌っていた出来事や人物も、許せなかった事々も、すべて自分の宇宙のなかの出来事になるから、許すも許さないもなく、嫌いも嫌いじゃないもない、自分そのものになって、愛するのが当たり前になるんだよ。

そうなるプロセスでは、自分が自分を愛し、自分が自分を許す学びを徹底的に行う必要がある。

日々起こるいろんな出来事や、心のなかに湧き起こる様々な感情は、それらを許容し愛すための材料なんだ。

なんにも特別なことなんてしなくても、自分の為すべきことは、生活のなかに初めからちりばめられているのだから、器を大きくする練習だと思って、愛の心を大きく育ててゆくんだよ。

そうすればそのうちに、名実ともに、「すべてはAll OK!で無問題、みんな存在する意味があって生きているのだから、不必要な人など一人もいない。だから、誰をも悪く思う必要もない」って思える自分になれるからね。

 

error: Content is protected !!