スポンサーリンク

Voice of brothers 481 神霊文明の礎を築く生き方を

★ハイアーセルフと一体化した生き方をしよう

意識の使い方において、人が間違いを犯しやすいポイントは、それがエゴから発した想いなのか、神域の本心から発した意識なのかの見極めだよ。

なかなかそれが出来なくて、客観的に観てけっこういい境地にいる人でも、運命の改善がし切れないでいるということもあるんだよ。

それはどういう原理でそうなっているかというと、自分が自分だと思っている自己認識の甘さゆえに、いのちの光からかけ離れた習慣性の想いを自分だと信じ込んでる思い込みから来てるんだ。

いのちそのものの意識に立っていれば、どのような運命が目の前に現れてきても、心がひるむことなど無いんだよ。

ということは、自分が肉体そのものだと思い込んだ想いに立脚しているときにこそ、心がグラグラしてるんだな。

過去の習慣的な想いで観たなら、不安や恐怖や怒りや憎しみが襲ってきて、その波に巻き込まれて理性を見失った判断を下していたことも、意識が神域に入っていれば、ただ通り過ぎてくのを悠々と観ることが出来るんだ。

きみたちのハイアーセルフは、けっしてきみたちがペシャンコになるような運命の表し方はしていない。

むしろ、きみたちが絶えられる範囲をはかって、小出しに本人負担分のカルマ消滅事業をさせてくれている。

そのことに、ホントはもっと感謝の気持ちを表明してもいいものだけど、自分独りで生きてると思い上がってる人が多いから、ハイアーセルフがどんなにきみたちのこしらえたカルマを代わりに負担してくださっていても、きみたちのなかにも、ともすると感謝の心を忘れがちな人がいる。

人間というのは、きみたちのが思ってるような、ちっぽけで不完全なものではないんだよ。

それどころか、無限の創造性を内に秘めた、可能性の宝庫が人間なんだ。

★すべてが5次元波動圏に到達する日へ向けて

その生命の本質を表すにはどうすればよいか、答えられる人はいるかな?

きみたちには、「それはこうだ」って、自分の中から答えがひらめく人になってほしい。

すべてが霊的次元に入り込むまでは……、うーん、この表現はちょっとわかりずらいか。

すべての物質波動と精神波動が、3次元と4次元を通り越して、5次元の波動圏に入る日までは、肉体に入って生きているかぎりは、分離した思考の習慣性が時折頭をもたげて、きみたちの神性意識を覆い隠そうとするのだけれど、意識の軸を深い呼吸と共に、常に心奥の神域に置いている人は、一瞬は習慣の想いが表れても、すぐに想いを持ち直して、奥から見つめ直すことが出来るようになるんだよ。

それは、自分の中にある無限の可能性を当たり前のように信じた意識だから、念力のように対立する現象を引き起こすことのないクリーンな意識エネルギーで、それゆえに、完全調和した運命を次々と創造してゆくことが出来るんだ。

こういう話を、「そんなこともあるのね」って、他人事のように聞くんじゃなくて、どうか自分自身の心身を実験台にして証明してほしい。

神性意識の科学こそが、未来を切り開く鍵なんだよ。

それはきみたち無しには、けっして地球に降りることはないんだ。

今のきみたちには、なんの専門的科学知識も無いかも知れない。

だけど、体験を通してすべてがわかる日が来るんだよ。

だまされたと思ってもいいからやってごらん。

そんなに遠くない未来、「自分たちのやってきたことは、神霊文明の礎を地球に築き上げていたことにもなってたんだ」って、気が付くときが来るからね。