スポンサーリンク

Voice of brothers 478 地球に転生した意義を果たすべき時旬に(前編)

★人類の意識進化が地球完成の鍵

『他人に感じることを相手のせいにしないで、そう受け止めた自分自身の責任だと思えるようになると、人は大きく意識進化することが出来る』というのはわかるかなあ?

身も蓋もない言い方をしてしまえば、この世の中にいる崇高な精神性を感じさせる人と、逆に下劣な人間性を感じさせる人との違いは、何をどう認識するか、その認識の仕方の違いでしかないんだよ。

だからぼくたちは、アセンションを望む人たちに対して、他を変えようとする以前に、みずからを磨き高め上げるような、意識進化を志向した生き方を推奨してるんだ。

それで、このことがわかるようになるためには、地球人類の進化の歴史を振り返ってみるといいかも知れないね。

そうだなあ、遠い昔、地球が出来てから人類が住めるようになるまで、かなり経った頃のことだけど、お猿さんから進化させた原生人類が地球に誕生した。

彼らは、きみたちが学校で習ったような原始人から魂の学びを始めた。

それとは機を別にして、地球完成の鍵を握る人々が他の星から地球神界に移籍してきた。

そのように大別すると、地球界には二種類の人類が存在してるんだよ。

それで後者が、なぜ肉体物質界に直接引っ越してこなかったかというと、他の進化した星々に住む人たちはみんな霊化した心身の持ち主で、あまりにも波動が違いすぎたからだよ。

★待ちに待った今生の人生を如何に生きるか

そんなだから、まずは地球波動圏内の神界へ来てから、徐々に波動の粗い世界をつくり降りていって、最後に、地球幽界の次元から極限まで心身の波動を粗め切って、肉体身として忽然と現れ出たんだよ。

それがきみたちなんだ。

じゃあ、原生人類がそのままの状態で今の地球にいるかというと、答えはNOだね。

どうして?って、想像付くと思うけど、今日こんにちに至るまでの永い歴史のなかで、様々な種別の人類が混血されたからだよ。

今きみたちが日本人だと思ってる人たちだって、実際には様々な人種の混合体なんだよ。

そんななかにあって、ぼくたちがきみたちを特別視して共に働いてるのは、きみたちの霊系統が地球で一番古い資質を今日に至るまで、維持している魂だからだよ。

きみたちは地球に来た当初から、地球を他の星々のように進化させる目的を持って輪廻転生を繰り返してきた。

それで今生を、地球界最後の転生にあたる人生として、待ち望みに待ち望んだ現在を生きている人々なんだよ。

今という時代は、地球を最後の総仕上げで磨き上げている完成間際の時旬なんだ。

だからきみたちは、否でも応でも意識が燃え上がって、地球完成のために何かせずには居られない気持ちを持ってるんだよ。(次回に続く)