Sponsored link

Voice of brothers 139 意識進化と近未来(後編)

(前回の続き)

地球の近未来と意識進化した人のあり方

きみたちの意識進化の進行状態を、ぼくたちはもちろんのこと、神霊界の地球救済の神々も期待して見守っているよ。

もはや地球の霊化は、きみたちの肉体を通してしかなし得ないことが、高次元世界の共通認識になっているからね。

自分を高めながら人類を深めるという、きみたちが行なっている常日頃の真行は、きみたち自身の神格を高めながら、同時に人類の真理への目覚めを促している。

だから、地球全体の運命がどのような表れになって表面化しても、きみたちが不幸災難に巻き込まれることはない。

人類の目覚めを促す意味合いで、相当に厳しいことがまだまだ起こるかも知れないけれど、原爆が落とされてもきみたちが影響を受けることはないし、疫病が世界的に流行ってもきみたちが感染することはない。

食べるものが無くなってもきみたちは生きてゆけるし、必要に応じて霊的に摂取することもできる。

今健康じゃない人も、意識進化に伴って本来の健康を取り戻すことができるし、周りの人の健康をサポートすることもできる。

だんだん、日ごと月ごと年ごとに、不幸を感じることがなくなったという人も増えているんじゃないかな。

意識レベルが上がれば、認識によって世界を変えることができるという奥義が自然に思い出されてくるから、どうしようこうしようなんて念力を発動しなくても、すべてがうまく運ばれ、幸せなことばかりを認識して感謝しかない心境になってくるからね。

きみたちはこれから、ますますいのちの力を発揮出来るようになって、道なき道をいとも簡単に切り開けるようになってゆく。

暗黒の世に光を照らして、人々が真理を見つける手助けをすることができる。

きみたちが今思い出しつつある宇宙創造に連なる叡智を、どのように使いこなしてゆくかがこれからのきみたちの課題だよ。

大丈夫、できるよ。

大変なときになればなるほど、きみたちは不思議なくらいに心奥なかから智慧や勇気が湧いてきて、不可能を可能にするミラクルを起こしてゆく。

きみたちの行く手を遮るものは何もないよ。

きみたちの記憶に基づいた習慣性のカルマ想念以外にはね。

きみたちは今後、怒濤の勢いで世界が変わるのを目撃することになるけれど、それもこれも、すべてはきみたちの意識進化と連動した地球の次元上昇に伴う一過性のプロセスだよ。

地球進化の物語は、人類の集合意識の様相によっては、途中で絶望的な状況を呈することがあるかも知れないけれど、必ず最後には大団円を迎える時が来るのだから、ハッピーエンドの映画を観る様な気持ちで大安心して、不動の心で自己完成を究めてね。(終わり)