スポンサーリンク

Voice of brothers 482 微妙玄通の心を己が心とする日まで(前編)

★本ものは今を活かして生きている

どんなときでも、自身の心が本ものかにせものかを見極めて、いつでもいのちの本質を生きるように努めることが大切だよ。

どうしてこう言うかというと、人の真実であるとこの『本ものの意識』ってのは、微塵のブレもなく、いつも輝きつづけてるんだけど、その状態からは縁遠い精神性を生きてる人がけっこういるからだよ。

だからきみが自身を観て、ブレてる自分をもしも発見したなら、「ああ、こうやって現れたことによって、心ん中に残ってたブレた思念が天寿を全うして、いのちの光ん中に返ったんだな。よーし、後は今の意識の使い方だけだ」って思って、生命光の明るさをそのまま表した言葉を想い、語り、行動に表してくんだよ。

そこで大事なのは、『今この瞬間』の意味を正しく理解することなんだけど、きみは今を正しく理解してるかな?

一瞬一瞬、現れ来ては過ぎ去りゆくかに感じられる今その瞬間こそ、現在・過去・未来のすべてが詰まっていて、それを活かすのも殺すのも、その人自身の今の意識の用い方次第なんだよ。

それなのに、あたら好機を逃しつづけて、過去にしがみつき、今を呪い、未来を憂いてる人のなんと多いことか……。

このことをどうしたらわかってもらえるかって、いつも思うんだけど、結局んとこはひとりひとりが持つ、それぞれの想念言行に相応した覚醒の時旬に委ねるしかないのが実情なんだ。

★運命をよくするチャンスは今

だけど同じ肉体界に生きているきみたちなら、彼らが目覚める時を早めるための援護支援をすることが出来る。

そこで、そういうサポーターが一人でも多くなるように、再び三度みたび言うけれど、きみたちが今だと思ってる『現在』は、正確にいえば現在じゃあなく『過去』の結実・結晶そのもので、今想い、語り、行ってることが、そのまんま未来の運命になって現れて来るんだよ。

運命というのは、いつでも今その瞬間に変えられるんだ。

運命が変えられないだなんて誰が決めたの?

それはどこの誰?

それとも法則だとでも思うかい?

他の誰でもない自分自身こそが、「運命は変えられないものだ」って強固な思い込みの牢獄を造って、自分の心を幽閉してきたんだよ。

ここは、とてもという言葉を幾つ付けても足りないくらい重要なとこだから、もし運命が変えられないもんだって思い込んできた人がいたら、よーく自身の心を掘り下げて考えてみてね。

この問いの答えがわかってる人はもうすでに、次々と今を活かし塗り替えて、輝かしい運命創造を行っている。

ここに於いてすべての人は、心の底から悟らなければいけないね。

自分を犯してきたものは、ほかならない自身そのもので、誰かや環境のせいで不遇をかこったり、病や不運となって現れていたわけなどではなく、自分がみずからをそのように仕向けて来ただけだったんだってね。(次回に続く)