Sponsored link

Voice of brothers 414 誇りをもって前へ進もう(後編)

 

 前の同名記事

(前回の続き)

★きみたちの凄さ

だけど、その自分たちのすごさがわかんないでいるでしょ。

肉眼に見えない働きだからね。

だけどそれでも、わかんないながらも、「自分たちの存在が、間違いなく世の中を内側から照らしているんだな」って信じつづけることが大切だよ。

実際問題として、本当にその通りなんだからね。

もしも仮に、きみたちが一斉に天に召されて、地球世界から忽然と消えたとしよう。

そしたらどうなると思う?

残された現生人類の意識レベルから換算したら、地球界は一ヶ月と持たず自滅するよ。

それくらい、その他大勢の地球人類の業は深いのだし、きみたちが存在しているおかげで、地球世界は一日一日をなんとか乗り越えてやり過ごせてるといえるんだよ。

地球界にまつわるカルマを人知れず消し浄めて、地球界を存続させているのは、まぎれもなくきみたちなんだ。

このことは後々必ず、全人類に知れ渡るときが来る。

全地球人類に霊的感覚が甦った暁には、きみたちのいのちの輝きが目もくらむほどの輝きであることが、誰の霊眼にも明らかだからね。

地球はホントに危ないんだよ。

だけどぼくたちは、それでも人類の意識進化は進んでいると言うね。

表面だけ見てたなら、「ホントにみんなの神性が甦ってきてるのかな?」って思うかも知れないけど、答えはイエスだ。

中にため込んでた心の闇が表面化してきたからこそ、世の中の情勢が劣化したかのような状態になっているだけなんであって、人類の本質は間違いなく神性の中にあり、今の世の中の情勢というのは、輝かしい未来を切り開くためには、避けては通れない道なんだよ。

これは、人間の真実を次元の奥行きも含めて見通さなければ理解できない事実なんだけど、心配しなくても必ずこの事実を誰もがハッキリと把握できる時が来るから、今はただひたむきに心のお掃除に励むことだよ。

そうしてさえいればある日突然、濃霧が晴れたかのように意識視野が開けて、すべての繋がりが自明の理になるときが来るんだ。

必ずね。

昨日も今日も、その体験をして二元対立の世界を卒業している人たちがいるのだし、明日も明後日も、そうなるべき人たちが世界中に潜在しているんだよ。

★宇宙の神さまの言

宇宙の神さまがぼくたちを通して、きみたちに語りかけている。

心の耳を澄ませて、生命の最奥から響いてくるその響きを聴いてごらん。

「幸いなるかな、世の人々よ。

誇りに思え、愛しき人々よ。

自信をもち、確信にみち、汝が人生を歩まれよ。

時がくる。

天の時が近づいている。

もうすぐそこに、手の届くところにやってきている。

そして必ず感謝される時がくるのだ。

地球界における意識進化の先達者、汝らこそ地球世界を完成させる尊きみたまにしてすぐれた器なり。

汝らの発する地球人類神性復活の宣言は、遙か国境を越え、山を越え、海を越え、世界中の人々の心奥から鳴り響き渡り、愛と調和の神性意識を人々の心に甦らせているのだ。

今にわからむ、汝らの歩みし真理の道を、輝ける生命の大道を。

汝らの為したる偉大なる働きは天地を貫き、大調和の精神となって、後世の人々に語り告げられるのである。

今が一番大事な時なり。

今を逃して又いつの日かあらむ。

汝らの働きは偉大なり。

地球平和実現への道は、汝ら一人一人の手にかかっているのだ」

この言葉を腹中に収めて、誇りをもって前へ進むんだよ。

地球世界は必ず今の難局を乗り切って、輝かしい神霊文明の世界に生まれ変わるときが来るのだからね。(終わり)