スポンサーリンク

Voice of brothers 437 魂の本懐を思い出して地球での集大成を飾ろう (前編)

★きみたちの本体本心は宇宙ハイラーキーに所属している

人が人であることの真の所以は、『宇宙創造エネルギーの分光として、宇宙心のプランされた大調和天地を地球界に画き出すところにある』ということはわかるかな?

この単純な存在意義を思い出して、今の地球を建て直すために働いている人たちの魂は、皆一人残らずハイラーキーという神霊団に所属しているんだよ。

それで、このハイラーキーにも幾つかの区分がある。

たとえば、地球の完成のためだけに働いている人たちは地球ハイラーキーに、太陽系の調和のために働いている人たちは太陽系ハイラーキーに、それより広範囲な宇宙をフィールドとして働いている人たちは宇宙ハイラーキーに、それぞれ籍を置いて働いているというふうにね。

それで、きみたちのいのちの本体は、宇宙ハイラーキーに籍を置いているというわけ。

きみの本来神性は元々、地球のためだけ、太陽系のためだけに働いてきたんではなくって、広大な銀河系宇宙の大調和のために働いてきた光の存在だったんだよ。

だけど地球界の開発という大目的のために、いったんは物質界の粗い波動に同化する必要があったから、輝かしい他の星での過去世の記憶を封印し粗雑な波動をまとって、今日まで様々な輪廻転生を繰り返してきたんだ。

★魂を進化させるための種々の交配と地球完成の天機について

この世の個人個人も同じでしょ。

みずからの努力精進によって、霊界や神界に上がって輝かしい活躍をしたことのあった人(霊止)でも、さらなる意識進化のために、未開発の幽界想念群と混合霊になってこの世に産まれ、世の荒波のなかで紆余曲折を体験し、悩み苦しみ、出来なかったことが出来るようになるプロセスを通して、個々人が魂の進化をはかっているでしょ。

新たな生命開発を始める際には、いつもゼロ(霊)から始められるのが、宇宙創造の基本的な在り方なんだ。

一般的な赤ちゃんがあの世での記憶を封印してこの世に産まれてくるようにね。(※ 近年は地球界完成に参画する高級神霊がたくさん産まれてきていて、過去世や誕生前の記憶を持った人が世界中に大勢いる)

ほとんどの赤ちゃんが言葉もしゃべれず、知恵も知識も何もない状態で産まれてきて、育ってゆくなかでそれらを身につけたり、内在する過去世の体験をこの世の人生に活かしてゆくことを通して、いっぱしの人になり、ひとかどの存在になってゆく。

そういう事々のすべてにエネルギーを与えているのが生命根源にある宇宙心であり、それを差配しているのが宇宙心に直結した守護神なんだよ。

本当はそういう真実を、大人たちが子どもたちに教え導いてあげなきゃいけないんだけど、今までの地球は時至らず、それが出来なかったんだね。

でも宇宙に産まれた様々な星々が完成してゆくなかで、大調和天地に昇格する順番が地球に廻ってきた今、そうした真の生命教育を施すときがようやっと巡ってきた。

「地球界の霊化が進行している」とか、「天の機が熟した」とか、「きみたちはホントは神性の存在だ」とか話してるでしょ。

それは、このタイミングが巡ってきたからこそ、話せることなんだよ。(次回に続く)

 

error: Content is protected !!