Voice of brothers 98 名を名乗らぬ理由など

Sponsored link
Sponsored link

★名を教えない理由

わたくしは、あなたといつも交流をしている者が乗船している宇宙船の機長をつとめている者です。

今日はなぜあなたに、わたくしたちが個人としての名を名乗らずに交流をはかっているかの理由についてお話ししましょう。

わたくしたちが、敢えてあなたに名を伝えないのは、あなたの信ずる狭量な人間観に対する配慮からです。

わたくしたちの名を知れば、あなたはその名前に執着をして、個別の固定した体を持った特定の人物を思い浮かべるでしょう。

しかしわたくしたちの働きは、あなたがた地球人が考えているような一つの体、一つの心で行われているようなものではないのです。

それは……、次元を異にする幾つもの階層が関連するこの事実を指し示す最適な言葉が見つかりませんが、敢えて言うなら、一人の人間は、幾つかのボディと幾つかの心が渾然一体となり構成されているのです。

ですからわたくしたちは、あるときは老翁に、あるときは少年少女に、またあるときは青年に、別のあるときには貴婦人にというように、一人の人物がいくつものボディを持って、それらが次元の奥行きのなかで重なり合い、同時実在していながら、時と場所と人に応じて、最適な現れ方を適時適所で選択をして、変幻自在に現れている場合もあるのです。

そうした場合に、そのたびに違う名を名乗って認識させると、あなたがたはまったくの別人のように思うでしょうし、別人の現れで過去に現れた人物の名を語ると混乱するでしょう。

しかし、幾人もの人が実は一人の人物の現れというようなことは、わたくしたちの次元では往々にしてあるのですよ。

詳細な説明は後日にゆずりますが、そのような理由により、我々は個別の名をあなたに名乗らずにコンタクトをしつづけているのですから、どうぞそのおつもりで接してくださいね。

あなたと一番交流のある彼は、わたくしたちの星にあなたが暮らしていた頃のお兄さんで、あなたの兄弟にあたる人ですのよ。

ですから、特にあなたの意識進化については綿密な配慮をして、あなたの守護霊さんと緊密に連携をし協力しながら、あなたの心身の霊化を内側からサポートしているのです。

★我々は未だかつて一度も肉体性地球人類の前に姿を現わしていない

地球上では、宇宙人は地球人の目の前にすでに姿を現していて、実は大国と影で交流しているなどの話が流布されておりますが、現在までの地球では、わたくしたちの次元にある宇宙人類が、あなたがたの肉眼に映ずる形で姿を現したことは一度もありません。

なぜならわたくしたちの現象界は、あなたがたの側から観れば神体のある次元にあって、あなたがたの認識できる現象界とはまったくかけ離れた波動圏にあるからです。

それに、地球人の肉体がある世界の波動はあまりにも粗くって、わたくしたちの心身をあなたがたと同次元の波動体として現すには、あまりにも隔たりが過ぎます。

それゆえ、わたくしたちは未だあなたがたの肉眼には感知できない波動圏にいるのです。

宇宙人を見た、会ったなどと喧伝している人たちの見た物がなんなのかについては、わたくしの口から述べ伝えることは控えます。

言えばあなたがたの興味を低き階層世界へといざないかねませんし、それはなにより、わたくしたちの関知するところではないからです。

生命の本源に意識がいつも在れば、低俗なる説の取るに足らないことが、あなたにも手に取るように判るようになりましょう。

★救世人類に祝福あれ

あなたには、常にいのちの本質の観点に立って、自己の内面と、その鏡である現象世界を見渡していただきたいのです。

そうしてさえいれば、本当に大切なことは何で、その他のことはすべて、新陳代謝して消えゆく定めのカルマであることを明瞭に理解したうえで、あらゆる闇に光を照らし、人々の意識の目覚めを誘発することが、さらにたやすくなりましょう。

わたくしたちは心奥の世界から、絶えずあなたがたの活躍を見守っております。

いずれ大神さまのお許しがあれば、現れの身として、あなたがたとお逢いする日が来ます。

その日がいつになるのかは、地球人類全体の意識の目覚めに左右されるので、いついつとは申せませんが、必ずやその日はやってまいります。

そのときを楽しみに。

 

 

露払いの役目を志願して地球に降り立った、あなたがたの天命が果たされますように。

すべての救世人類に祝福あれ。