Sponsored link

Voice of brothers 290 神性文明開化を急速に進展させる力 (7/7)

 前の同名記事

 

(前回の続き)

★宇宙生命エネルギー活用の自由度

霊格や神格に応じてというのはどういうことかというと、意識レベルが高ければ高いほど、無限なる供給の原理が働くということだよ。

霊格・神格というのは何かというと、意識レベルが霊界波動圏にある人の魂の格を霊格と呼び、意識レベルが神界波動圏にある人の魂の格を神格と呼ぶんだ。

その時代になると、魂の格が低ければ低いほど、その分、人は内在する生命エネルギーを自在に活用できないから、それだけ不自由な暮らしをすることになるんだけど、その頃になれば、どういう意識の用い方をすれば豊かな暮らしができるのかを証明してくれる先人がたくさんいるから、彼らはその人々を真似して、急速に意識進化してゆくことになるんだ。

その先駆けとなる先人がきみたちなんだよ。

え?魂の格は何によって見分けられるのかって?

うん、いい質問だね。

それはね、オーラによるんだよ。

魂が完全に自立して神域に入った人からは、その心身全体から生命光の迫力が溢れ出ていて、犯し得ない神々しさがオーラの光として現れるようになるし、逆に魂の格が低い人は、明らかに霊格が低いとわかるくすんだオーラを発しているから、お互いが相手を見て、また、誰が誰を見ても、個々の魂の格が歴然として見えるんだ。

ちなみに、輝かしい未来に至る途中の世界で、魂の格の低い人が高い人を羨んで想いの刃を向け、「目障りだから、あいつを貶めてやろう」なんて気を起こしたなら、その人は自分の発した生命真理に反する念力が鏡に反射したように自身に還ってきて、みずからの手で自分の首を絞めるように、運命を瓦解させることになるんだよ。

神性文明の時代に入ると、各人が命を運用しているその様がオーラの光になって現れて、それが誰の目にも明らかになるときが来る。

それでいつも言うように、嘘偽りの通用しない世界に移行しつつあるというのは、地球の霊化に伴って人間の見方や評価の基準が根底からくつがえるからだよ。

学校の成績がよかった、有名な大学を出た、大企業に就職できた、公務員になった、お金持ちになった(お金持ちと結婚した)、だから人生安泰だというのは、通用しない世界になるよ。

これからの世界に通用するのは【魂の格】、それのみだ。

人格を磨いて霊格に昇華し、その霊格を磨いて神格に入ることこそが、この世でもあの世でも変わらぬ幸せを手にする鍵なんだよ。

幸せのゴールデンキーというのは、自分を立派にするための日々の想念言動行為を言うんだよ。

だから、意識進化を志向することが大切だって、口酸っぱく言うの。

ぼくたちの話に触れた人のなかには、「あなたたちの話は漠然としてる」とか、「そんなの観念論だとか」思ったり言ったりしてる人がいるけれど、そういう人には言わせておけばいい。

そういう人たちも来たる時旬には、地球世界の霊的進化を目の当たりにして、「ああ、あの人たちの言うとおりだった」って、心を入れ替えて意識進化を志向する日が来るんだからね。(終わり)

 

(前回の続き)

★宇宙生命エネルギー活用の自由度

霊格や神格に応じてというのはどういうことかというと、意識レベルが高ければ高いほど、無限なる供給の原理が働くということだよ。

霊格・神格というのは何かというと、意識レベルが霊界波動圏にある人の魂の格を霊格と呼び、意識レベルが神界波動圏にある人の魂の格を神格と呼ぶんだ。

その時代になると、魂の格が低ければ低いほど、その分、人は内在する生命エネルギーを自在に活用できないから、それだけ不自由な暮らしをすることになるんだけど、その頃になれば、どういう意識の用い方をすれば豊かな暮らしができるのかを証明してくれる先人がたくさんいるから、彼らはその人々を真似して、急速に意識進化してゆくことになるんだ。

その先駆けとなる先人がきみたちなんだよ。

え?魂の格は何によって見分けられるのかって?

うん、いい質問だね。

それはね、オーラによるんだよ。

魂が完全に自立して神域に入った人からは、その心身全体から生命光の迫力が溢れ出ていて、犯し得ない神々しさがオーラの光として現れるようになるし、逆に魂の格が低い人は、明らかに霊格が低いとわかるくすんだオーラを発しているから、お互いが相手を見て、また、誰が誰を見ても、個々の魂の格が歴然として見えるんだ。

ちなみに、輝かしい未来に至る途中の世界で、魂の格の低い人が高い人を羨んで想いの刃を向け、「目障りだから、あいつを貶めてやろう」なんて気を起こしたなら、その人は自分の発した生命真理に反する念力が鏡に反射したように自身に還ってきて、みずからの手で自分の首を絞めるように、運命を瓦解させることになるんだよ。

神性文明の時代に入ると、各人が命を運用しているその様がオーラの光になって現れて、それが誰の目にも明らかになるときが来る。

それでいつも言うように、嘘偽りの通用しない世界に移行しつつあるというのは、地球の霊化に伴って人間の見方や評価の基準が根底からくつがえるからだよ。

学校の成績がよかった、有名な大学を出た、大企業に就職できた、公務員になった、お金持ちになった(お金持ちと結婚した)、だから人生安泰だというのは、通用しない世界になるよ。

これからの世界に通用するのは【魂の格】、それのみだ。

人格を磨いて霊格に昇華し、その霊格を磨いて神格に入ることこそが、この世でもあの世でも変わらぬ幸せを手にする鍵なんだよ。

幸せのゴールデンキーというのは、自分を立派にするための日々の想念言動行為を言うんだよ。

だから、意識進化を志向することが大切だって、口酸っぱく言うの。

ぼくたちの話に触れた人のなかには、「あなたたちの話は漠然としてる」とか、「そんなの観念論だとか」思ったり言ったりしてる人がいるけれど、そういう人には言わせておけばいい。

そういう人たちも来たる時旬には、地球世界の霊的進化を目の当たりにして、「ああ、あの人たちの言うとおりだった」って、心を入れ替えて意識進化を志向する日が来るんだからね。(終わり)