スポンサーリンク

Voice of brothers 350 イマジネーションの次元上昇(後編)

 前の同名記事

 

(前回の続き)

★イマジネーションを次元上昇させるために

そのように、発する意識の角度と次元に留意して想いを発すれば、想像することの内容が次元上昇して、生命本来の創造性を発揮してゆくことが出来るんだよ。

今言った”意識の角度と次元”に関してもう少し説明すると、意識の次元をどの階層に置くかが大切で、それこそがあらゆる認識のベースになることを自覚したうえで、意識の角度を神域へ向けて発することだよ。

意識の次元を今までの階層に置いたままで、意識の角度だけを神域へ向けたところで、それは神域にまで届かずに、発射に失敗したロケットみたいに墜落するからね。

どういうことかというと、意識が肉体界や幽界にある場合は、どんなによいことを思っても、意識が二元性の世界にあるから、”成功の裏に失敗が張り付いている”というように、盛衰の理を逃れられないんだ。

それで、意識が霊界や神界にあるとどうなるかというと、結果として上手くいこうがいくまいが、最終的に無限なる進化創造の螺旋に乗って、無限の成功・成就へと事を運ぶことが出来るんだよ。

きみたちの世界では、何事もすぐに白黒付けて、よかった悪かった、成功だ失敗だみたいに思いがちだけど、どんなに好ましくない事態も成就へのプロセスでしかなく、それは何処までも進展するものだから、単純にその場だけの良し悪しで計れるもんじゃないんだよ。

何かやって上手くいかなかったとしても、そこですぐに諦めないで、想い画いた結果を成就させるための新たな方法を見つけ出して進んでゆけば、必ず結果は伴ってくる。

もしもどれだけ頑張っても未来が開けて来ないとしても、前向きな気持ちを持続してさえいれば、まったく新しい道は自然に開けて来るんだよ。

今まで何をやっても”もの”にならなかったのだとしたら、それは、すぐに諦めたり疑ったりしていたからなんだ。

★神性の意識で世界を認識しよう

そういう意味では、イマジネーションを次元上昇させる秘訣は、自分の神性を絶対に信じて疑わないことだといえるね。

それを出来るようにする方法が、いつもの呼吸を深くして、副交感神経を優位にさせた状態で過ごしつづけることだよ。

そうしてさえいれば、人は誰でも自己の神性を自覚することが出来るんだ。

それで、神性を自覚して過ごしていれば、「自分の想い画くことがすべて必ず成就する」ということが、無理にそう思おうとするんじゃなくて、自然に思えるようになって来るから、念力で何かを成し遂げようという力みが消えて、自然体でイメージを具現化出来るようになって来るんだよ。

意識がすべてのすべてだと、最初に話したでしょ。

神性の意識で世界を見つめる視野を持てば、自分がなんのために生まれてきたかも思い出せるし、生きてくなかで自分がどうすればいいかも直観としてわかるから、悩むことなく未来を切り拓けるようになるんだよ。

何よりも大切なことは、最初に話した「想像出来ることは現実化できる」を実践するには、意識の次元を神域に置くことだよ。

そうすれば、発する意識の角度が無限なる進化創造の未来へ向かって展開してゆくから、失敗や挫折を経験しようがなくなるんだ。

きみが心の奥底から意識進化した人になりたいと願うなら、意識進化した自分の姿をありありとイメージすることだよ。

今の自分がどんなだろうと関係ない。

すべては神性意識を甦らせた自分へと還元してゆくプロセスなのだからね。(終わり)