スポンサーリンク

Voice of brothers 474 今こそ輝かしい未来を創造するための発想転換を(後編)

 前の同名記事

(前回の続き)

★ 生命根源の大叡智に直結した意識の用い方をしよう

要は、サバサバして生きればいいんだ。

今この瞬間によろしくないと思える展開が生じているのなら、それは過去にこしらえた原因が今実って現象化して消えてこうとしてる姿なんだから、それらは去りゆくに任せればいいでしょう。

なのに、いちいち現象に引っかかっては、去りゆこうとしている過去を呼び戻して、未来におんなじ展開をつくり出すような原因を今つくっているのが、多くの地球人類のやってることなんだよ。

何回も繰り返して申し訳ないけど、事態に対して何かを思うんじゃあなくって、新たな展開を創造する意識の使い方をすることだよ。

それこそが、宇宙を創造した生命根源の大叡智に直結した意識の用い方なんだよ。

人間の本来在るべき姿、意識の用い方というのは能動態であって、受動態ではない。

人類以外のすべての生物は被造物だから受動態なのだけれど、人類というのは、それぞれの星の世界を運用する創造主主人公であり、いのちの根本は造物主にも直通している存在でさえあるんだよ。

この真理をシッカリと心に刻み込んで実践すれば、生命の大元に於いてみずからがプログラムした元々の誕生意義や人生の真の意味をも思い出すことが出来るんだよ。

みんな、受動態で想念をうごめかしていたからこそ、日々変化し起こり来る事態に対して受け身で何かを思うだけ、右往左往するだけにとどまってしまって、自分たち自身が自発的かつ能動的に望ましい未来を創造するための意識運用を出来ないでいただけなんだ。

★地球界を主宰する人類の在るべき姿を示唆しているきみたちの生き様

そうした原理がわかったうえで、在るべき神性意識の運用をひとりひとりが心掛けてゆけば、今現在、個々人がかかえている問題も、地域や社会、国家・民族・宗教間などに横たわっている根深く見える諸々の問題も、すべてが調和裡のうちに解決して、よりよい世界が地球上の各所で展開されるようになってゆくだろう。

そのように今日の話は、「地球上に生きている人類が正しく生命を活用すれば必ずそうなる」という根本義の話であって、地球界を主宰する人類の在るべき姿や向かうべき方向性を示唆しているとても重要な話なんだよ。

わかる人もわからない人も、この話を何回も何回も繰り返し読んで、地球界を甦らせる秘儀であるところの意識運用を実践してほしい。

そういう生き方をする地球人が一人でも二人でも地上に増えてゆけば、地球界の運命は改善されていって、神性の復活を志向する人がわれもわれもと現れてくるんだよ。

今はまだ、多くの人が生命の本質を眠らせて生きているから、起きれば覚める夢の中で暮らしているのだけれど、神性が覚醒した暁には、「ああ、今までの世界は夢の世界で、ホントの現実ではなかったんだな」って、気が付くようになってくだろう。

そういう地球人類の意識覚醒を呼び覚ます存在がきみたちなんだよ。

地球上に住む人類みんなの神性が復活すれば、ただそれだけですべてがうまく運ばれるんだ。

ぼくたちときみたちの共同作業というのはそのように、地球世界の近未来に輝かしい世界を来たらしめることなんだよ。

それは、きみたちが「成る」と思えば成るし、「成らない」と思えば成らないという、身も蓋もない話だともいえるね。

だからこそ、輝かしい未来を創造するための発想転換をきみたちに促しているんだ。

神性の想念・言動行為を為しつづけるきみたちの未来は明るい。

その明るい未来を、どうか全人類に見せてほしい。

きみたちの生き様を見た人たちが、こぞって神性復活を志向した生き方にシフトしてゆくときがもうすぐそこまで来ているんだよ。

そのときへ向けて、ますますみんなが自分自神を発揮して過ごされますように。(終わり)