スポンサーリンク

Voice of brothers 512 有り難いと心底から思える人がどれくらいいるだろう?

★きみの感謝は本物か?

世の中には、「ありがとう」って光の言葉を発することの出来る人は数あるけれど、ホントのホントに「有り難いなあ、本当に有り難い」って心底から思えてる人がどれくらいいるかわかるかい?

表面上の言葉としてだけなら、誰でも感謝を表明することは出来るけれど、その実、心の中で実際に有り難がっている人は少ない。

きみはどうだい?

他人に見せている自分と、誰にも見せることのない心ん中の自分がピッタリとひとつになって、嘘偽りのない感謝の心を自己のものにしているだろうか?

本当にアセンション(次元上昇)している人というのは、そのように、表裏の不一致がない人のことをいうんだよ。

アセンションリーダーを自認して、人々に影響力を及ぼそうとうごめいている人々のなかには、今言ったように、心ん中と表面上の言行が一致してない人がほとんどだ。

だから、他人に頼っちゃいけないっていうんだけど、そんな人に寄りかかって生きてる人は、そのリーダーよりもさらに言行表裏不一致な人だから、その人から何かを吸収しようとしたところで上手くいくはずがない。

いつの時代も、答えはいつも自分のなかにあるんだよ。

それは気付きとして、パッと瞬時に閃いて、一瞬のうちに自分を変える力だ。

そうした気付きを内側から得る努力もしないで、他人に心酔するような愚を犯してはいけないよ。

★すべての苦悩を溶かす光

誰もの心の奥に、すべての苦悩を溶かす光がある。

それが真実を響き出した無限なる感謝の心なんだ。

裏表のない「有り難う」の言霊を発することが出来る人になるんだよ。

「自分なんかそんなの無理」って、自己限定してちゃいけない。

自己限定ほど、自分を貶め、侮辱する行為はないんだよ。

「誰に何された」「彼に何された」って、いつも他人の評価ばかりが頭のなかを占めてる人には、そうやって自分を低めている人が多いね。

自分の殻を破るんだ。

誰かが外からその殻を破ってくれるのを待ってたって、いつまで経っても、誰も破っちゃくれない。

自分の意志で心身を動かして、自分が造り出した限定の壁を破るんだ。

そうすることで、心の奥にあるいのちの光が溢れ出して、自分を小さく無力な者だと見るのが馬鹿らしくなって、いのち伸びやかに生きることが出来るようになるんだよ。

そのためには、感謝の心をバロメーターにして見るのがいい。

その心は、神性を代表する意識の響きそのものだからね。