スポンサーリンク

Voice of brothers 382 幸せの原理 (2/4)

 前の同名記事

Voice of brothers 381 幸せの原理 (1/4)
★幸せになるために 幸せになるための根本原理は、元々誰もが調和して幸せだったのに、それを忘れた個我想念でもって、「幸せじゃない」と独り決めして悪あがきしてしまってた現状に気が付いて、意識を発する角度と深度(次元)を変えることだよ。 ...

(前回の続き)

いのちの力と親和しよう

ホントにね、意識進化しようと決心したなら、自分の想念習慣を根本から洗い直して、神性に根ざしたものに上書き保存しなきゃいけない。

まずは体への感謝からね。

「動きつづけてください」ってお願いしなくたって、心臓は動きつづけて血液を循環しつづけてくれているでしょ。

「息を吸おう、吐こう」と思わなくても、自然と呼吸が出来ているでしょ。

「まずは右、次は左、その次に右」って意識しなくても、足は勝手に歩いてくれているでしょ。

ぼくたちが内空そらから観ていると、そうした肉体のすごい働きに対して、地球人の多くは感謝が足りな過ぎる。

それで、肉体への感謝を実践して、それがいつも心から離れず、思い出さずに忘れずにって状態にまでなったなら、次には、体を動かしているその力の大元に目を向けるんだよ。

きみたちの心臓を動かし、血液を循環させているその力はなーに?

呼吸することを意識しなくても、呼吸させてくれているその力はなーに?

なんにも考えなくても、歩かせてくれているその力はなんだろうか?

「なぜ?どうして?この力はいったいなんなんだろう?」って考えるんだよ。

「自然の力、作用だ」って思った人はもう一歩だね。

「神さまの力だ」とか、「仏さまのおかげだ」とか思えたならそれもいいだろう。

それで、いくら考えてもわからない人は、「いのちの力なんだな」って思うといいね。

いのちの力というのはすごいんだよ。

きみたちが踏みしめている大地、そびえ立つ山々、山から流れ出る川、とっても広い海、地球における水分の循環作用、肉体を生かすために欠かせない酸素やその他の成分を含む大気、大気を循環させよどませない風、地球上の水分と密接に関係している月、すべての生物を生かし育む太陽。

みんなみんな、いのちの力でできていて、いのちの力が働いている姿なんだよ。

空を飛ぶ虫や鳥、水の中の魚介類や哺乳類、地中の虫や微生物、大地の上のありとあらゆる動植物たちのような、人類以外のすべての生命体をつくり、生かしているもの……、それがいのちの光であり、力なんだよ。

そしてこのいのちは、きみたち人類をも生かしている。

星も、その天地にある大自然も、そこに存在する生きとし生ける生命体も、全部が全部、いのちの力が産み出して、育み、生かしているんだよ。(次回に続く)