Voice of brothers 182 自意識を導くために(後編)

スポンサーリンク

(前回の続き)

★真摯な実践こそが道を切り開く

そのようになすべき実践には、それぞれに適切な理由があるんだ。

ぼくたちはホントのことしか話していないから、どうか実践してみて、その効果を身を以て体験してね。

論より証拠というでしょ。

頭のなかで真理をこねくり回して楽しんでばかりいたって、なんにも自分を成長させることにはならないし、深い理解がなくても教えられたことを正しく実践してさえいれば、必ず効果が自分の心身に表れてきて、やがてはふと振り返ったときに、「こんなにも意識進化してたのかあ、ハーっ、すごいなあ」って、自分のことながら感心するときが来るんだよ。

深い呼吸の実践を、起きているかぎりできるだけたくさん行いつづけてゆけば、誰もが自分の生命根源の光と交流して、いつの間にか知らないうちに、神性意識を体験することになる。

必ずだよ。

嘘じゃない。

ようは、やるかやらないか……。

実践することだけが、自分の道を切り開いて、着実な意識進化を体験することになるんだ。

魂が打ち震えて喜ぶような、ホントの真理の実践をしてごらん。

呼吸を深くするのなんて、お金がかかるわけじゃないし、誰かの時間を借りて、教わりながらやるわけでもない。

自分にやる気がありさえすれば、ベッドに寝たきりの人でも、忙しく動き回ってる人でも、いわんや時間のあり余ってる人も、誰にでも出来ることなんだ。

本当の真理は、高い授業料を支払って手にするものではない。

誰かにすがりついて、背中を押してもらい、手を引きながら連れて行ってもらうもんでもない。

自分に内在しているいのちの光と一体化して、真実の自分に立ち帰ることなんだ。

言葉を変えれば、酸化した想念習慣を新鮮な生命光に還元して、この世に生まれ来た真の使命を果たしてゆくことになるんだよ。(終わり)